大規模コンテンツ配信のためのネットワーク最適化

ソフトウェアのセキュリティ・アップデートや動画配信などでは,多数のユーザに対する,あるいは,継続的なコンテンツの配信が求められます.特に,新たなコンテンツが公開された直後は配信サーバの急激な負荷増加が大きな課題となります.このような問題解決のために,Windows Updateなど一部のシステムでは,一般ユーザの端末(ピア)による配信の補助(ファイルの断片であるピースの他ピアへのアップロード)を可能とするP2P型ファイル配信の利用を進めています.ただし,ピースの提供には自身のアクセス回線を利用するため,自身が利用中の他のネットワークサービスの品質低下等を避けるために,ピアが協力行動を控える傾向が見られています.本研究では,P2Pファイル配信システムにおいて,個々のピア間での同量のピース交換を促すTit-for-Tat (TFT)戦略を導入した場合の最適なシステム性能及びそれを可能とするピースフローを数理最適化(例: 線形最適化(計画法),整数線形最適化)や解析モデル(例: 流体モデル)等を用いて分析しています.

笹部 昌弘
笹部 昌弘
准教授