Operations Research conference 2018 (OR2018)

Mr.Chaimongkol Limpianchob joined the Operations Research conference 2018 (OR2018) from September 12 to September 14, 2018 at the MCE Conference & Business Centre in Brussels, Belgium. The Operations Research conference 2018 (OR2018) is the annual international conference of the German Operations Research Society (GOR), co-organized this year with the Belgian Operational Research Society (ORBEL) with the support of Université libre de Bruxelles.

電子情報通信学会ソサイエティ大会

皆さんこんにちはM2の松田です.

9月11日から14日に金沢大学で行われたソサイエティ大会に参加しました.

 

 

私は12日に”モバイル・エッジ連携型自動避難誘導における迅速性・安全性・避難所容量を考慮した避難所選択方式に関する一検討”という題目で発表をしました.

 

企業の方からも質問を頂き非常に刺激になりました.より一層研究に熱を入れて行きたいと思います.

ただ金沢の街をあまり散策できなかったのが心残りです.

DICOMO2018シンポジウム

こんにちは,M2の真鍋です .

強烈な暑さが続きますが,皆様いかがお過ごしでしょうか.

 

先日,福井県芦原温泉で開催されたDICOMO2018シンポジウムに参加しましたのでご報告いたします.

今回私は,Hadoopデータセンタの運営における留保価格を用いた料金設定手法の検討というタイトルで発表しました.

発表後,多くのご質問をいただき,今後の研究の課題が見つける良い機会となりました.

今回の経験を活かし,より良い結果を残せるよう努力したいと思います.

 

オープンキャンパス2018

こんにちはM2の松田です.
5月19日にNAISTでオープンキャンパスが開かれました.

デモの様子です.

大規模システム管理研究室には20人弱の人が来てくれました.

 

新しく入って来たM1の学生と一緒に受験生にNAISTのことや大規模システム管理研究室のことを紹介しました.

 

今回はいつもと比べて大規模システム管理研究室のことをもっと知りたい!という受験生が多くとても濃いオープンキャンパスだったと思います.今回のオープンキャンパスで大規模システム管理研究室のことに興味を持っていいただけたら幸いです.

M1新歓コンパ

こんにちは、M2の真鍋です。

先日、M1の新歓コンパを開催しました。

 

新しく大規模システム管理研究室に来てくれた学生さんは5名で、

今年度は先生方4名と秘書さん1名のもと、学生10名の計15名で活動していくことになります。

 

今年度からは張先生の主導でIoTのセキュリティなど新しい分野の研究も開始され、

さらに研究室の活動が活発になるのではないでしょうか。

 

新M1の皆さんは真面目な方ばかりで、毎日真剣に学業に取り組まれています。

私も気を引き締めて、研究に取り組みたいと思います。

CQ研究会,NS研究会

こんにちは
D1の原です.

4月にCQ研究会,5月にNS研究会に参加しました.
4/19,20に広島工業大学で開催されたCQ研究会に参加しました.
また,5/17,18に横浜市で開催されたNS研究会に参加しました.

CQ研究会では,“道路網におけるユーザの利己的行動と情報共有が分散型経路選択方式に与える影響”,
NS研究会では,“道路網におけるユーザの寛容性と情報共有が分散型経路選択方式に与える影響”と題して発表しました.

多くのコメントを頂いたので,今後の研究に活かしていきたいと思います.

 

M2お別れ会&送別式

M1(明日からM2)の松田です。

明日から4月ということで新生活に期待と不安を抱いている人も多いと思いますがいかがお過ごしでしょうか。

さて、大規模システム管理研究室では3月9日に、M2の先輩たちへのお別れ会がありました。会場は二パチ三条通店でした。

 

また、3月23日には学位授与式がありました。

大規模システム管理研究室からは、8人の先輩が修士課程を修了されました。また、原さんがnaist最優秀学生賞を授与されました。おめでとうございます!

その後、ゼミ室で送別会が行われました。

一人一人が2年間の思い出やこれからの抱負を語りました。

 

次に、修了生へ寄贈品を渡しました。

修了生から僕たちにはコーヒーメーカーをいただきました。これで徹夜になっても頑張れます。

 

先輩達とは研究室に入ってから勉強のことから研究のことまで色々なアドバイスをいただき非常に助けになりました。
これから寂しくなりますが、僕達も先輩達から学んだことを生かして新しく入ってくる後輩達に有用なアドバイスができるよう努めていきたいです。

 

修了生のみなさん2年間お疲れさまでした!

電子情報通信学会総合大会 (2018.3.20-3.23)

M2の原です.

3/20-23に開催された電子情報通信学会総合大会で発表しました.
発表題目は“道路網における情報共有とユーザの利己的行動が分散型経路選択方式に与える影響に関する一検討”です.

久し振りに10分の発表でしたので,やりにくかったのが正直なところです.
また,多くの興味深い研究を聞くことができました.

今年に入ってから,私が関東から帰ると関東で雪が降るのはなぜなんでしょうか?

人工知能学会 人工知能基本問題研究会(2018年3月16日〜17日)

こんにちは。
M2の飯塚です。

3月16日〜17日に鹿児島県指宿市で行われた人工知能学会 人工知能基本問題研究会に参加してきました。

人工知能学会 第106回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI)

私は「組合せバンディットを用いたコグニティブ無線におけるグループ形成方策」というタイトルで発表してきました。

これまでは通信系の研究会を中心に発表してきたため,機械学習が専門の先生の前での外部発表は初めてでした。これまでに使ってこなかった質疑応答用の予備スライドを使い切ることができてよかったです。

開催地は指宿市民会館で,知林ケ島という場所の近くでした。

この島まで歩いていける砂の道(砂州)は,3月から10月の期間に,限られた時間にのみ出現するものです。指宿市観光協会が砂州の出現時刻の予測を発表 していて,この日は12:00~14:55ということでちょうどお昼休憩の時間帯に見に行くことができました。

ICM研究会

M2の萬代です。

3/8, 3/9 に開催されたICM研究会(沖縄県那覇市)に参加し、発表いたしました。

写真は発表会場の沖縄青年会館です。

▲沖縄青年会館の外観

▲沖縄青年会館2F, 発表風景

私はクラウドプラットフォームにおける継続的にエラーイベントを発生させるタスクの解析’’ という題目で発表いたしました。

発表15分、質疑応答5分という短い発表でしたが、

主に実装面に関する質問やコメントを多くいただきました。

ICM研究者の参加者の大半が、NTTや富士通などの研究所に所属する社会人ということもあり、

発表内容や質疑応答は、ハイレベルで具体的・実務的なものが多い印象を受けました。

▲沖縄そば

WordPress Themes