最新の研究成果

学術論文誌

国際会議等発表

  • Hara Takanori, Masahiro Sasabe, “Lagrangian Heuristics for Capacitated Shortest Path Tour Problem Based Online Service Chaining,” 2022 IEEE/IFIP Network Operations and Management Symposium, Proc. of IEEE/IFIP Network Operations and Management Symposium, 26 Apr. 2022.

国内学会研究会・シンポジウム等発表

  • Qianyue Qu, Yuanyu Zhang, Shoji Kasahara, “Analysis of Eavesdropping Region in Hybrid Wireless Communications Using Physical Layer Security,” 第38回(2021年度)待ち行列シンポジウム「確率モデルと その応用」, pp. 91-100, 20 Jan. 2022.
  • 平出 託海, 笠原 正治, “手数料・承認遅延・セキュリティの依存関係を考慮したブロック・チェーン数理モデルの検討,” 第38回(2021年度)待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」, pp. 166-167, 2022.1.21.
  • 田中誠也, 笹部昌弘, 笠原正治, “ネットワークスライシングにおける低コスト・低遅延なサービスパスの実現,” ネットワークシステム研究会, 電子情報通信学会技術研究報告, vol.121, no.433, pp. 19-24, 2022.3.10.
  • 原 崇徳, 笹部 昌弘, “容量制約付き最短経路ツアー問題に基づくサービスチェイニング ~ グラフニューラルネットワークを用いた深層強化学習に基づく解法 ~,” 電子情報通信学会ネットワークシステム研究会, 電子情報通信学会技術研究報告, vol.122, no.5, pp. 7-12, 2022.4.15.

国内学会大会等発表

  • Quianyue Qu, Yuanyu Zhang, Shoji Kasahara, “Research Overview -On Eavesdropping Region Characterization in Hybrid Communication Systems-,” IEICE 2nd Global Net Workshop, 25 Mar. 2022.
  • Atuhurra Jesse, Hara Takanori, Yuanyu Zhang, Shoji Kasahara, “Effect of Imbalanced Data on Binary Classification,” IEICE 2nd Global Net Workshop, 25 Mar. 2022.
  • Shaira Osmani, Masahiro Sasabe, Shoji Kasahara, “Support Vector Machine based Detection of Block Withholding Attacks in a Bitcoin Mining Pool,” IEICE 2nd Global Net Workshop, 25 Mar. 2022.
  • Wiraatmaja Christopher, Yuanyu Zhang, Masahiro Sasabe, Shoji Kasahara, “Implementation of Blockchain Technology in the Internet of Things,” IEICE 2nd Global Net Workshop, 25 Mar. 2022.
  • Radifan Fitrach Muhammad, Shoji Kasahara, “The Role of Trust and Personality in Social Networking Services’ Information Dissemination,” IEICE 2nd Global Net Workshop, 25 Mar. 2022.

表彰・受賞

  • 笹部昌弘, “ネットワークシステム研究専門委員会活動功労賞,” 電子情報通信学会ネットワークシステム研究会, 2022.3.10.

その他

  • 笠原 正治, “編集にあたって 特別小特集 ネットワーク数理の新潮流,” 電子情報通信学会誌, vol.105, no.1, pp. 1-1, 2022.1.

過去の研究成果