大規模IoTネットワークのための分散型協調制御

PCやモバイル端末だけでなく様々なデバイスがインターネットに接続されるIoTの時代が訪れつつあります.IoTデバイスの多くは無線通信により管理・制御されますが,その際,無線資源の枯渇が問題視されています.すでに多くの無線資源はいずれかのシステムやサービスに割り当てられているため,既存の無線資源の再利用を可能とするコグニティブ無線技術が注目されています.ただし,コグニティブ無線ではその無線資源の本来の利用者であるプライマリ・ユーザ(PU)の通信を妨害することなく,それ以外のセカンダリ・ユーザ(SU)が効率的に無線資源を利用できることが求められます.本研究では,PUの通信を高精度に検知するためのSU間の協力関係と,遊休状態の無線資源の利用に関するSU間の競合関係を考慮した分散型協調メカニズムの実現を目指しています.

笹部 昌弘
笹部 昌弘
准教授