令和2年度 学位授与式

ブログを書くのが今回で2回目になります,新M2の田中です.

D3M2の方が卒業されてから,いつの間にか1週間以上が過ぎました.

今回はその時の事について記事を書きます.

去る324日に令和2年度の学位授与式が執り行われました.

今年は昨年と同じく,全学的な学位授与式は代表者のみが出席するオンライン開催となりました.

弊研究室からはD3 原さんが出席し,NAIST最優秀学生賞を受賞しました.

学位授与式の後,弊研究室で教授が卒業生1人ずつに学位記を手渡されました.

その後,情報棟の前で撮影した集合写真がこちらになります.

当日は雲がほとんどない快晴で,青い空が映えるこんな素敵な写真も撮れました.本当に良い卒業日よりでした.

また,卒業生一同から最新の電子レンジを寄贈して頂きました.前のものが古くなっていたのですごく嬉しいです.大切に使っていきます.

思い返すと昨年は新型コロナウイルスによって,入学当初は先輩方と触れ合う機会は無いのではないかと危惧していました.ところが意外にも当学は46月を除いて緩やかな自粛生活で済み,研究生活については普段とあまり変わらぬ時間を先輩方と過ごすことができました.

特に,2度も先輩とチームを組んでハッカソンに出場出来たことは本当に良い経験になりました.

昨年度は人数が多く優秀であった,記憶に残る世代だったと思います.社会に出られても,引き続きご活躍されることをお祈りしております. 

カテゴリー: 研究室イベント | 令和2年度 学位授与式 はコメントを受け付けていません

ICETC参加報告 2020/12/2-12/4

こんにちは.M2の松永です.

12/2-12/4にオンライン上で開催された International Conference on Emerging Technologies for Communications 2020 (ICETC 2020) で,D3の原さん,M2 Muhammad さん,M2の松永の三人が発表しました.

原さんは “Distributed Route Selection under Consideration of Time Dependency among Agents’ Road Usage for Vehicular Networks” というタイトルで発表しました.

Muhammad さんは “A Trust Model for Information Dissemination in Social Networking Services” というタイトルで発表しました.

私は “Reward and Penalty Mechanism in Proof-of-Stake Consensus Algorithm for Blockchain” というタイトルで発表させていただきました.

Award では,原さんたちの研究には Best Paper Award が授与されました.

私の発表には Student Presentation Award を授与していただきました.

ICETC 2020 は若手研究者育成を会議開催の目的の一つとしています.

私のような経験の浅い学生でも賞をいただけたことは,大変な励みになりました.

支えてくださった先生方に感謝したいです.

カテゴリー: 研究室イベント, 研究発表 | ICETC参加報告 2020/12/2-12/4 はコメントを受け付けていません

JPHACK2020 Award Dayにて富士ゼロックス賞を受賞

こんにちは,M1の田中です.

前回M2の松永さんと藤田さんと共にJPHACKSに参加し,Award Day(最終選考)に進出したことをお伝えしました.

今回は去る1128日にオンラインで開催されたAward dayの模様と結果をご報告します.

私達は前回のHacking Sprintで,ブロック·チェーンを用いたスマートIoTボックスであるChained Boxを発表しました.それから新たに商品登録機能とお客呼び込み機能を追加し,Award Dayに臨みました.

当日の私達の発表順は1番目で運が悪いと思いましたが,トップバッターとしてクオリティの高いプレゼン動画によって聴衆に強い印象を残すことができました.

その後のオンライン展示会では訪れたスポンサーの方々から,すぐにでも販売できそうな製品のクオリティを褒めていただけました.また,ブロックチェーンのより良い社会実装方法についても多くのご意見をいただきました.

結果として富士ゼロックス賞と,参加学生の投票で選ばれるAudience賞第5位を獲得することができました!

狙っていたInnovator認定を獲得できなかったのは残念ではありますが,Award Dayに進出し結果を残すことができたのでとても嬉しいです.

そして何よりも3人の夢中になって取り組んだことが融合し,どんどん形になっていく過程がとても楽しかったです!

M2のメンバーはこれが最後の機会となっていまいますが,私は残り一年のNAIST生活でまた何かに挑戦したいと思います.

カテゴリー: 研究室イベント, 研究発表 | JPHACK2020 Award Dayにて富士ゼロックス賞を受賞 はコメントを受け付けていません

NS研究会参加報告 2020/11/26-11/27

こんにちは.M2の松永です.

11/26-11/27にオンライン上で開催されたNS研究会に参加しました.

私は「Proof-of-Stake型ブロック·チェーンの参加ノードへのインセンティブづけに関する一検討」というタイトルで発表させていただきました.

初の研究会参加で緊張しており,頂いた質問に対しても正確なお返事ができない場面があるなど反省点もありました.

しかし,原稿の執筆から発表までの一連の過程を経験でき,非常に自分の糧となるものでした.

支えてくださった先生方に感謝したいです.

カテゴリー: 研究室イベント, 研究発表 | NS研究会参加報告 2020/11/26-11/27 はコメントを受け付けていません

JPHACK2020 Hacking SprintにてFinalist賞を受賞

こんにちは.M2の松永です. 

M2の藤田君,M1の田中君とチームLSM-NAISTを結成し,JPHACKS2020 に参加しています. 

JPHACKS(ジャパンハックス)は,イノベータを目指す学生を対象にした国内最大級のハックイベントで,今年は500名程度が参加しています. 

今年は完全オンラインで実施され,1週間の開発期間であるHacking Sprint後に,審査を勝ち抜いたFinalistが,最終成果発表会であるAward Dayに進出します. 

私たちはブロック·チェーンを用いたスマートIoTボックスであるChained Box」を開発し,Hacking SprintにてDブロック(関西·中国ブロック)Audience賞第3位とFinalistを受賞しました. 

11/28()に全国16チームのみが参加できるAward Dayに進出します. 

ブロック·チェーンの社会実装例として,全国に認知していただけるように頑張ります.

カテゴリー: 研究室イベント, 研究発表 | JPHACK2020 Hacking SprintにてFinalist賞を受賞 はコメントを受け付けていません

ITU AI/ML in 5G Challenge Global Round in Japan Workshop 参加報告 2020/11/11

こんにちは,M2の藤田です.

D3の原さんと一緒に,国際電気通信連合(International Telecommunication Union:ITU)の企画における国内コンペティションITU AI/ML in 5G Challenge Global Round in Japannaist-lsmというチームを組んで参加しました.

Graph Convolutional Network(GCN)を用いて,NFVベーステスト環境におけるIPコアネットワーク内の経路情報障害の解析を行いました.

20201111日にオンラインで開催されたワークショップでBest Performance Awardを受賞しました.

受賞の様子になります.

さらに,20201215~17日に開催予定のFinal Roundに他の受賞2チームと共に参加することが決定しています.

英語での発表となりますが,良い評価を得られるように,十分に準備をし臨みたいと思います.

カテゴリー: 研究室イベント, 研究発表 | ITU AI/ML in 5G Challenge Global Round in Japan Workshop 参加報告 2020/11/11 はコメントを受け付けていません

国際会議 IEEE Blockchain-2020 参加報告 2020/11/4-11/6

こんにちは,M2の藤田です.

2020114-6日にオンラインで行われた国際会議 The 3rd IEEE International Conference on Blockchain 2020 (Blockchain-2020)に参加しました.

本来であれば,ギリシャのロードで開催される予定でしたが,新型コロナウイルスの感染拡大に伴って,オンライン化されたのが残念でした.

オープニングセレモニーの様子になります.

私は,“Mining Pool Selection in the Presence of Block Withholding Attack”というタイトルで発表を行いました.

初めての英語発表でしたが,先生方のサポートを受け無事発表を終えることができました.

発表の様子になります.

大西洋時間(AST)での開催とのこともあり,時差が13時間あり,セッションをリアルタイムに聴講するのが難しかったのですが,

後から録画されたものを聴講できるが.オンライン国際会議のメリットだと思いました.

修了まで残りわずかですが,引き続き頑張ります.

カテゴリー: 研究室イベント, 研究発表 | 国際会議 IEEE Blockchain-2020 参加報告 2020/11/4-11/6 はコメントを受け付けていません

Welcome Party on 7th October

Hello everyone, this is Radifan, an M2 student here.

こんにちは、 M2のラディファンです。

Two weeks ago, on 7th October, we have held a welcome party for new students entered in April and October 2020.

2020年 10月 7日、新入生の   ‘ welcome party’を開催しました。

The party was merged considering the limited activity in early April to June.

コロナ制限により、 4月のパーティーと 9月のパーティーを一緒にやりました。

Due to the Covid-19 pandemic, the event was done by several conditions including physical distance and no food sharing.

この度、新型コロナウイルスの感染拡大により socialdistanceを保ち、個別でお弁当を食べました。
 
Through this difficult condition, I hope everyone can stay healthy and give their best.

難しい状況の中ですが、皆様がそれぞれ健康で、頑張ってくれることを願っています。

This party kind of reminds me of the welcome party a year before. It has been one year since I am here, and to become a good role model for new students and grow together, I think I will improve myself by doing my best in every moment.

私はもう一年間ぐらいこの研究室に在籍しているので、皆のお手本になりたいです。そして一緒に成長できるように頑張りたいと思います。

カテゴリー: 受験生向け, 研究室イベント | Welcome Party on 7th October はコメントを受け付けていません

M2送別会

こんにちは,M1の馬場です.

先日,ご卒業される先輩方のお別れ会が開催されました.

天気も良かったので参加者全員で,外で記念撮影をしました.

先輩方には研究はもちろん,就職等で多くのアドバイスを頂きました.
この一年の間に先輩方から学んだことを活かしていきたいと思います.

修了生のみなさん,本当にお疲れ様でした.
修了生の今後の益々のご活躍をお祈りしています.



カテゴリー: 研究室イベント | M2送別会 はコメントを受け付けていません

GLOBECOM 2019の発表

こんにちは,M2の中村です.

2019 12/10-12/12に,ハワイ州ハワイ島で行われた国際会議 IEEE Global Communications Conference (GLOBECOM) 2019に同じくM2の豊さんと参加しました.

私は”Capability-Based Access Control for the Internet of Things: An Ethereum Blockchain-Based Scheme”,豊さんは“Using Ethereum Blockchain for Distributed Attribute-Based Access Control in the Internet of Things”と言うタイトルで発表を行いました.

初の英語発表で緊張もしましたが,非常に貴重な経験になりました.

しかし質疑応答でもう少し上手く答えることができたなと後悔してます.

ハワイ島はリゾート地ということもあり,緊張感から解放された私は海と夕焼けを見ながら黄昏ていました.

日本に帰ってきて,寒さと感じるとともに,修士論文など卒業に向けたタスクもまだ残っているので,すぐに現実に戻されました.

まだ修論発表があるので,最後まで気を抜かずに過ごしていきたいと思います.

 
カテゴリー: 研究室イベント, 研究発表 | GLOBECOM 2019の発表 はコメントを受け付けていません