GLOBECOM 2019の発表

こんにちは,M2の中村です.

2019 12/10-12/12に,ハワイ州ハワイ島で行われた国際会議 IEEE Global Communications Conference (GLOBECOM) 2019に同じくM2の豊さんと参加しました.

私は”Capability-Based Access Control for the Internet of Things: An Ethereum Blockchain-Based Scheme”,豊さんは“Using Ethereum Blockchain for Distributed Attribute-Based Access Control in the Internet of Things”と言うタイトルで発表を行いました.

初の英語発表で緊張もしましたが,非常に貴重な経験になりました.

しかし質疑応答でもう少し上手く答えることができたなと後悔してます.

ハワイ島はリゾート地ということもあり,緊張感から解放された私は海と夕焼けを見ながら黄昏ていました.

日本に帰ってきて,寒さと感じるとともに,修士論文など卒業に向けたタスクもまだ残っているので,すぐに現実に戻されました.

まだ修論発表があるので,最後まで気を抜かずに過ごしていきたいと思います.

 
カテゴリー: 研究室イベント, 研究発表 | GLOBECOM 2019の発表 はコメントを受け付けていません。

CQ研究会参加報告 2020/1/16-1/17

こんにちは.D2の原です.

1/16-1/17nhk放送技術研究所で開催されたCQ研究会に参加しました.

この研究会では,地理リスク情報を考慮した自動避難誘導アプリケーションの設計·実装という表題で発表しました.

2月中旬にスプリングセミナーが開催されるので,興味がある方は参加してください.

カテゴリー: 研究室イベント, 研究発表 | CQ研究会参加報告 2020/1/16-1/17 はコメントを受け付けていません。

CCNC2020発表

こんにちは,M2 の西です.
1/10-1/13に,アメリカのラスベガスで開催された国際会議 IEEE Consumer Communications & Networking Conference (CCNC) 2020に参加しました.
https://ccnc2020.ieee-ccnc.org/

アメリカ本土は初めてだったのですが,17時間の時差と入国審査の大行列によって疲労困憊状態での現地入りとなりました.
参加者には様々な国の研究者がおられましたが,日本からの参加者も多かったのが印象的でした.

私は ”Impact of Locality-awareness on Tit-for-Tat-based P2P File Distribution” というタイトルで 20分程度の発表を行いました.

発表に関しては,先生方や留学生の方に練習を見ていただきましたが,咄嗟に考えたことを整理して英語化すること/ 質問の意図を正しく理解することはやはり難しく,月並みな感想ですが英語発表の厳しさを痛感しました.
元来プレッシャーに弱い上に初の英語発表だったことも手伝い,終了後にはドッと疲れに襲われました.

ラスベガスは広くイメージされるようにカジノが有名で,空港や会場兼宿泊先にもカジノやスロットマシンが併設されていました.
フライトの都合で早朝4時前にチェックアウトしましたが,カジノからは歓喜の雄叫びが聞こえてきたので,期待を裏切らない雰囲気が味わえました.
CCNCは毎年ラスベガスで行われているので,カジノで一山当てたい方は是非参加してみて下さい.

カテゴリー: 研究室イベント, 研究発表 | CCNC2020発表 はコメントを受け付けていません。

基盤(S)離散構造処理系プロジェクト(2019/11/4~11/6)

こんにちは、M1の長谷です。
11/4~6の三日間で、基盤(S) 離散構造処理系プロジェクト「2019年度 秋のワークショップ」に私とM2の桃井さんで参加しました。
場所は支笏湖を一望できる丸駒温泉というところでした。 参加者は学生、教員、企業の研究員など合わせて約40人ほどでした。
私は「フロンティアの増減と多様な解の探索を考慮したビームサーチによるフロンティア法の変数順序付け 」、桃井さんは「ZDDを用いた不満度が両側平等なマッチング解の列挙の検討 」というタイトルでポスター発表を行いました。

発表の様子:長谷

発表の様子:桃井さん

ポスター発表では、温泉に入ることを忘れそうになるくらいたくさんの人と熱く議論ができました。実際、発表日は温泉に5分くらいしか入れませんでした。

今回のワークショップを通じ、様々な方からユニークなアイデアをいただけたので今後の研究に役立てていきたいです。

カテゴリー: 研究室イベント, 研究発表 | 基盤(S)離散構造処理系プロジェクト(2019/11/4~11/6) はコメントを受け付けていません。

RISING参加報告 2019/11/26-11/27

こんにちは.D2の原です.

11/26-11/27に東京大学で開催された[RISING研究会](https://www.ieice.org/cs/rising/jpn/index.html)に参加しました.

RISING19分野が横断した研究会となっており,200名以上の参加者がいました.

この研究会では,依頼ポスター講演として[“道路網におけるトラヒック情報制御による利己的最適ルーティング“](https://www.ieice.org/ken/paper/20191126I1TQ/)という表題で発表しました.

個人的には松尾先生がご講演された深層学習に対する俯瞰的な見解 (表題: “人工知能による超知性” ) や大関先生がご講演された機械学習に対する見解 (表題: “機械学習に関するチュートリアル“) が印象に残りました.

2月中旬にスプリングセミナーが開催されるので,興味がある方は参加してください.

カテゴリー: 研究室イベント | RISING参加報告 2019/11/26-11/27 はコメントを受け付けていません。

研究室旅行(8/7〜8/8)

こんにちは,M1の岩本です.

8月に研究室旅行で岡山県に行きました.

1日目は倉敷市の美観地区を観光しました.
とても美しく情緒のある街並みでした.

美観地区写真

 

 

 

 

 

 

 

また,桃のパフェもとても美味しく大満足でした.

パフェ写真

 

 

 

 

 

 

 


2日目は岡山城と岡山後楽園を観光しました.
岡山城は迫力と美しさがあり素晴らしかったです.

岡山城写真

 

 

 

 

 

 


後楽園は緑がとても美しくまた来てみたいと思える場所でした.

後楽園写真

 

 

 

 

 

 


夏休みは終わってしまいましたが,切り替えて頑張っていきます.

集合写真

 

 

 

 



カテゴリー: 研究室イベント | 研究室旅行(8/7〜8/8) はコメントを受け付けていません。

ソサイエティ大会

こんにちは, M2の山本です.

9月10日(火)~13日(金)に大阪大学で開催された2019年電子情報通信学会ソサイエティ大会に参加しました.

私は”Bitcoinネットワーク上でのブロック拡散遅延攻撃における攻撃者数の影響”という題目で発表を行いました.

 

 

 

 

 

 

発表に対する質疑応答では, 研究の課題の指摘やアドバイスをいただくことができました.

また, 他の題目も非常に興味深いものが多く, 情報通信関連の研究に対する情報を収集することができました.

今回の発表で得た学びを今後の研究に活かしていきたいです.

カテゴリー: 研究室イベント, 研究発表 | ソサイエティ大会 はコメントを受け付けていません。

オープンキャンパス2019

こんにちはM1の馬場,岩本です.
5月18日にNAISTでオープンキャンパスが開かれました.
大規模システム管理研究室には20人弱の人が来てくれました.

学生部屋では入試(小論文,面接)についてや,入学後の学生生活についての相談会を行っていました.

このオープンキャンパスが,受験生の方々の進路決定の手助けとなれば幸いです.

カテゴリー: 研究室イベント | オープンキャンパス2019 はコメントを受け付けていません。

NS研究会 2019/3/4-5

こんにちは,M2の西です.
新年度が始まり,早くも一ヶ月が経とうとしていますが皆様いかがお過ごしでしょうか.
大規模システム管理研究室ではたくさんの新入生が加わり,とても賑やかで楽しい日々が始まりました.

さて,ひと月以上前のことですが,沖縄にてNS研究会が開催されました(3/4-5).
研究室からは学生発表で中村くん,豊さん,西の3名が参加しました.
中村くん,豊さんの研究はブロックチェーンに基づいたIoTアクセス制御,西の研究は制御可能型P2Pコンテンツ配信に関連するものです.


Tit-for-Tat型P2Pファイル配信におけるピア間の近傍性を考慮したピースの等価交換の緩和に関する検討
https://www.ieice.org/ken/paper/20190305I1k5/

(発表者:西)


IoT のための柔軟な分散型属性ベース・アクセス制御の実現 ~ Ethereum ブロックチェーンベースのフレームワーク~
https://www.ieice.org/ken/paper/20190305i1k8/
(発表者:豊)


IoTに向けた Ethereumブロックチェーンを用いた Capability-Based Access Controlの実装~ アクションレベルでの Capabilityの構築 ~
https://www.ieice.org/ken/paper/20190305D1KT/ 

(発表者: 中村)

発表を通して各々の研究に関する課題やヒントが得られたので,それらを糧に,より充実した内容の研究にしていければと思います.

カテゴリー: 研究室イベント | NS研究会 2019/3/4-5 はコメントを受け付けていません。

情報通信マネジメント研究会(ICM)@久米島

こんにちは,真鍋です.
先日,沖縄県の久米島にて開催されたICM研究会に参加してきました.
私は「Hadoopデータセンタにおけるオークションメカニズムを用いた料金設定と計算資源割当て手法」というタイトルで発表を行いました.
当研究会は,情報通信を対象としており,参加されていた専門の方々から多くのご意見やご指導を承ることができました.

会場となった久米島は沖縄本島の西に位置する離島であり,自然豊かなリゾート地です.本学の周りも緑が多く自然豊かな場所ではありますが…
久米島は綺麗な海が身近にある新鮮な環境であったため,リフレッシュできる大変良い機会となりました.

カテゴリー: 研究室イベント | 情報通信マネジメント研究会(ICM)@久米島 はコメントを受け付けていません。