オープンキャンパス2019

こんにちはM1の馬場,岩本です.
5月18日にNAISTでオープンキャンパスが開かれました.
大規模システム管理研究室には20人弱の人が来てくれました.

学生部屋では入試(小論文,面接)についてや,入学後の学生生活についての相談会を行っていました.

このオープンキャンパスが,受験生の方々の進路決定の手助けとなれば幸いです.

カテゴリー: 研究室イベント | オープンキャンパス2019 はコメントを受け付けていません。

NS研究会 2019/3/4-5

こんにちは,M2の西です.
新年度が始まり,早くも一ヶ月が経とうとしていますが皆様いかがお過ごしでしょうか.
大規模システム管理研究室ではたくさんの新入生が加わり,とても賑やかで楽しい日々が始まりました.

さて,ひと月以上前のことですが,沖縄にてNS研究会が開催されました(3/4-5).
研究室からは学生発表で中村くん,豊さん,西の3名が参加しました.
中村くん,豊さんの研究はブロックチェーンに基づいたIoTアクセス制御,西の研究は制御可能型P2Pコンテンツ配信に関連するものです.


Tit-for-Tat型P2Pファイル配信におけるピア間の近傍性を考慮したピースの等価交換の緩和に関する検討
https://www.ieice.org/ken/paper/20190305I1k5/

(発表者:西)


IoT のための柔軟な分散型属性ベース・アクセス制御の実現 ~ Ethereum ブロックチェーンベースのフレームワーク~
https://www.ieice.org/ken/paper/20190305i1k8/
(発表者:豊)


IoTに向けた Ethereumブロックチェーンを用いた Capability-Based Access Controlの実装~ アクションレベルでの Capabilityの構築 ~
https://www.ieice.org/ken/paper/20190305D1KT/ 

(発表者: 中村)

発表を通して各々の研究に関する課題やヒントが得られたので,それらを糧に,より充実した内容の研究にしていければと思います.

カテゴリー: 研究室イベント | NS研究会 2019/3/4-5 はコメントを受け付けていません。

情報通信マネジメント研究会(ICM)@久米島

こんにちは,真鍋です.
先日,沖縄県の久米島にて開催されたICM研究会に参加してきました.
私は「Hadoopデータセンタにおけるオークションメカニズムを用いた料金設定と計算資源割当て手法」というタイトルで発表を行いました.
当研究会は,情報通信を対象としており,参加されていた専門の方々から多くのご意見やご指導を承ることができました.

会場となった久米島は沖縄本島の西に位置する離島であり,自然豊かなリゾート地です.本学の周りも緑が多く自然豊かな場所ではありますが…
久米島は綺麗な海が身近にある新鮮な環境であったため,リフレッシュできる大変良い機会となりました.

カテゴリー: 研究室イベント | 情報通信マネジメント研究会(ICM)@久米島 はコメントを受け付けていません。

M2送別会

こんにちは、M2の山本です.

先日,ご卒業される先輩方のお別れ会がNAIST構内で開催されました.

松田大樹さん

真鍋優さん

最後には参加者全員で記念撮影をしました.

先輩達には就活や研究等で大変参考になるアドバイスをいただきました.

これから寂しくなりますが,先輩方から学んだことを新入生に伝えていければと思います.

修了生の今後の益々のご活躍をお祈りしています! 

カテゴリー: 研究室イベント | M2送別会 はコメントを受け付けていません。

CQ研究会 2019/1/17-18

こんにちは,M2の松田です.
何とか修士論文を提出することができてホッとしています.
話が変わりますが,先月,首都大学東京秋葉原サテライトキャンパスで開催されたコミュニケーションクオリティ研究会に参加してきました.

私は”モバイル・エッジ連携型自動避難誘導における迅速性・安全性・避難所容量を考慮した避難所選択方式”という題目で発表しました.

 
発表や質疑応答を通して反省点がたくさん出てきたので,修士論文発表会ではこれらを修正して取り組んで行こうと思います.

カテゴリー: 研究室イベント | CQ研究会 2019/1/17-18 はコメントを受け付けていません。

基盤(S)離散構造処理系プロジェクト(2018/11/25-27)

新年明けましておめでとうございます。M1の桃井です。
昨年のことになりますが、離散構造処理系ワークショップに参加しました。場所は北海道登別温泉です。


北海道屈指の行楽地である登別温泉、地獄谷から湧き上がる硫黄の匂いが鼻をつきます。
今回は「ZDDを用いた安定マッチング列挙の検討」というタイトルでポスター発表をさせていただきました。

会場には離散系の教員、学生、企業の研究員など50名弱が集まりました。終始和やかな雰囲気で、所属を問わず、時に熱く、ときに楽しく活発な議論が繰り広げられていました。研究方針で悩んでいた私にとって、ここでの議論は重要な知見となりました。

帰り際にはホテルの近くのお店で登別名物の熊肉をいただきました。味噌味で豚の角煮を彷彿とさせ、とても美味しかったです。

カテゴリー: 研究室イベント | 基盤(S)離散構造処理系プロジェクト(2018/11/25-27) はコメントを受け付けていません。

NS研究会 2018/12/20-21

こんにちは,D1の原です.
尾道で開催されたNS研究会に参加しました.
今回は奨励講演ということで,”道路網におけるユーザの利己性を考慮した最適ルーティングのためのトラヒック情報制御方式“という題で発表しました.

若手研究奨励賞を頂きました.

尾道ラーメンも食べました.坂道は上っていません.
RCS研の併催ということもあり,興味深い研究発表が多くありました.
今年は北海道で発表したのですが,災害にあってしまい避難誘導の研究の重要性と課題を肌身で感じた年になりました.

カテゴリー: 研究発表 | NS研究会 2018/12/20-21 はコメントを受け付けていません。

高山サイエンスフェスティバル 11/11

こんにちは.D1の原です.
11月11日高山サイエンスフェスティバルがあり,大規模システム管理研究室では2つのデモ展示をしました.
1. 地理ビックデータを用いた自動避難誘導

2. ブロックチェーンを用いたIoTデバイスのアクセス制御

地元の方々に普段行っている研究を紹介することができる良い機会でした.
2019年の2月25日-26日にはスプリングセミナーがあります.
大規模システム管理研究室で行っている研究に興味がある方は是非参加してください.
1. 地理ビッグデータ利活用: リスク予測型自動避難誘導,地理的リスク分析
概要: 地震によって道路が閉塞する確率や平常時の道路需要など,道路ネットワークに関する地理ビッグデータの整備が進められています.こうした地理ビッグデータが,避難誘導方式や地理的リスク分析にどのように利活用できるかを実習を通して体験してもらいます.
2. ブロックチェーンを創る
概要: 分散型仮想通貨やスマートコントラクトで用いられるブロックチェーンは、分散環境における改ざん困難なデータベースとみなすことができます。本テーマではブロックチェーンの仕組みを学んだ後、実際に実装を行います。
3. Raspberry Piを用いたIoTアプリの開発
概要: モノのインターネット(IoT)は,インターネットを介して様々なモノ(人,センサー,スマホなど)同士の情報交換を可能にし、e-ヘルスやスマートホームなど幅広い重要なアプリケーションの基本的なアーキテクチャになっています。本実習では、Raspberry Piと温度や湿度などの様々のセンサーを用いて、簡単なIoTアプリを作成します。

カテゴリー: オープンキャンパス, 受験生向け | 高山サイエンスフェスティバル 11/11 はコメントを受け付けていません。

研究室旅行(2018/8/30-31)

こんにちは、M1の桃井です。
8月に研究室旅行で伊勢に行きました!(もう12月)
さあ研究も仕事も忘れて、近鉄特急に乗って伊勢方面へ!
まずはじめに、伊勢神宮の外宮を見て回りました。

きれいな池の前にたたずむ先生方

その後、内宮・おかげ横丁のエリアを散策していきました。


冷たい五十鈴川に無心で手を突っ込む一同

夜は志摩のリゾートホテルへ。夜景は幻想的な月と鳥羽湾。

2日目は鳥羽水族館です。
タカアシガニに癒され


現実に戻ってきましたが、今日もがんばっていきます!

 

カテゴリー: 研究室イベント | 研究室旅行(2018/8/30-31) はコメントを受け付けていません。

Operations Research conference 2018 (OR2018)


Mr.Chaimongkol Limpianchob joined the Operations Research conference 2018 (OR2018) from September 12 to September 14, 2018 at the MCE Conference & Business Centre in Brussels, Belgium. The Operations Research conference 2018 (OR2018) is the annual international conference of the German Operations Research Society (GOR), co-organized this year with the Belgian Operational Research Society (ORBEL) with the support of Université libre de Bruxelles.

カテゴリー: 研究室イベント | Operations Research conference 2018 (OR2018) はコメントを受け付けていません。