人と機器の融和に基づくリスク考慮型自動避難支援

2011年3月に起きた東日本大震災では,通信インフラの被災により,固定通信網・携帯電話網ともに長時間かつ広範囲で利用できなくなり,その結果,安否情報・避難情報・行政情報など様々な重要性の高い情報を被災者・救助者が円滑に収集・配信することができなかった事例が多数報告されています.本研究では,このような状況下においても,被災者を安全な経路・避難所へと迅速に導くことのできる避難支援システムの実現を目指しています.特に,避難者とモバイル端末(携帯電話など)間での暗黙の連携による被災状況把握と避難誘導の自動化,避難者(の端末)間での道路網状態に関する情報共有,地理ビッグデータに基づく道路網のリスク予測といった様々な要素技術を組み合わせることで,問題の解決に取り組んでいます.

笹部 昌弘
笹部 昌弘
准教授