研究業績一覧

最終更新日 2017年12月04日

  • 学術論文誌
    1. Kasahara, S., Takine, T., Takahashi, Y. and Hasegawa, T., ``Analysis of an SPP/G/1 System with Multiple Vacations and E-limited Service Discipline,'' Queueing Systems, vol. 14, pp. 349-367, 1993. doi:10.1007/BF01158873
    2. Kasahara, S., Takahashi, Y. and Hasegawa, T., ``Analysis of Waiting Time of M/G/1/K System with Vacations under Random Scheduling and LCFS," Performance Evaluation, vol. 21, pp. 239-259, 1995. doi:10.1016/0166-5316(93)E0046-8
    3. Kasahara, S., Takine, T., Takahashi, Y. and Hasegawa, T., ``MAP/G/1 Queues under N-policy with and without Vacations," Journal of the Operations Research Society of Japan, vol. 39, no. 2, pp. 188-212, June 1996. (PDF)
    4. Kasahara, S., Takagi, H., Takahashi, Y. and Hasegawa, T., ``M/G/1/K System with Push-out Scheme under Vacation Policy,'' Journal of Applied Mathematics and Stochastic Analysis, vol. 9, no. 2, pp. 143-157, 1996. doi:10.1155/S1048953396000159
    5. Kasahara, S. and Hasegawa, T., ``Approximation of Loss Probability for Multiplexing System with Large Number of On-Off Sources Regulated by Leaky Bucket," Journal of the Operations Research Society of Japan, vol. 41, no. 1, pp. 21-34, March 1998. (PDF)
    6. Adachi, N., Kasahara, S. and Takahashi, Y., ``Simulation Study on Multi-hop Jitter Behavior in Integrated ATM Network with CATV and Internet," IEICE Transactions on Communications, vol. E81-B, no. 12, pp. 2413-2422, December 1998. (Copyright 1998 IEICE, PDF)
    7. Kasahara, S., Takahashi, Y. and Hasegawa, T., ``Analysis of Waiting Time of M/G/1/K System under Random Scheduling and LCFS," Engineering Simulation, vol. 17, pp. 819-834, 2000.
    8. Yoshihara, T., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Practical Time-Scale Fitting of Self-Similar Traffic with Markov-Modulated Poisson Process," Telecommunication Systems, vol. 17, nos. 1-2, pp. 185-211, 2001. doi:10.1023/A:1016616406118 (PDF)
    9. Kasahara, S., ``Internet Traffic Modeling: Markovian Approach to Self-Similar Traffic and Prediction of Loss Probability for Finite Queues," IEICE Transactions on Communications, vol. E84-B, no. 8, pp. 2134-2141, August 2001. (Copyright 2001 IEICE, PDF)
    10. 安達直世, 笠原正治, 高橋豊, ``通信放送統合型ATM網における長期依存性を考慮したMPEG2セルのジッタ評価," 電子情報通信学会論文誌 B, vol. J85-B, no. 6, pp. 991-1000, Jun. 2002. (Copyright 2002 IEICE, PDF)
    11. Adachi, N., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Application-Level Jitter Reduction Scheme for Multimedia Communication over ATM-ABR Service," IEICE Transactions on Communications, vol. E86-B, no. 2, pp. 798-808, February 2003. (Copyright 2003 IEICE, PDF)
    12. Itaya, N. and Kasahara, S., ``Dynamic Parameter Adjustment for Available-Bandwidth Estimation of TCP in Wired-Wireless Networks," Computer Communications, vol. 27, pp. 976-988, 2004. doi:10.1016/j.comcom.2004.01.006 (PDF)
    13. Tachibana, T., and Kasahara, S., ``QoS-Guaranteed Wavelength Allocation for WDM Networks with Limited-Range Wavelength Conversion," IEICE Transactions on Communications, vol. E87-B, no. 6, pp. 1439-1450, June 2004. (Copyright 2004 IEICE, PDF)
    14. Tachibana, T., and Kasahara, S., ``Performance Analysis of Dynamic Light-path Configuration for Symmetric WDM Ring Networks," Journal of the Operations Research Society of Japan, vol. 47, no. 4, pp. 379-397, December 2004. (PDF)
    15. 栗本 昌和, 笠原 正治, ``FECとパケットインタリーブによるストリーミングサービス用動的低エラー転送," 電子情報通信学会論文誌 B, vol. J88-B, no. 7, pp. 1277-1288, July 2005. (Copyright 2005 IEICE, PDF)
    16. Ueda, M., Tachibana, T., and Kasahara, S., ``A Last-Hop Preemptive Scheme Based on the Number of Hops for Optical Burst Switching Networks," The Journal of Optical Networking, vol. 4, no. 10, pp. 648-660, October 2005. doi:10.1364/JON.4.000648
    17. Tachibana, T., and Kasahara, S., ``Burst-Cluster Transmission: Service Differentiation Mechanism for Immediate Reservation in Optical Burst Switching Networks," IEEE Communications Magazine, vol. 44, no. 5, pp. 46-55, May 2006. doi:10.1109/MCOM.2006.1637946
    18. Tachibana, T., Kurita, K., and Kasahara, S., ``Effect of Switching Time on Timer-Based Burst Assembly and Its Effect on Voice-over-Internet Protocol Quality of Service over Optical Burst Switching Networks," The Journal of Optical Networking, vol. 5, no. 7, pp. 532-540, July 2006. doi:10.1364/JON.5.000532
    19. Tachibana, T., and Kasahara, S., ``Performance Analysis of Timer-Based Burst Assembly with Slotted Scheduling for Optical Burst Switching Networks," Performance Evaluation, vol. 63, nos. 9-10, pp. 1016-1031, October 2006. doi:10.1016/j.peva.2005.11.005
    20. Tachibana, T., and Kasahara, S., ``Two-Way Release Message Transmission and Its Wavelength Selection Rules for Preemption in OBS Networks," IEICE Transactions on Communications, vol. E90-B, no. 5, pp. 1079-1089, May 2007. doi:10.1093/ietcom/e90-b.5.1079 (Copyright 2007 IEICE, PDF)
    21. Tachibana, T., and Kasahara, S., ``QoS-Guaranteed Burst Transmission for VoIP Service over Optical Burst Switching Networks," The Journal of Optical Networking, vol. 6, no. 8, pp. 991-1002, August 2007. doi:10.1364/JON.6.000991
    22. Arima, S., Tachibana, T., Kaji, Y., and Kasahara, S., ``FEC-Based Reliable Transmission for Multiple Bursts in OBS Networks," IEICE Transactions on Communications, vol. E90-B, no. 12, pp. 3541-3551, December 2007. doi:10.1093/ietcom/e90-b.12.3541 (Copyright 2007 IEICE, PDF)
    23. Ueda, M., Tachibana, T., and Kasahara, S., ``Intermediate-Hop Preemption to Improve Fairness in Optical Burst Switching Networks," IEICE Transactions on Communications, vol. E91-B, no. 3, pp. 710-721, March 2008. doi:10.1093/ietcom/e91-b.3.710 (Copyright 2008 IEICE, PDF)
    24. Tamura, Y., Kasahara, S., Takahashi, Y., Kamei, S., and Kawahara, R., ``Inconsistency of Logical and Physical Topologies for Overlay Networks and Its Effect on File Transfer Delay," Performance Evaluation, vol. 65, no. 10, pp. 725-741, 2008. doi:10.1016/j.peva.2008.04.005 (PDF)
    25. Tachibana, T., and Kasahara, S., ``Recent Research and Development in Optical Burst Switching toward Next-Generation Ultra High-Speed Networks," Far East Journal of Electronics and Communications, vol. 2, no. 2, pp. 133-151, August 2008.
    26. Uchida, Y., Sunahara, S., Itakura, E., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Proactive Retransmission and Buffer Management for Layered Video Transmission over Wireless Channel," IEICE Transactions on Communications, vol. E91-B, no. 9, pp. 2897-2906, September 2008. doi:10.1093/ietcom/e91-b.9.2897 (Copyright 2008 IEICE, PDF)
    27. Tachibana, T., and Kasahara, S., ``QoS Provisioning with Shared Wavelength Allocation for Limited-range Wavelength Conversion," Dynamics of Continuous, Discrete and Impulsive Systems, Series B: Applications and Algorithms, vol. 15, no. 4b, pp. 459-482, 2008.
    28. Muraoka, S., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``FEC Recovery Performance for Video Streaming Services over Wired-Wireless Networks," Performance Evaluation, vol. 66, no. 6, pp. 327-342, 2009. doi:10.1016/j.peva.2008.12.002 (PDF)
    29. Phung-Duc, T., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Performance Analysis of Optical Burst Switched Networks with Limited-Range Wavelength Conversion, Retransmission and Burst Segmentation," Journal of the Operations Research Society of Japan, vol. 52, no. 1, pp. 58-74, 2009. (PDF)
    30. Phung-Duc, T., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``M/M/3/3 and M/M/4/4 Retrial Queues," Journal of Industrial and Management Optimizationvol. 5, no. 3, pp. 431-451, August 2009. doi:10.3934/jimo.2009.5.431
    31. Tainaka, T., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``A Markovian Approach to Per-Flow Throughput Unfairness in IEEE 802.11 Multihop Wireless Networks," Journal of Industrial and Management Optimization, vol. 5, no. 3, pp. 493-510, August 2009. doi:10.3934/jimo.2009.5.493
    32. Wakuda, K., Kasahara, S., Takahashi, Y., Kure, Y., and Itakura, E., ``A Packet Scheduling Algorithm for Max-Min Fairness in Multihop Wireless LANs," Computer Communications, vol. 32, nos. 13-14, pp. 1437-1444, 17 August 2009. doi:10.1016/j.comcom.2009.04.004 (PDF)
    33. Kuraya, K., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Decentralized User Information Management Systems for Peer-to-Peer Communication Networks: An Approach by Nonstationary Peer-Population Process,'' Ubiquitous Computing and Communication Journal, Special Issue CSNDSP 2008, vol. CSNDSP, September 2009. URL: http://www.ubicc.org/journal_detail.aspx?id=31
    34. Phung-Duc, T., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``State-dependent M/M/c/c+r Retrial Queues with Bernoulli Abandonment,'' Journal of Industrial and Management Optimization, vol. 6, no. 3, pp. 517-540, August 2010. doi:10.3934/jimo.2010.6.517
    35. Kawanami, H., Masuyama, H., Tachibana, T., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Burst Transmission Algorithm to Improve Packet Level Performance in Contention-Free Slotted OBS Networks,'' Photonic Network Communications, vol. 20, no. 1, pp. 54-63, August 2010. doi:10.1007/s11107-010-0245-3
    36. Hernandez-Cons, N., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Dynamic Hello/Timeout Timer Adjustment in Routing Protocols for Reducing Overhead in MANETs,'' Computer Communications, vol. 33, no. 15, pp. 1864-1878, 15 September 2010. doi:10.1016/j.comcom.2010.06.011 (PDF)
    37. Tachibana, T., Oulad Nassar, B., and Kasahara, S., ``Hop-Based Burst-Cluster Transmission: Fairness Improvement in High-Performance OBS Networks,'' IEEE/OSA Journal of Optical Communications and Networking, vol. 3, no. 6, pp. 542-552, June 2011. doi:10.1364/JOCN.3.000542
    38. Nanao, S., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Queueing Analysis of Data Block Synchronization Mechanism in Peer-to-Peer Based Video Streaming System,'' Journal of Industrial and Management Optimization, vol. 7, no. 3, pp. 699-716, August 2011. doi:10.3934/jimo.2011.7.697
    39. Tainaka, T., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Performance Analysis of Burst Transmission Mechanism for IEEE 802.11-Based Multi-Hop Wireless LANs,'' IEEE Transactions on Wireless Communications, vol. 10, no. 9, pp. 2908-2917, September 2011. doi:10.1109/TWC.2011.071411.100593 (PDF)
    40. Kuraya, K., Masuyama, H., and Kasahara, S., ``Load Distribution Performance of Super-Node Based Peer-to-Peer Communication Networks: a Nonstationary Markov Chain Approach,'' Numerical Algebra, Control and Optimization, vol. 1, no. 4, pp. 593-610, December 2011. doi:10.3934/naco.2011.1.593
    41. Senda, S., Masuyama, H., and Kasahara, S., ``A Stochastic Fluid Model for On-Demand Peer-to-Peer Streaming Services," Numerical Algebra, Control and Optimization, vol. 1, no. 4, pp. 611-626, December 2011. doi:10.3934/naco.2011.1.611
    42. Nanao, S., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Effect of Node Churn on Frame Interval for Peer-to-Peer Video Streaming with Data-Block Synchronization Mechanism,'' Peer-to-Peer Networking and Applications, vol. 5, no. 3, pp. 244-256, 2012. doi:10.1007/s12083-011-0120-8
    43. Mitsumura, M., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Effect of Application-Layer Rate-Control Mechanism on Video Quality for Streaming Services,'' Journal of Industrial and Management Optimization, vol. 8, no. 4, pp. 807--819, November 2012. doi:10.3934/jimo.2012.8.807
    44. Yazane, T., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Effect of Network-Coding Overhead on End-to-End Throughput for Multihop Wireless Networks,'' Performance Evaluation, vol. 70, no. 1, pp. 14-27, 2013. doi:10.1016/j.peva.2012.09.005
    45. Phung-Duc, T., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``A Matrix Continued Fraction Approach to Multiserver Retrial Queues,'' Annals of Operations Research, vol. 202, no. 1, pp. 161-183, 2013. doi:10.1007/s10479-011-0840-4
    46. Konishi, Y., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Performance Analysis of Dynamic Spectrum Handoff Scheme with Variable Bandwidth Demand of Secondary Users for Cognitive Radio Networks,'' Wireless Networks, vol. 19, no. 5, pp. 607-617, 2013. doi:10.1007/s11276-012-0488-2
    47. Kato, K., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Block-Level Success and Loss Runs for Streaming Services over Wired-Wireless Networks,'' Journal of the Operations Research Society of Japan, vol. 56, no. 2, pp. 69-91, June 2013. (PDF)
    48. Katayama, H., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Effect of Spectrum Sensing Overhead on Performance for Cognitive Radio Networks with Channel Bonding,'' Journal of Industrial and Management Optimization, vol. 10, no. 1, pp. 21-40, 2014. doi:10.3934/jimo.2014.10.21
    49. Hirai, T., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Performance Analysis of Large-Scale Parallel-Distributed Processing with Backup Tasks for Cloud Computing,'' Journal of Industrial and Management Optimization, vol. 10, no. 1, pp. 113-129, 2014. doi:10.3934/jimo.2014.10.113
    50. Hashimoto, K., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Performance Analysis of Backup-Task Scheduling with Deadline Time in Cloud Computing,'' Journal of Industrial and Management Optimization, vol. 11, no. 3, pp. 867-886, July 2015. doi:10.3934/jimo.2015.11.867
    51. Kato, M., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Effect of Energy-Saving Server Scheduling on Power Consumption for Large-Scale Data Centers,'' Journal of Industrial and Management Optimization, vol. 12, no. 2, pp. 667-685, April 2016. doi:10.3934/jimo.2016.12.667
    52. Hirai, T., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Performance Analysis of Task Replication in Large-Scale Parallel-Distributed Processing: An Extreme Value Theory Approach,'' Journal of the Operations Research Society of Japan, vol. 59, no. 2, pp. 174-194, April 2016. doi:10.15807/jorsj.59.174
    53. Komatsu, N., Sasabe, M., Kawahara, J., and Kasahara, S., ``Automatic Evacuation Guiding Scheme Based on Implicit Interactions between Evacuees and Their Mobile Nodes,'' GeoInformatica, pp. 1-15, 2016. doi:10.1007/s10707-016-0270-1
    54. Itoi, J, Sasabe, M., Kawahara, J., and Kasahara, S., ``An Offline Mobile Application for Automatic Evacuation Guiding,'' Scientific Phone Apps and Mobile Devices, vol. 3:1, 2017. doi:10.1186/s41070-017-0013-1
    55. Eguchi, R., Ono, N., Horai, H., Md.Altuf-Ul Amin, Morita Hirai, A., Kawahara, J., Kasahara, S., Endo, T., and Kanaya, S., ``Classification of Alkaloid Compounds Based on Subring Skeleton (SRS) Profiling: On Finding Relationship of Compounds with Metabolic Pathways,'' Journal of Computer Aided Chemistry, vol. 18, pp. 58-75, 2017. doi:10.2751/jcac.18.58
    56. Kasai, Y., Sasabe, M., and Kasahara, S., ``Congestion-Aware Route Selection in Automatic Evacuation Guiding Based on Cooperation between Evacuees and Their Mobile Nodes,'' EURASIP Journal on Wireless Communications and Networking, vol. 2017:164, 2017. doi:10.1186/s13638-017-0948-6
    57. Hirai, T., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Performance Optimization of Parallel-Distributed Processing with Checkpointing for Cloud Environment,'' To appear in Journal of Industrial and Management Optimization.
    58. Kasahara, S., and Kawahara, J., ``Effect of Bitcoin Fee on Transaction-Confirmation Process,'' To appear in Journal of Industrial and Management Optimization. arXiv:1604.00103

  • 学術論文 (レター)
    1. 安達 直世, 新田 益大, 笠原 正治, 杉本 謙二, ``インターネットを経由した倒立振子の安定化実験," 電子情報通信学会論文誌 A, vol. J90-A, no. 8, pp. 666-672, 2007.

  • 学術論文 (Chapter in Book)
    1. Kirihara, K., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``FEC Recovery Performance for Video Streaming Services Based on H.264/SVC,'' Recent Advances on Video Coding, Ed. Javier Del Ser Lorente, InTech, ISBN 978-953-307-181-7, pp. 259-272, July 2011.
    2. Sakata, T., and Kasahara, S., ``A Data Center Queueing Model with Power Management Scheme Depending on the Number of Jobs in System,'' To appear in Stochastic Operations Research in Business and Industry, Eds. Tadashi Dohi, Katsunori Ano, and Shoji Kasahara, World Scientific Publishing.

  • 著書
    1. 滝根哲哉 編著, 情報通信ネットワーク, オーム社, 2013年12月20日発行. 9章, 12章, および15章4節を執筆.

  • 国際会議(査読有)
    1. Kasahara, S., Takagi, H., Takahashi, Y. and Hasegawa, T., ``M/G/1/K System with Push-out Scheme under Vacation Policy," Telecommunication Systems Conference: Modeling and Analysis, Nashville, TN, USA, Feb. 28 - March 3, 1993, pp. 131-137.
    2. Yoshihara, T., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Practical Time-Scale Fitting of Self-Similar Traffic with Markov-Modulated Poisson Process" 6th International Conference on Telecommunication Systems: Modelling and Analysis, Nashville, TN, USA, March 5-8, 1998, pp. 231-235.
    3. Adachi, N., Kasahara, S. and Takahashi, Y., ``Simulation Study on ATM Network Integrating CATV and Internet: Experimental Testbed in Kobe for Constructing Robust Information Network against Destructive Disaster," (Extended Abstract), 6th International Conference on Telecommunication Systems: Modelling and Analysis, Nashville, TN, USA, March 5-8, 1998, p.257.
    4. Kasahara, S. and Hasegawa, T., ``Sample-Path Analysis of Queueing Systems with Leaky Bucket," IFIP TC6/WG6.2 Fourth International Conference on Broadband Communications '98, Stuttgart, Germany, April 1-3, 1998, pp. 435-446.
    5. Yamada, K., Adachi, N., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``On the Characteristics of Cell Stream in ATM Network Integrating CATV and Internet," 7th International Conference on Telecommunication Systems: Modelling and Analysis, Nashville, TN, USA, March 18-21, 1999, pp. 306-315.
    6. Morita, T., Tatezumi, H., Kawanishi, Y., Kasahara, S., Takine,T. and Takahashi, Y. ``Simulation and Experimental Study on ATM Multi-node Integrated Connection" 7th International Conference on Telecommunication Systems: Modelling and Analysis, Nashville, TN, USA, March 18-21, 1999, pp. 380-386.
    7. Adachi, N., Kasahara, S. and Takahashi, Y., ``Jitter Behavior of MPEG2 Stream in Self-Similar Traffic of ATM Network Integrating CATV and Internet," in Proceedings of IFIP 7th Workshop on Performance Modelling and Evaluation of ATM & IP Networks (IFIP ATM'99), Antwerp, Belgium, June 28-30, 1999.
    8. Morita, T., Tatezumi, H., Kawanishi, Y., Kasahara, S., Takine, T. and Takahashi, Y., ``Relation between the Cell Jitter and the Distortion of MPEG Pictures on ATM Multi-node Integrated Connection," 8th International Conference on Telecommunication Systems: Modelling and Analysis, Nashville, TN, USA, March 9-12, 2000, pp. 510-517.
    9. Sasaki, T., Kasahara, S. and Takahashi, Y., ``A Generation Method of Pseudo Self-Similar Process with Wavelet Transformation," 8th International Conference on Telecommunication Systems: Modelling and Analysis, Nashville, TN, USA, March 9-12, 2000, pp. 165-173.
    10. Yamanaka, S., Kasahara, S. and Takahashi, Y., ``Modeling and Performance Analysis of Cellular Networks with Handoff Calls Waiting," 8th International Conference on Telecommunication Systems: Modelling and Analysis, Nashville, TN, USA, March 9-12, 2000, pp. 351-357.
    11. Kasahara, S., ``Time-Scale Impact on Queueing System with Finite Buffer using Pseudo Self-Similar Input," in Proceedings of APORS'2000, Singapore, July 5-7, 2000.
    12. Kamiishi, Y., and Kasahara, S., ``Performance Analysis of TCP over Wired-Wireless Networks with Go-back-N ARQ Protocol," 9th International Conference on Telecommunication Systems: Modelling and Analysis, Dallas, Texas USA, March 15-18, 2001, pp. 614-622.
    13. Morita, T., Tatezumi, H., Kawanishi, Y., Kasahara, S., Takine, T. and Takahashi, Y., ``Tolerance of MPEG Pictures for the Burst Traffic on Multi-node Integrated Connection," 9th International Conference on Telecommunication Systems: Modelling and Analysis, Dallas, Texas USA, March 15-18, 2001, pp. 192-198.
    14. Tachibana, T., and Kasahara, S., ``Performance Analysis of Dynamic Light-path Configuration with GMPLS for WDM Asymmetric Ring Networks," IFIP TC6 Networking 2002, Pisa, Italy, 2002, pp. 972-983. doi:10.1007/3-540-47906-6_79
    15. Tachibana, T., and Kasahara, S., ``Performance Analysis of Dynamic Light-path Configuration for WDM Tandem Networks," 10th International Conference on Telecommunication Systems: Modelling and Analysis, Oct. 3-6, 2002, pp. 679-688.
    16. Sakurai, H., Kasahara, S., and Adachi, N., ``Internet Pricing and User Opt-Out Strategy under Two ISPs Competition," International Network Optimization Conference 2003 (INOC 2003), Evry/Paris, France, October 27-29, 2003, pp. 495-500.
    17. Tachibana, T., Ajima, T., and Kasahara, S., ``Round-Robin Burst Assembly and Constant Transmission Scheduling for Optical Burst Switching Networks," IEEE GLOBECOM 2003, San Francisco, CA, USA, no. 1, December 2003, pp. 2772-2776. doi:10.1109/GLOCOM.2003.1258740
    18. Ueda, M., Tachibana, T., and Kasahara, S., ``A Preemptive Scheme Based on the Number of Hops for Immediate Reservation Protocol in Optical Burst Switching Networks," 9th OptoElectronics and Communications Conference/ 3rd International Conference on Optical Internet (OECC/COIN 2004), Yokohama, Japan, July 2004, pp. 388-389.
    19. Tachibana, T., Ueda, M., and Kasahara, S., ``A Preemptive Scheme with Two-Way Release Message Transmission in Optical Burst Switching Networks," IEEE GLOBECOM 2004, Dallas, Texas, USA, no. 1, December 2004, pp. 4081-4081. doi:10.1109/GLOCOM.2004.1378343
    20. Arima, S., Tachibana, T., and Kasahara, S., ``FEC-Based Burst Loss Recovery for Multiple-Bursts Transmission in Optical Burst Switching Networks," IEEE GLOBECOM 2005, St. Louis, Missouri, USA, vol. 24, no. 1, November 2005, pp. 2056-2060. doi:10.1109/GLOCOM.2005.1578027
    21. Senda, S., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``FEC Performance in Large File Transfer over Bursty Channels," Performance Modelling and Evaluation of Heterogeneous Networks (HET-NETs'06), West Yorkshire, U.K., pp. P07/1-P07/10, 2006.
    22. Phung-Duc, T., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Burst Segmentation with Upper-Layer Retransmission and Its Effect on Wavelength Utilization for Optical Burst Switched Networks," The First International Conference on Communications and Electronics (ICCE'06), Hanoi, Vietnam, pp. 35-40, October 2006. doi:10.1109/CCE.2006.350840
    23. Tachibana, T., Kasahara, S., and Harai, H., ``Simulation Study of Hop-Based Burst-Cluster Transmission for Delay-Sensitive Traffic in Optical Burst Switching Networks," Asian Simulation Conference 2006 (ASC 2006), pp. 406-410, Tokyo, Japan, 30 Oct.- 1 Nov., 2006. doi:10.1007/978-4-431-49022-7_82
    24. Tachibana, T., Kasahara, S., and Harai, H., ``Burst-Cluster Transmission Based on the Number of Hops for Improving Fairness in Optical Burst Switching Networks," IEEE GLOBECOM 2006, San Francisco, CA, USA, 2006. doi:10.1109/GLOCOM.2006.382
    25. Muraoka, S., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Performance Analysis of FEC Recovery Using Finite-Buffer Queueing System with General Renewal and Poisson Inputs," Managing Traffic Performance in Converged Networks (Proceedings of the 20th International Teletraffic Congress - ITC20), LNCS4516, Springer-Verlag, pp. 707-718, 2007. doi:10.1007/978-3-540-72990-7_62
    26. Tachibana, T., Kasahara, S., and Sugimoto, K., ``Dynamic Lightpath Establishment for Service Differentiation Based on Optimal MDP Policy in All-Optical Networks with Wavelength Conversion," 2007 IEEE International Conference on Communications (ICC 2007), Glasgow, U.K., 24-28 June 2007. doi:10.1109/ICC.2007.350
    27. Kirihara, K., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Performance Analysis of a Decentralized Content Delivery System with FEC Recovery," Queueing Theory and Network Applications 2007 (QTNA 2007), pp. 243-252, Kobe, August 1-4, 2007. The paper also appears as a selected paper in Advances in Queueing Theory and Network Applications, Eds., W. Yue, Y. Takahashi and H. Takagi, Springer, pp.265-279, 2009. doi:10.1007/978-0-387-09703-9_15
    28. Kasahara, S., Tamura, Y., and Takahashi, Y., ``Performance Analysis of File Sharing Services Based on Flooding Search for Overlay Networks," Australasian Telecommunication Networks and Applications Conference 2007 (ATNAC 2007), Christchurch, New Zealand, pp. 209-214, 2-5 December 2007. doi:10.1109/ATNAC.2007.4665246
    29. Kuraya, K., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Performance Analysis of Decentralized User Information Management System for Peer-to-Peer Real-Time Communication Services," The 6th International Symposium on Communication Systems, Network and Digital Signal Processing (CSNDSP08), Graz, Austria, pp. 520-524, 23-25 July 2008. doi:10.1109/CSNDSP.2008.4610821
    30. Tainaka, T., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``An Analytical Approach to Throughput Unfairness in IEEE 802.11 Multihop Wireless LANs," The Third Asia-Pacific Symposium on Queueing Theory and Network Applications (QTNA 2008), Taipei, Taiwan, pp. 23-30, July 30-August 2, 2008.
    31. Phung-Duc, T., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Analytical Solutions for M/M/3/3 and M/M/4/4 Retrial Queues," The Third Asia-Pacific Symposium on Queueing Theory and Network Applications (QTNA 2008), Taipei, Taiwan, pp. 241-250, July 30-August 2, 2008.
    32. Phung-Duc, T., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Analytical Solutions for State-Dependent M/M/c/c+r Retrial Queues with Bernoulli Abandonment,'' The Fourth International Conference on Queueing Theory and Network Applications (QTNA 2009), Singapore, July 29-31, 2009. doi:10.1145/1626553.1626570
    33. Heristyo, A., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``User-Search Time Analysis for Hierarchical Peer-to-Peer Overlay Networks with Time-Dependent User-Population Process,'' The Fourth International Conference on Queueing Theory and Network Applications (QTNA 2009), Singapore, July 29-31, 2009. doi:10.1145/1626553.1626558
    34. Kato, K., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Analysis of Consecutive Block-Loss for Streaming Services,'' IEEE ICC 2010, Cape Town, Republic of South Africa, May 23-27, 2010. doi:10.1109/ICC.2010.5502127
    35. Yazane, T., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``End-to-End Throughput Analysis of Multihop Wireless Networks with Network Coding,'' IEEE ICC 2010, Cape Town, Republic of South Africa, May 23-27, 2010. doi:10.1109/ICC.2010.5501915
    36. Nanao, S., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Performance Analysis of Data Block Synchronization Mechanism in Coolstreaming,'' The 5th International Conference on Queueing Theory and Network Applications (QTNA 2010), Beijing, China, July 24-26, 2010. doi:10.1145/1837856.1837865
    37. Phung-Duc, T., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``A Simple Algorithm for the Rate Matrices of Level-Dependent QBD Processes,'' The 5th International Conference on Queueing Theory and Network Applications (QTNA 2010), Beijing, China, July 24-26, 2010. doi:10.1145/1837856.1837864
    38. Mitsumura, M., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Buffer-Overflow and Starvation Probabilities for Video Streaming Services with Application-Layer Rate-Control Mechanism,'' The 6th International Conference on Queueing Theory and Network Applications (QTNA 2011), Seoul, Korea, pp. 134-138, 2011. doi:10.1145/2021216.2021236
    39. Bein, W. W., Hatta, N., Hernandez-Cons, N., Ito, H., Kasahara, S., and Kawahara, J., ``An Online Algorithm Optimally Self-Tuning to Congestion for Power Management Problems,'' 9th Workshop on Approximation and Online Algorithms (WAOA 2011), Saarbru"cken, Germany, 8-9 September 2011, LNCS 7164, pp.35-48, 2012. doi:10.1007/978-3-642-29116-6_4
    40. Konishi, Y., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Performance Analysis of Dynamic Spectrum Access with Channel Bonding for Cognitive Radio Networks,'' The 7th International Conference on Queueing Theory and Network Applications (QTNA2012), Kyoto, Japan, 1-3 August 2012.
    41. Hirai, T., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Effect of Backup Tasks on Response Time Performance for Cloud Computing,'' The 7th International Conference on Queueing Theory and Network Applications (QTNA2012), Kyoto, Japan, 1-3 August 2012.
    42. Katayama, H., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``The Effect of Spectrum Sensing Overhead on Throughput Performance for Cognitive Radio Networks with Channel Bonding,'' The 7th International Conference on Queueing Theory and Network Applications (QTNA2012), Kyoto, Japan, 1-3 August 2012.
    43. Hashizume, K., Phung-Duc, T., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Queueing Analysis of Internet-Based Call Centers with Interactive Voice Response and Redial,'' The 17th International Workshop on Computer-Aided Modeling Analysis and Design of Communication Links and Networks (IEEE CAMAD 2012), Barcelona, Spain, pp.373-377, 17-19 September, 2012. doi:10.1109/CAMAD.2012.6335371
    44. Hashimoto, K., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Effect of Deadline Time on Job Completion Time for Backup-Task Scheduling in Cloud Computing,'' The 8th International Conference on Queueing Theory and Network Applications (QTNA2013), Taichung, Taiwan, pp. 23-29, 30 July - 2 August, 2013.
    45. Kato, M., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Performance Analysis of Energy-Saving Server Scheduling Mechanism for Large-Scale Data Centers,'' The 9th International Conference on Queueing Theory and Network Applications (QTNA2014)}, Bellingham, USA, pp. 28-35, 18-21 August, 2014.
    46. Sakata, T., and Kasahara, S., ``Multi-server Queue with Job Service Time Depending on a Background Process,'' T. V. Do, Y. Takahashi, W. Yue, and V.-H. Nguyen Eds., Queueing Theory and Network Applications, Advances in Intelligent Systems and Computing, vol. 383, pp. 163-171, 2015. (Proceedings of The 10th International Conference on Queueing Theory and Network Applications (QTNA2015), Hanoi, Vietnam, 17-20 August, 2015.) doi:10.1007/978-3-319-22267-7_15
    47. Komatsu, N., Sasabe, M., Kawahara, J., and Kasahara, S., ``Automatic Evacuation Guiding Scheme Using Trajectories of Mobile Nodes,'' M.~Younas, I.~Awan, and M.~Mecella Eds., Mobile Web and Intelligent Information Systems (Proceedings of The 12th International Conference on Mobile Web and Intelligent Information Systems (MobiWis 2015), Rome, Italy, 24-26 August 2015), LNCS, vol. 9228, pp. 3-14, 2015. doi:10.1007/978-3-319-23144-0_1
    48. Tuchin, A. E., Sasabe, M., and Kasahara, S., ``A Simple Algorithm of Centralized Flow Management for Data Centers,'' The 22nd Asia-Pacific Conference on Communications (APCC 2016), Yogyakarta, Indonesia, pp. 268-273, 25-27 August, 2016. doi:10.1109/APCC.2016.7581436
    49. Komatsu, N., Sasabe, M., and Kasahara, S., ``On Information Sharing Scheme for Automatic Evacuation Guiding System Using Evacuees' Mobile Nodes,'' M. Younas, I. Awan, N. Kryvinska, C Strauss, and D. van Thanh Eds., Mobile Web and Intelligent Information Systems (The 13th International Conference on Mobile Web and Intelligent Information Systems (MobiWis 2016), Vienna, Austria, August 22-24, 2016), LNCS, vol. 9847, pp. 213-221, 2016. doi:10.1007/978-3-319-44215-0_17
    50. Apichanukul, W., Kawahara, J., and Kasahara, S., ``Accuracy Improvement for Backup Tasks in Hadoop Speculative Algorithm,'' 2016 IEEE International Conference on Computer and Information Technology (CIT), Nadi, Fiji, pp. 500-507, Dec. 7-10, 2016. doi:10.1109/CIT.2016.17
    51. Maeda, A., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Dynamic Task Scheduling for Energy Harvesting Nodes in Wireless Sensor Networks,'' The 11th International Conference on Queueing Theory and Network Applications (QTNA2016), Wellington, New Zealand, 13-15 December, 2016. doi:10.1145/3016032.3016054
    52. Hara, T., Sasabe, M., and Kasahara, S., ``Short and Reliable Path Selection for Automatic Evacuation Guiding Based on Interactions between Evacuees and Their Mobile Nodes,'' To be presented in The 14th International Conference on Mobile Web and Intelligent Information Systems (MobiWis 2017), Prague, Czech Republic, August 21-23, 2017. doi:10.1007/978-3-319-65515-4_3
    53. Kawase, Y., and Kasahara, S., ``Transaction-Confirmation Time for Bitcoin: A Queueing Analytical Approach to Blockchain Mechanism,'' Queueing Theory and Network Applications (12th International Conference, QTNA2017, Qinhuangdao, China, August 21-23, 2017, Proceedings), W. Yue, Q.-L. Lin, S. Jin, and Z. Ma Eds., LNCS, vol. 10591, pp. 75-88, 2017. doi:10.1007/978-3-319-68520-5_5
    54. Nojima, H., Kasahara, S., and Minato, K., ``Promotion of InfoEver SIG (Special Interest Group), the Research Group Seeking to Establish a Grand Design for Long-Term Preservation of Digital Information in the Super Smart Society,'' To be presented in The 14th International Conference on Digital Preservation (iPRES 2017), Kyoto, Japan, September 25-29, 2017.
    55. Nishida, T., Sasabe, M., and Kasahara, S., ``Maximizing Communication Opportunity for Collaborative Spectrum Sensing in Cognitive Radio Networks,'' To be presented in International Telecommunication Networks and Applications Conference 2017 (ITNAC 2017).
  • 国際会議(招待論文)
    1. Kasahara, S., ``Sample-Path Analysis of Multiplexing System with Generalized Processor Sharing Discipline,'' IFORS'99, Beijing, China, Abstract in Final Program, p.8, August 16-20, 1999.
    2. Adachi, N., Kasahara, S. and Takahashi, Y., ``Active Rate-Management Algorithm for Jitter Reduction over ATM ABR Service,'' INFORMS-KORMS 2000, Seoul, Korea, Jun. 18-21, 2000.
  • 国際会議(その他)
    1. Adachi, N., and Kasahara, S., ``Simulation Study on Contents Delivery Protocol with TCP-friendly Rate Control for Streaming Applications ,'' IFORS2002, Edinburgh, UK, Abstract in Final Program, p.131, July 8-12, 2002.
    2. Kawanami, H., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Performance Analysis of a Centralized Slot Assignment Algorithm for Optical Burst Switched Networks,'' Asia-Pacific Symposium on Queueing Theory and its Application to Telecommunication Networks, Soul, Korea, 2006.
    3. Kawanami, H., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Performance Analysis of Optical Switched Networks with Two-Way Reservation,'' Proceedings of the Second International Conference on Informatics Research for Development of Knowledge Society Infrastructure (ICKS '07), pp.111-118, January 2007.
    4. Phung-Duc, T., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Matrix Continued Fraction Approach to Level-Dependent QBD Process and Its Application to Mutiserver Retrial Queues,'' Third Madrid Conference on Queueing Theory (MCQT'10), Toled, Spain, June 28 - July 1, 2010.
    5. Hirai, T., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Performance Analysis of Large-Scale Parallel-Distributed Processing System in Cloud Computing,'' IFORS 2011, Melbourne, Australia, Abstract in Final Program, p. 25, Jul. 10-15, 2011.
    6. Konishi, Y., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Performance Analysis of Dynamic Spectrum Handoff Scheme for Cognitive Radio Networks: A Case of Fixed Number of Subbands Allocation,'' IFORS 2011, Melbourne, Australia, Abstract in Final Program, p. 25, Jul. 10-15, 2011.
    7. Mitsumura, M., Masuyama, H., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Performance Analysis of Application-Layer Rate-Control Mechanism for Video Streaming Using a Single-Server Queue with a State-Dependent Arrival Process,'' IFORS 2011, Melbourne, Australia, Abstract in Final Program, p. 25, Jul. 10-15, 2011.
    8. Nakahata, Y., Kawahara J., Horiyama, T., and Kasahara, S., ``Enumerating All Rooted Shortest Path Forests Using Zero-suppressed Binary Decision Diagrams,'' The 20th Korea-Japan Joint Workshop on Algorithms and Computation (WAAC 2017), Hanyang University, Seoul, Korea, August 25-26, 2017.
  • 招待講演
    1. 笠原正治, ``インターネットトラヒックモデリング -通信トラヒック理論からインターネット設計理論へ-,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2001-217), pp. 25-30, 2002.2.22.
    2. 笠原正治, ``確定的トラヒックフローの理論とネットワーク設計への展開,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2007-9), pp.49--54, 2007.4.19.
    3. 笠原正治, ``エルゴード的マルコフ連鎖とネットワークシステム性能評価,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2010-125, RCS2010-179), pp.121-126, 2010.12.16.
    4. 笠原正治, ``パケットレベルの誤り訂正を考慮した映像品質評価モデリング,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (CS2013-73, IE2013-84), pp.93-98, 2013.12.5.
    5. 笠原正治, ``ビットコインのしくみとマイクロペイメントに向けた優先制御メカニズム,'' 電子情報通信学会 通信方式研究会 第二種研究会 第28回情報伝送と信号処理ワークショップ 「IoT時代の情報通信を考える」講演予稿集, pp.19-24, 2015.11.11-12.
  • 研究報告(講演・セミナー)
    1. Kasahara, S., ``MAP/G/1 Queues under N-Policy with and without Vacations,'' Operations Research Colloquium, Dept. of Operations Research, University of North Carolina at Chapel Hill, NC, USA, 1996.4.4.
    2. 笠原正治, ``Approximation of Loss Probability for Multiplexing System with Large Number of On-Off Sources Regulated by Leaky Bucket,'' 平成9年度第4回KSMAP(日本オペレーションズ・リサーチ学会 関西支部研究会: OR若手の会), 奈良先端大, 1997.11.13.
    3. 笠原正治, ``自己相似過程に対するMMPP分散フィッティング法,'' 日本OR学会関西支部 「確率モデルと最適化」研究部会, 2000.10.13.
    4. 笠原正治, ``Multiscale Variance Fitting for Self-Similar Process with Markov-Modulated Poisson Process,'' 日本OR学会 待ち行列研究部会, 2001.11.17.
    5. 笠原正治, ``光バースト交換技術の動向と待ち行列モデル,'' 日本OR学会 待ち行列研究部会, 2004.4.17.
    6. 笠原正治, ``光バースト交換網におけるタイマー型バースト生成機構の性能評価,'' 日本OR学会関西支部「情報ネットワーク性能評価」研究部会, 2004.5.25.
    7. 笠原正治, 田村康生, 高橋豊, ``オーバレイネットワーク技術の動向と二層型待ち行列網モデルによるエンド・ツウ・エンド遅延解析,'' 日本OR学会 待ち行列研究部会, 2006.4.15.
    8. 笠原正治, ``二層型待ち行列網モデルを用いたオーバレイ網のファイル転送遅延解析,'' 日本OR学会「情報ネットワーク性能評価」研究部会, 2006.7.25.
    9. 笠原正治, ``フラッディング検索機構を有するP2Pファイル共有サービスの性能解析,'' 日本OR学会「情報ネットワーク性能評価」研究部会・甲南大学 知的情報通信研究所共催第二十回研究会, 2008.2.22.
    10. 笠原正治, ``待機電力問題に対する最適係数法アルゴリズムと無限サーバ待ち行列による平均電力消費量解析,'' 日本OR学会 待ち行列研究部会, 2011.11.19.
    11. 笠原正治, ``クラウド・コンピューティングにおけるタスクスケジューリング問題と確率論的アプローチ,'' JST ERATO 湊離散構造処理系プロジェクト セミナー講演, 北海道大学, 2012.12.6.
    12. 笠原正治, ``大規模分散並列処理系におけるバックアップタスク型ジョブ・スケジューリング,'' 日本OR学会 「不確実性システムにおける意思決定」研究部会 第6回研究会, 2014.4.12.
    13. 笠原正治, ``ビットコインのトランザクション認証と待ち行列モデル,'' 日本OR学会 待ち行列研究部会, 2014.11.22.
    14. Kasahara, S., ``Backup-Task Scheduling with Deadline Time in Cloud Computing,'' CS Seminar, Department of Computer Science, School of Computing, National University of Singapore, Singapore, 2015.2.4.
    15. 笠原正治, ``Bitcoinにおけるブロック・チェーン技術と応用可能性,'' NAISTワークショップ「超サイバー社会における長期記録:InfoEver」, けいはんなオープンイノベーションセンター, 2016.3.7.
    16. 笠原正治, ``ビットコインのしくみ 〜トランザクション承認処理における優先制御メカニズム〜,'' 第66回けいはんな異業種交流会 けいはんなサイエンスカフェ, 2016.8.24.
    17. 笠原正治, ``情報システム性能評価に対する極値理論的アプローチ,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会 関西支部 2016 年度 若手研究発表会, 2016.10.29.
    18. 笠原正治 ``集団サービスを持つ優先権付き待ち行列によるビットコイン・トランザクション承認時間解析,'' 日本OR学会 待ち行列研究部会, 2016.12.17.
    19. 笠原正治, ``ビットコインのトランザクション処理メカニズムと数理モデリング,'' 光ネットワーク超低エネルギー化技術拠点 (VICTORIES) ネットワーク・アーキテクチャ・スタディ・グループ (NASG3) 第12回レクチャーシリーズ 講演, 2017.2.27.
    20. 笠原正治, ``ビットコインにおける確率モデリング ~マイニングとトランザクション処理の数理~,'' 日本OR学会 「数理的発想とその実践」研究部会 第12回研究集会, 2017.7.22.
    21. 笠原正治, ``情報システム評価に対する極値理論の応用,'' 2017年 日本オペレーションズ・リサーチ学会 中国・四国地区SSOR, 2017.9.7.
  • 研究会・全国大会
    1. 笠原正治, 高橋豊, 長谷川利治, ``有限待合室を有する M/G/1/K シス テムの3種類のサービス規範における待ち時間の解析,'' 電子情報通信学会 システムのモデリングと性能評価時限研究会, 1989年11月 21-22日.
    2. 笠原正治, 高橋豊, 長谷川利治, ``Analysis of Waiting Time of M/G/1/K System with Vacations under Random Scheduling and LCFS,'' 電子情報通信学会 交換システム研究会, SSE90-107, pp. 7-12, 1991年1月 17, 18日.
    3. 笠原正治, 滝根哲哉, 高橋豊, 長谷川利治, ``MAP/G/1 Queues under N-policy with and without Vacations,'' 情報通信ネットワークに関する性能評価モデルの総合的研究シンポジウム報 文集, pp. 155-166, 1994.1.19-21.
    4. 笠原正治, 伊藤誠, 辻斉, 藤井康雄, 矢島脩三, ``フリーソフトを活用した分散環境教育用計算機システムの構築,'' 平成6年度情報処理教育研究集会講演論文集, pp. 468-471, 1994.12.1-2.
    5. 辻斉, 伊藤誠, 笠原正治, 藤井康雄, 矢島脩三, ``一般情報処理教育でパーソナルコンピュータを運用する上での問題点とその解決,'' 平成7年度情報処理教育研究集会講演論文集, pp. 233-236, 1995.12.14-5.
    6. 笠原正治, 伊藤誠, 辻斉, 藤井康雄, 矢島脩三, ``キャンパスネットワークを活用した情報処理教育システムの運用,'' 情報処理学会分散システム運用技術研究会, 96-DSM-2, pp. 31-36, 1996.
    7. 川西康之, 山岸健太郎, 笠原正治, 高橋豊, ``兵庫県CATVインターコネクトプロジェクトにおけるATM網シミュレーションモデルの研究,'' 電子情報通信学会1998年総合大会, 講演論文集, 通信2(B-6-110), p.110, 1998.3.
    8. 吉原忠史, 笠原正治, 高橋豊, ``Variance Fitting Method of Self-Similar Traffic with Markov-Modulated Poisson Process,'' 情報通信ネットワークの新しい性能評価法に関する総合的研究シンポジウム報文集, pp. 170-179, 1999.1.25-27.
    9. 立住裕史, 森田哲朗, 植田展生, 川西康之, 笠原正治, 滝根哲哉, 高橋豊, ``多段接続されたATM網におけるMPEG2セル・ジッタの統計的性質,'' 電子情報通信学会1999年総合大会, 講演論文集, 通信2(B-6-14), 1999.3.
    10. 安達直世, 笠原正治, 高橋豊, ``通信・放送統合型ATM網におけるMPEG2セルのシミュレーションによるジッタ評価,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会1999年度秋季研究発表会, アブストラクト集, pp. 102-103, 1999.9.20-21.
    11. Alexelis, A., Kasahara, S., Sugimoto, K., and Takahashi, Y., ``A Rate Control Scheme for the ATM ABR Service Class,'' 電子情報通信学会2000年総合大会, 講演論文集, 通信2 (B-6-4), 2000.3.
    12. 立住裕史, 森田哲朗, 奈賀浩, 川西康之, 笠原正治, 滝根哲哉, 高橋豊, ``多段接続されたATM網におけるMPEG2セル・ジッタによる映像の乱れとその改善方法,'' 電子情報通信学会2000年総合大会, 講演論文集, 通信2 (B-11-2), 2000.3.
    13. Alexelis, A., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``A Rate Adjustment-based Congestion Control Scheme for the ABR Service Class of ATM Networks,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (SSE2000-5), pp. 25-30, 2000.4.20.
    14. 佐々木隆志, 笠原正治, 高橋豊, ``ウェーブレット変換による疑似自己相似過程の生成,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2000-34), pp. 9-16, 2000.6.9. (日本オペレーションズ・リサーチ学会待ち行列研究部会共催研究会)
    15. 笠原正治 ``擬似自己相似入力と有限バッファを持つ待ち行列システムの棄却率評価,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2000-35), pp. 17-24, 2000.6.9. (日本オペレーションズ・リサーチ学会待ち行列研究部会共催研究会)
    16. 森田哲郎, 立住裕史, 福永康志, 川西康之, 笠原正治, 滝根哲哉, 高橋豊, ``ATM伝送系におけるセルジッタによるMPEG映像乱れの改善手法,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2000-34), pp. 67-72, 2000.7.13-14.
    17. 安達直世, 笠原正治, 高橋豊, ``ATM-ABR上でのジッタ抑制を目的とした能動的レート制御アルゴリズム,'' 電子情報通信学会2000年ソサイエティ大会, 講演論文集, 通信2 (B-6-1), 2000.9.30.
    18. 安達直世, 笠原正治, 高橋豊, ``ATM-ABRサービスカテゴリにおけるマルチメディア通信のためのジッタ抑制制御手法,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (SSE2000-205), pp. 41-46, 2000.12.15.
    19. 橘拓至, 笠原正治 ``MPLS-based WDM ネットワークにおける動的波長パス設定法の性能評価,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (SSE2001-295), pp. 427-434, 2001.3.9.
    20. 立住裕史, 森田哲朗, 石田憲二, 川西康之, 笠原正治, 滝根哲哉, 高橋豊, ``ATM伝送系におけるトラヒックシェーピングによるMPEG映像乱れ改善の適用性,'' 電子情報通信学会2001年総合大会, 講演論文集, 通信2 (B-11-7), 2001.3.27.
    21. 笠原正治, ``自己相似過程に対する分散フィッティング法と待ち行列システムの特性量評価,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2001-35), pp. 21-26, 2001.5.25.
    22. Adachi, N., Kasahara, S., and Takahashi, Y., ``Simple Cell Scheduling for Application Level Jitter Reduction over ATM-ABR service,'' 電子情報通信学会2001年ソサイエティ大会, 講演論文集, 通信2 (SB-9-3), 2001.9.18. 2001 IEICE Communications Society General Conference Young Investigators Award Paper として IEICE Communications Society Global News Letter, vol. 1, no. 1, pp. 20-21, 2002, に再掲載.
    23. 安達直世, 笠原正治, 高橋豊, ``ATM-ABRサービスカテゴリにおけるジッタ抑制手法の公平性と遅延特性,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2001-139), pp. 31-36, 2001.10.19.
    24. 橘拓至, 笠原正治, ``WDMリング網におけるGMPLSを用いた波長パス設定方式の性能評価: トラフィック量がネットワークに与える影響の検討,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2001-140), pp. 37-42, 2001.10.19.
    25. Tachibana, T., and Kasahara, S., ``Queueing Analysis of Dynamic Lightpath Configuration Method for WDM Symmetric Ring Networks,'' 「待ち行列理論とその応用: 未来への展望」シンポジウム報文集, pp. 11-20, 2002.1.21-23.
    26. 橘拓至, 笠原正治, ``非対称WDMリング網における動的波長パス設定法の効果,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2002-14), pp. 53-56, 2002.4.18.
    27. 橘拓至, 笠原正治, ``複数QoSクラスをもつ波長ルーティング網における共有波長の効果,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2002-13), pp. 7-12, 2002.6.20. (日本オペレーションズ・リサーチ学会待ち行列研究部会共催研究会)
    28. 橘拓至, 笠原正治, ``Limited-range波長変換が共有波長割り当て方式に及ぼす影響,'' インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 次世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NGN) ワークショップ (ITRC-NGN 2002), pp. 45-50, 2002.8.19-20.
    29. 安達直世, 笠原正治, ``コンテンツ配信ネットワークのためのQoS保証型マルチキャストプロトコル,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2002-156), pp. 9-12, 2002.10.25.
    30. 橘拓至, 笠原正治, ``波長ルーティング網におけるQoS保証型波長割り当て方式,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2002-184, PS2002-58), pp. 9-12, 2002.12.16.
    31. Tachibana, T., and Kasahara, S., ``Performance Analysis of QoS-Guaranteed Wavelength Allocation for WDM Networks,'' 待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」, pp. 239-248, 2003.1.20-22.
    32. 橘拓至, 笠原正治, ``光パス網における光パケットスイッチングの性能解析 −コアノードにおける光パケット棄却率の導出−,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2002-281, IN2002-254), pp. 125-128, 2003.3.7.
    33. 安島智也, 橘拓至, 笠原正治, 杉本謙二, ``光バーストスイッチングにおけるラウンドロビン型バースト生成方式:理論解析とアーラン呼損モデルとの比較,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2002-282, IN2002-255), pp. 129-132, 2003.3.7.
    34. 櫻井弘明, 笠原正治, 杉本謙二, ``Analysis of Internet Pricing under Two ISPs Competition with Game Theory,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2002-288, IN2002-261), pp. 153-156, 2003.3.7.
    35. 板谷夏樹, 笠原正治, 杉本謙二, ``Simple Available-Bandwidth Estimation for TCP in Wired-Wireless Networks: Performance Evaluation of Web Document Transmission,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2002-292, IN2002-265), pp. 169-172, 2003.3.7.
    36. 橘拓至, 安島智也, 笠原正治, ``ファイバ遅延線をもつ光バースト交換機におけるラウンドロビン型バースト生成方式の性能評価,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会2003年度春季研究発表会, アブストラクト集, pp. 158-159, 2003.3.18-19.
    37. 橘拓至, 笠原正治, ``波長変換機能に制限のあるWDM網における共有波長割当方式の性能評価,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (CS2003-55), pp. 7-12, 2003.7.11.
    38. 板谷夏樹, 笠原正治, ``有線無線混在ネットワークにおけるTCPの動的利用可能帯域推定方式,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2003-97, IN2003-63, CS2003-72), pp. 47-50, 2003.9.18. (奨励講演)
    39. 橘 拓至, 笠原正治, ``JITプロトコルにおけるQoS保証型バースト伝送スケジューリング,'' 電子情報通信学会2003年ソサイエティ大会, 講演論文集, B-6-76, 2003.9.25.
    40. 橘 拓至, 笠原正治, ``JITプロトコルでQoS保証を実現する光バースト伝送方式の検討,'' インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 次世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NGN) ワークショップ (ITRC-NGN 2003), pp. 31-37, 2003.10.16-17.
    41. Tachibana, T., and Kasahara, S., ``QoS-Based Optical burst transmission for JIT Protocol,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2003-216, PN2003-44), pp. 37-40, 2003.12.18-19.
    42. 栗本昌和, 笠原正治, 杉本 謙二, ``パケットのバーストロスに対応したトランスポートレベルでの動的低エラー転送,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2003-329, IN2003-284), pp. 179-182, 2004.3.4-5.
    43. 公森義貴, 笠原正治, 杉本 謙二, ``エンドユーザレベルのQoSを考慮したストリーミング配信用動的レート制 御方式の検討,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2003-332, IN2003-287), pp. 191-194, 2004.3.4-5.
    44. 荒井崇行, 笠原正治, 杉本 謙二, ``共分散を利用したMMPPによるインターネットトラヒックの同定: 平 均遅延に対する有効性の検証,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2003-352, IN2003-307), pp. 293-296, 2004.3.4-5.
    45. 有馬諭, 橘拓至, 笠原正治, 杉本謙二, ``光バーストスイッチングにおけるBCTとPreemptionを組み合わせたQoS保証 手法の効果,'' 電子情報通信学会2004年総合大会, 講演論文集, B-6-167, 2004.3.25.
    46. 植田将之, 橘拓至, 笠原正治, 杉本謙二, ``JITプロトコルにおける最終ホップ波長予約を優先するPreemption手法,'' 電子情報通信学会2004年総合大会, 講演論文集, B-6-168, 2004.3.25.
    47. Tachibana, T., Ueda, M., and Kasahara, S., ``A Preemptive Scheme with Two-Way Release Message Transmission in Optical Burst Switching: Impact of Wavelength Selection Rules on Burst Loss Probability,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (CS2004-25, OCS2004-35, PN2004-30), pp. 49-52, 2004.5.28.
    48. 植田将之, 橘拓至, 笠原正治, 杉本謙二, ``光バースト交換における経過ホップ数を考慮した割り込み型優先制御の性能評価,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2004-118, IN2004-77, CS2004-73), pp. 91-94, 2004.9.2-3.
    49. 安達直世, 笠原正治, 杉本 謙二, ``BSS問題における信号分離定式化表現にもとづいた不正トラヒック推定手法,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2004-158, TM2004-61), pp. 21-24, 2004.11.18-19.
    50. Tachibana, T., and Kasahara, S., ``A Markov Decision Process Model for Service Differentiation in WDM Networks: Full-Range Wavelength Conversion Case,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2004-168, PN2004-64), pp. 21-24, 2004.12.16-17.
    51. 笠原正治, ``スケールの観点から捉えたネットワークシステムの設計/制御問題,'' 甲南大学 知的情報通信研究所 第1チーム 第1回シンポジウム 「ネットワークと情報処理」, pp. 11-17, 2005.1.8.
    52. 植田将之, 橘拓至, 笠原正治, ``A Threshold-Type Preemptive Scheme Based on the Number of Transmission Hops for Optical Burst Switching Networks,'' 甲南大学 知的情報通信研究所 第1チーム 第1回シンポジウム 「ネットワークと情報処理」, pp. 70-75, 2005.1.8.
    53. 栗田佳織, 橘拓至, 笠原正治, 杉本謙二, ``バースト生成方式とスイッチ切り替え時間を考慮した光バースト交換の性能解析 -スイッチ切り替え時間のバースト棄却率における効果とVoIPへの適用-,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2004-335, IN2004-335), pp. 453-456, 2005.3.4.
    54. 有馬諭, 橘拓至, 笠原正治, 杉本謙二, ``光バースト交換における複数バースト伝送のためのFECを用いたバースト回復手法 -冗長バーストの棄却率に対する効果-,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2004-336, IN2004-336), pp. 457-460, 2005.3.4.
    55. 工藤正行, 安達直世, 佐藤淳, 笠原正治, 杉本謙二, ``無線アドホックネットワーク上における遠隔移動体制御システムの構築,'' 第49回システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集 (5A2-6), pp. 401-402, 2005.5.18-20.
    56. 安達直世, 笠原正治, 杉本謙二, 新田益大, ``遠隔制御のためのフィードバック系を実現するネットワークアーキテクチャ の提案,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2005-35), pp. 45-48, 2005.5.26-27.
    57. 田村康生, 笠原正治, 高橋豊, ``P2P型コンテンツ配信方式におけるファイルダウンロード時間とリクエス トブロッキング確率の解析,'' 電子情報通信学会2005年ソサイエティ大会, 講演論文集, B-6-78, 2005.9.22.
    58. 橘拓至, 笠原正治, ``光バースト交換網におけるホップ数を考慮したバーストクラスタ伝送,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2005-147), pp. 57-60, 2005.12.15-16.
    59. 工藤正行, 安達直世, 笠原正治, 杉本謙二, ``移動体遠隔操作に向けたセンサネットワークアーキテクチャ構成法,'' 計測自動制御学会第6回システムインテグレーション部門講演会 (SI2005), 3K4-1, 熊本電波工業高等専門学校, 2005年12月16日(金)〜18日(日).
    60. 有馬諭, 橘拓至, 楫勇一, 笠原正治, ``光バースト交換におけるバーストレベルの誤り訂正符号化法と棄却率に対 する効果,'' 甲南大学 知的情報通信研究所 第1チーム・第6チーム主催 オープン・リサーチ・センター整備事業第2回シンポジウム 「ネットワークと情報処理」, pp. 7-12, 2006.1.7.
    61. Tachibana, T., Arima, S., Kaji, Y., and Kasahara, S., ``On the Burst Transmission Delay of FEC-Based Burst Generation for Optical Burst Switching Networks,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2005-181), pp. 93-96, 2006.3.2-3.
    62. 田村康生, 笠原正治, 高橋豊, ``物理ネットワークを考慮したオーバレイルーティングの性能解析,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2005-186), pp. 113-116, 2006.3.2-3.
    63. 安達直世, 工藤正行, 笠原正治, 杉本謙二, ``無線センサネットワークを利用した移動体遠隔制御,'' 計測自動制御学会関西支部若手発表会, 1C-5, 2006.3.6.
    64. フンドックトゥアン, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``光バースト交換網における再送を考慮したバースト・セグメンテーション方式の性能解析,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会2006年度秋季研究発表会, アブストラクト集, pp.118-119, 2006.9.12.
    65. 村岡俊, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``バックグラウンド・トラヒックを考慮したFECの性能評価,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会2006年度秋季研究発表会, アブストラクト集, pp.110-111, 2006.9.12.
    66. 内田祐介, 砂原星, 板倉英三郎, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``無線環境におけるスケーラブル映像配信に向けた予測再送制御,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2006-84), pp.79-82, 2006.9.15.
    67. 田村康生, 笠原正治, 高橋豊, 亀井聡, 川原亮一, ``オーバレイネットワークにおける物理トポロジーと論理トポロジーの影響 を考慮したファイル転送遅延解析,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2006-95), pp.139-144, 2006.9.14-15. (奨励講演)
    68. 千田修一郎, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``大容量ファイル転送における前方誤り訂正方式のバーストロス耐性解析,'' 電子情報通信学会2006年ソサイエティ大会, 講演論文集, B-6-46, 2006.9.21.
    69. 笠原正治, ``パケットレベルFECとインターネット上における通信品質改 善効果,'' 甲南大学知的情報通信研究所第1チーム・第6チーム・日本OR学会 「情報ネットワーク性能評価」研究部会 第3回合同シンポジウム, pp.7-12, 2006.12.27.
    70. Phung Duc Tuan, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``Performance analysis of burst segmentation with upper-layer retransmission,'' 待ち行列シンポジウム「ユビキタスネットワーク社会に おける情報通信サービスの設計・評価法」, pp.175--184, 2007.1.23.
    71. 内田祐介, 砂原星, 板倉英三郎, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``スケーラブル映像配信に向けた予測再送制御方式における品質改善効果,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2006-192), pp.179-184, 2007.3.9.
    72. 倉谷和彦, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊 ``ピアノード数の時間変動を考慮したP2P実時間サービス網の性能解析,'' 電子情報通信学会2007年総合大会, 講演論文集, B-6-24, 2007.3.20.
    73. 桐原健爾, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``多対一送信方式に基づくストリーミングサービスの通信品質改善効果,'' 電子情報通信学会2007年総合大会, 講演論文集, B-6-59, 2007.3.22.
    74. フン ドック トゥアン, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``上位層再送と複数波長に対する割込み制御を考慮したバーストセグメンテーションの性能解析,'' 日本OR学会研究部会「若手OR研究者の会」平成19年度第2回研究会, 於京都大学, 2007.5.26.
    75. 村岡 俊, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``GI+M/MSP/1/K待ち行列と無線環境におけるFEC性能解析への応用,'' 日本OR学会研究部会「若手OR研究者の会」平成19年度第4回研究会, 於京都大学, 2007.10.13.
    76. 伊藤大雄, 笠原正治, ``待機電力問題,'' 文部科学省科学研究費補助金・特定領域研究・新世代の計算限界 ミニシンポジウム: 新世代計算限界と地球環境問題, 於京都大学, 2007.12.4.
    77. 笠原正治, ``確定的トラヒックフロー理論による品質保証型網の最悪遅延評価,'' 甲南大学 知的情報通信研究所 第1チームチーム・第6チーム・日本OR学会 「情報ネットワーク性能評価」研究部会合同シンポジウム「ネットワークと 情報処理」, pp.1-6, 2007.12.29.
    78. 村岡 俊, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``Performance analysis of FEC recovery for video streaming services over wired-wireless networks,'' 待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」, pp.168-177, 2008.1.22.
    79. Shuichiro Senda, Hiroyuki Masuyama, Shoji Kasahara and Yutaka Takahashi, ``A Stochastic Fluid Model Approach to the Analysis of User-Level QoS Performance of On-Demand P2P Streaming Services,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2007-139), pp.53-58, 2008.3.7-8.
    80. 倉谷和彦, 増山博之, 笠原正治, 高橋 豊 ``オンラインノード数の変動を考慮したP2P実時間通信サービスの性能解析,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2007-164), pp.187-192, 2008.3.7-8.
    81. Shun Muraoka, Hiroyuki Masuyama, Shoji Kasahara and Yutaka Takahashi, ``On the Performance of FEC Recovery for Video Streaming Services over Wired-Wireless Networks,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2007-180), pp.275-278, 2008.3.7-8.
    82. 和久田兼作, 笠原正治, 高橋豊, 久礼嘉伸, 板倉英三郎, ``送信待機状態を導入したマルチホップ無線LAN用パケットスケジューリング機構とフロー間の公平性に対する改善効果,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2007-192), pp.335-340, 2008.3.7-8.
    83. フン ドック トゥアン, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``確率的サーバ選択・再試行型待ち行列を用いたバースト・セグメンテーション法と波長変換器の性能評価,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会2008年春季研究発表会, アブストラクト集, pp.128-129, 2008.3.25-26.
    84. フン ドック トゥアン, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``On Continued Fraction Solutions for Markov Chains Arising from Multiserver Retrial Queues with Balking,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会2008年度秋季研究発表会, アブストラクト集, pp.264-265, 2008.9.10-11.
    85. 田井中智也, 増山博之, 笠原正治, 高橋 豊, ``IEEE 802.11 準拠マルチホップ無線LANにおけるスループット不公平性の解析,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2008-56), pp.81-86, 2008.9.11-12.
    86. 倉谷和彦, 増山博之, 笠原正治, 高橋 豊 ``時間依存型ピア母集団過程を考慮したP2P実時間サービス網の性能解析 — 非斉時ポアソン過程を持つ無限サーバ・モデルによるアプローチ—,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2008-57), pp.87-92, 2008.9.11-12.
    87. 倉谷和彦, 増山博之, 笠原正治, 高橋 豊 ``時間依存型ピア母集団過程と非斉時無限サーバ・モデルによるP2P実時間サービス網の性能評価,'' インターネット技術第163委員会(ITRC)次世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NGN)ワークショップ (ITRC-NGN 2008), pp.36-38, 2008.9.24-25.
    88. 桐原健爾, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``GI+M/M/1/Kによる可変ブロックサイズを考慮したストリーミング配信の性能解析:FECによる品質改善効果の検討,'' インターネット技術第163委員会(ITRC)次世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NGN)ワークショップ (ITRC-NGN 2008), pp.63-66, 2008.9.24-25.
    89. フン ドック トゥアン, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``系内状態に依存した到着・サービスを有するM/M/c/K再試行型待ち行列,'' 日本OR学会 研究部会「若手によるOR横断研究」主催「若手研究交流会2008」, 2008/10/11-12.
    90. 笠原正治, ``2層型待ち行列網モデルによるP2Pファイル共有サービスの性能解析,'' 甲南大学 知的情報通信研究所第1チーム・第6チーム・ 合同シンポジウム 「ネットワークと情報処理」, pp.11-16, 2008.12.29.
    91. フン ドック トゥアン, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``Continued Fraction Solutions of M/M/3/3 and M/M/4/4 Retrial Queues,'' 待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」, pp.98-107, 2009.1.21-23.
    92. 倉谷和彦, 増山博之, 笠原正治, 高橋 豊, ``Performance Analysis of Decentralized Load Distribution Systems in Peer-to-Peer Communication Networks: an Approach by Peer-Population Process with Nonstationary Input,'' 待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」, pp.128-137, 2009.1.21-23.
    93. Kenji Kirihara, Hiroyuki Masuyama, Shoji Kasahara and Yutaka Takahashi, ``On the performance of H.264/SVC-based video streaming services with FEC recovery,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2008-148), pp.27-32, 2009.3.3-4.
    94. Nelson Hernandez-Cons, Shoji Kasahara and Yutaka Takahashi, ``An Adaptive Hello Message Sending Rate Mechanism for Reducing Overhead Based on Constant Measurement of the Link Change Rate for MANETs,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2008-149), pp.33-38, 2009.3.3-4.
    95. Anditto Heristyo, Hiroyuki Masuyama, Shoji Kasahara and Yutaka Takahashi, ``A Time-Dependent User-Population Model and Its Application to User-Search Time Analysis for Hierarchical Peer-to-Peer Overlay Networks,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2008-165), pp.123-128, 2009.3.3-4.
    96. 上田耕平, 増山博之, 笠原正治, 高橋 豊, ``GI+M/M/1待ち行列による高速大容量ストリーミングサービスのフレームレベル遅延解析,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2009-2), pp.3-8, 2009.4.16-17.
    97. 加藤 耕太, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``バックグラウンドトラヒックを考慮したブロックロスの連続性の評価,'' 日本OR学会 研究部会「若手によるOR横断研究」主催「若手研究交流会2008」, 2009/4/25.
    98. 矢実 貴志, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``マルチホップ無線ネットワークにおけるネットワークコーディングの性能解析,'' 日本OR学会 研究部会「若手によるOR横断研究」主催「若手研究交流会2008」, 2009/4/25.
    99. 矢実 貴志, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``マルチホップ無線ネットワークにおけるネットワーク・コーディングの性 能解析—3ノード直列トポロジーにおけるスループット改善効果の検討ー,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会2009年度秋季研究発表会, アブストラクト集, pp.267-268, 2009.9.8-9.
    100. 加藤 耕太, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``バックグラウンドトラヒックを考慮したブロックロスの連続性の評価,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会2009年度秋季研究発表会, アブストラクト集, pp.271-272, 2009.9.8-9.
    101. 永島貴徳, 笠原正治, 高橋豊, 小林正裕, 亀井聡, ``P2Pストリーミングサービスにおけるオーバレイトポロジと物理レイヤ特性を考慮した可用性評価,'' インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のため の基盤技術研究分科会(NWGN) ワークショップ(ITRC-NWGN 2009), pp.97-98, 2009.9.24-25.
    102. 伊藤 寿啓, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``2状態BMAPの重畳過程に対するパラメータ推定法の検討,'' インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のため の基盤技術研究分科会(NWGN) ワークショップ(ITRC-NWGN 2009), pp.117-119, 2009.9.24-25.
    103. 加藤 耕太, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``動画ストリーミング配信のための無線環境におけるブロックロス連続性の評価,'' 日本OR学会 研究部会「若手によるOR横断研究」主催「若手研究交流会2009」, 奈良県明日香村, 2009.10.10-12.
    104. 七尾 翔, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``P2P動画配信サービスにおける待時型バッファ同期機構の性能解析,'' 日本OR学会 研究部会「若手によるOR横断研究」主催「若手研究交流会2009」, 奈良県明日香村, 2009.10.10-12.
    105. 矢実 貴志, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``ネットワーク・コーディングを適用した3ノード直列無線ネットワークのスループット解析,'' 日本OR学会 研究部会「若手によるOR横断研究」主催「若手研究交流会2009」, 奈良県明日香村, 2009.10.10-12.
    106. 吉原 千尋, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``拡張型DAR(1)を入力とする待ち行列モデルの解析,'' 日本OR学会 研究部会「若手によるOR横断研究」主催「若手研究交流会2009」, 奈良県明日香村, 2009.10.10-12.
    107. 上田耕平, 増山博之, 笠原正治, 高橋 豊, ``二入力単一サーバ待ち行列を用いた高速大容量ストリーミングサービスに おけるフレームレベル遅延評価,'' 甲南大学 知的情報通信研究所第6回シンポジウム 「ネットワークと情報処理」, pp.11-14, 2009.12.26.
    108. 矢実 貴志, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``Performance Analysis of End-to-End Throughput for Multihop Wireless Networks with Network Coding: A Three-Node Chain-Topology Case,'' 待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」, pp.42-51, 2010.1.18-20.
    109. 加藤 耕太, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``Analysis of Consecutive Block-Loss for Streaming Services over Wired-Wireless Networks,'' 待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」, pp.254-263, 2010.1.18-20.
    110. Toshihiro Ito, Hiroyuki Masuyama, Shoji Kasahara, and Yutaka Takahashi, ``A Parameter Estimation Based on Variational Bayes Inference for a Superposition of 2-State BMAPs,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2009-189), pp.159--164, 2010.3.4-5.
    111. 田井中 智也, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``IEEE802.11準拠マルチホップ無線LANにおけるバースト転送方式のスルー プット解析,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2009-199), pp.211-216, 2010.3.4-5.
    112. 和田 仁志, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``GI+M/MSP/1待ち行列を用いた有線・無線環境ビデオストリーミングサービ スのブロックレベル遅延解析,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2009-200), pp.217-222, 2010.3.4-5.
    113. Takanori Nagashima, Shoji Kasahara, Yutaka Takahashi, Masahiro Kobayashi, and Satoshi Kamei, ``Impact of Overlay Topology and Physical Layer Characteristics on Service Availability of P2P Streaming Services -- Tree-Based and Mesh-Based Topology Cases --,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2009-210), pp.273-278, 2010.3.4-5.
    114. 七尾 翔, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``クールストリーミングにおける待時型同期バッファ方式の性能解析 〜 サブストリーム 数がビデオ品質に与える効果の検討 〜,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2009-213), pp.291-296, 2010.3.4-5.
    115. 三村麻梨乃,増山 博之,笠原 正治,高橋 豊, ``重負荷極限近似を用いたストリーミングデータ配信機構の解析,'' 日本OR学会 研究部会「若手によるOR横断研究」, 2010.4.24.
    116. 矢実 貴志, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``マルチホップ無線ネットワークにおけるネットワーク・コーディングとバースト転送方式の性能比較,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2010-62), pp.79-84, 2010.9.2-3.
    117. 七尾翔, 増山 博之,笠原 正治,高橋 豊, ``メッシュ型P2Pビデオストリーミングにおけるバッファ同期機構の性能解 析,'' インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のため の基盤技術研究分科会(NWGN) ワークショップ(ITRC-NWGN 2010), pp. 4-7, 2010.9.9-10.
    118. 和田仁志, 増山 博之,笠原 正治,高橋 豊, ``ビデオストリーミングサービスにおけるフレームレベル離脱時間解析,'' インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のため の基盤技術研究分科会(NWGN) ワークショップ(ITRC-NWGN 2010), pp. 8-11, 2010.9.9-10.
    119. 加藤耕太, 増山 博之,笠原 正治,高橋 豊, ``有線・無線環境での動画ストリーミング配信を対象としたブロックロス連 続性の評価,'' インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のため の基盤技術研究分科会(NWGN) ワークショップ(ITRC-NWGN 2010), pp. 12-16, 2010.9.9-10.
    120. 矢実貴志, 増山 博之,笠原 正治,高橋 豊, ``ネットワーク・コーディングを適用したマルチホップ無線ネットワークの スループット上限値解析とバースト転送方式との性能比較,'' インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のため の基盤技術研究分科会(NWGN) ワークショップ(ITRC-NWGN 2010), pp. 66-68, 2010.9.9-10.
    121. 吉原千尋,増山博之,林俊介, 笠原 正治,高橋 豊, ``非線形計画問題を用いた拡張型DAR(1)パラメータ決定法,'' インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のため の基盤技術研究分科会(NWGN) ワークショップ(ITRC-NWGN 2010), pp. 85-89, 2010.9.9-10.
    122. 吉原千尋, 増山博之, 林俊介, 笠原正治, 高橋豊, ``拡張型DAR(1)のパラメータ決定法 -非線形計画問題としてのアプローチ-,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会2010年度秋季研究発表会, アブストラクト集, pp. 80-81, 2010.9.16-9.17.
    123. 三村麻梨乃,増山 博之,笠原 正治,高橋 豊, ``状態依存の到着過程を持つ有限容量・単一サーバ待ち行列を用いたストリーミングデータ配信機構の解析,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会2010年度秋季研究発表会, アブストラクト集, pp. 178-179, 2010.9.16-9.17.
    124. 吉原千尋, 増山博之, 林俊介, 笠原正治, 高橋豊, ``非線形計画問題による拡張型一次自己回帰到着過程のパラメータ決定法,'' 日本OR学会 研究部会「OR横断若手の会」主催「若手研究交流会2010」, 滋賀県彦根市, 2010.10.9-11.
    125. 矢実 貴志, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``ネットワーク・コーディングを適用したマルチホップ無線網におけるバース ト転送方式のスループット解析,'' 日本OR学会 研究部会「OR横断若手の会」主催「若手研究交流会2010」, 滋賀県彦根市, 2010.10.9-11.
    126. 三村麻梨乃,増山 博之,笠原 正治,高橋 豊, ``待ち行列モデルによるストリーミングデータ配信機構の性能評価,'' 日本OR学会 研究部会「OR横断若手の会」主催「若手研究交流会2010」, 滋賀県彦根市, 2010.10.9-11.
    127. 矢実 貴志, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``End-to-end throughput analysis of network coding for multihop wireless networks with IEEE 802.11-based TXOP scheme,'' 待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」, pp. 1-10, 2011.1.17-19.
    128. 和田 仁志, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``Analysis of frame-level delay in a GI+M/MSP/1 queue for video streaming services over wired-wireless networks,'' 待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」, pp. 11-20, 2011.1.17-19.
    129. Tuan Phung-Duc, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``Matrix continued fraction solutions for multiserver retrial queues,'' 待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」, pp. 133-142, 2011.1.17-19.
    130. 吉原 千尋, 増山 博之,笠原 正治,高橋 豊, ``拡張型DAR(1)のパラメータフィッティング手法とネットワークトラヒック モデリングへの応用,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2010-283), pp. 681-686, 2011.3.3-4.
    131. 七尾翔, 増山 博之,笠原 正治,高橋 豊, ``Coolstreamingにおけるデータブロック同期機構の性能解析 —ノードの参加離脱がビデオ品質に与える影響についての検討—,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2010-285), pp. 693-698, 2011.3.3-4.
    132. 加藤 耕太, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``特殊構造を持つD-BMAPのパラメータフィッティングとインターネットトラフィックモデリングへの応用,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会2010年度春季研究発表会, アブストラクト集, pp. 28-29, 2011.3.16.
    133. 平井 嗣人, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``クラウド・コンピューティングにおける大規模分散並列処理システムの性 能解析,'' 日本OR学会 研究部会「OR横断若手の会」, 2011.4.23.
    134. 小西 康晴, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``コグニティブ無線通信システムにおける動的周波数割当方式の性能解析,'' 日本OR学会 研究部会「OR横断若手の会」, 2011.4.23.
    135. 小西 康晴, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``コグニティブ無線通信システムにおける優先権付き複数サーバ待ち行列モデルを用いた動的周波数割当方式の性能解析,'' 日本OR学会 研究部会「OR横断若手の会」主催「若手研究交流会2011」, 滋賀県彦根市, 2011.8.29-31.
    136. 平井 嗣人, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``大規模分散並列処理システムにおけるバックアップ・タスクの費用対効果に関する一検討,'' 日本OR学会 研究部会「OR横断若手の会」主催「若手研究交流会2011」, 滋賀県彦根市, 2011.8.29-31.
    137. 小西 康晴, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``コグニティブ無線通信システムにおける二次利用帯域幅を考慮した動的周波数割当方式の性能解析,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会2011年度秋季研究発表会, アブストラクト集, pp. 224-225, 2011.9.16.
    138. 川村亮太, 笠原正治, 高橋豊, ``動的オーバレイ再構築機構を持つP2Pライブストリーミングシステムの提案,'' インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN) ワークショップ(ITRC-NWGN 2011), みのたにグリーンスポーツホテル, 神戸市, pp. 4-6, 2011.9.26-27.
    139. 平井 嗣人, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``クラウド・コンピューティングにおけるバックアップ・タスクの性能解析:並列度の費用対効果に関する検討,'' インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN) ワークショップ(ITRC-NWGN 2011), みのたにグリーンスポーツホテル, 神戸市, pp. 39-41, 2011.9.26-27.
    140. 三村麻梨乃, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``動画ストリーミング配信におけるパケットレベルフィードバック制御の映像品質改善効果,'' インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NWGN) ワークショップ(ITRC-NWGN 2011), みのたにグリーンスポーツホテル, 神戸市, p. 84, 2011.9.26-27.
    141. 小西 康晴, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``コグニティブ無線通信網における二次通信利用帯域幅の変動を考慮した動的周波数割当方式の性能解析,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2011-128, RCS2011-241), pp. 55-60, 2011.12.15.
    142. 小西 康晴, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, ``Performance analysis of dynamic spectrum handoff scheme with variable bandwidth demand of secondary users for cognitive radio networks,'' 待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」, pp. 41-50, 2012.1.18-20.
    143. 平井 嗣人, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``Performance analysis of backup tasks in cloud computing: an extreme value theory approach,'' 待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」, pp. 51-60, 2012.1.18-20.
    144. 橋爪康佑, フン ドック トゥアン, 笠原正治, 高橋豊, ``再試行型待ち行列による自動音声応答装置と顧客の再呼があるコールセンタの性能解析,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2011-198), pp. 107-112, 2012.3.8-9.
    145. 三村麻梨乃, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``ストリーミング動画配信機構におけるアプリケーション層レベルのフィードバック型転送レート制御の解析的検討,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2011-215), pp. 203-208, 2012.3.8-9.
    146. 川村亮太, 笠原正治, 高橋豊, ``P2Pライブストリーミングにおける遅延と帯域を考慮した動的オーバレイトポロジー再構築法の検討,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2011-245), pp. 369-374, 2012.3.8-9.
    147. 原健三, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``集団on-off到着過程によるインターネットトラヒック同定法の検討,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2011-250), pp. 397-402, 2012.3.8-9.
    148. 山本究, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``コグニティブ無線におけるスペクトラム・センシングの検知精度を考慮した二次利用端末のスループット解析,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会「OR横断若手の会」研究部会 若手交流会, 2012.10.27-28.
    149. 平井嗣人, 増山博之,笠原正治,高橋豊, ``極値理論を用いた大規模分散並列処理用タスク複製スケジューリングの性能解析,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会「OR横断若手の会」研究部会 若手交流会, 2012.10.27-28.
    150. 橋本恭佑, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``大規模並列分散処理システムにおけるデッドライン・タイムつきバックアップ・タスク処理の性能解析,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会「OR横断若手の会」研究部会 若手交流会, 2012.10.27-28.
    151. 橋本恭佑, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``Deadline Time of Backup Tasks for Cloud Computing and Its Effect on Job Completion Time,'' 待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」, pp.21-30, 2013.1.23-25.
    152. 小西康晴, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``Performance Analysis of Dynamic Spectrum Handoff Scheme with Probabilistic Re-sensing for Autonomous Cognitive Radio Networks,'' 待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」, pp.97-106, 2013.1.23-25.
    153. 橋爪康佑, フン ドック トゥアン, 笠原正治, 高橋豊, ``Analysis of a Retrial Queue for Internet-Based Call Centers with Interactive Voice Response,'' 待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」, pp.147-156, 2013.1.23-25.
    154. 小西康晴, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``自律分散型コグニティブ無線網における確率的再センシング機構を持つスペクトラム・ハンドオフ機能のスループット性能に対する影響,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2012-165), pp. 1-6, 2013.3.7-8.
    155. 山本究, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``周波数共用型コグニティブ無線におけるスペクトラム・センシングの検知精度を考慮したスループット解析,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2012-166), pp. 7-12, 2013.3.7-8.
    156. 原健三, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``再生型on-off到着過程を用いたインターネット・トラヒック同定,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2012-193), pp. 163-168, 2013.3.7-8.
    157. 橋爪康佑, フン ドック トゥアン, 笠原正治, 高橋豊, ``自動音声応答装置と顧客の再呼があるインターネット・コールセンタの性能解析,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2012-219), pp. 219-224, 2013.3.7-8.
    158. 片山晴紀, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``コグニティブ無線通信における協調センシング方式の性能比較,'' インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会 (NWGN) ワークショップ (ITRC-NWGN 2013), 紀三井寺 ガーデンホテルはやし, 和歌山市, 2013.9.5.
    159. 加藤将隆,増山博之,笠原正治,高橋豊, ``MapReduceフレームワーク用サーバ管理機構BEEMRの省電力効果解析,'' インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会 (NWGN) ワークショップ (ITRC-NWGN 2013), 紀三井寺 ガーデンホテルはやし, 和歌山市, 2013.9.5.
    160. 山本究,増山博之,笠原正治,高橋豊, ``コグニティブ無線における共通制御チャネル方式の通信オーバーヘッド解析,'' インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会 (NWGN) ワークショップ (ITRC-NWGN 2013), 紀三井寺 ガーデンホテルはやし, 和歌山市, 2013.9.5.
    161. 平井嗣人,増山博之,笠原正治,高橋豊, ``大規模分散並列処理システムにおけるハートビート式故障検知の性能解析,'' インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会 (NWGN) ワークショップ (ITRC-NWGN 2013), 紀三井寺 ガーデンホテルはやし, 和歌山市, 2013.9.5.
    162. 矢澤学,増山博之,笠原正治,高橋豊, ``コグニティブ無線通信における二次利用端末の通信品質評価,'' インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会 (NWGN) ワークショップ (ITRC-NWGN 2013), 紀三井寺 ガーデンホテルはやし, 和歌山市, 2013.9.5.
    163. 前田晃史,笠原正治,高橋豊, ``環境発電型無線センサーノードの残余電力を考慮した通信制御方式の検討,'' インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会 (NWGN) ワークショップ (ITRC-NWGN 2013), 紀三井寺 ガーデンホテルはやし, 和歌山市, 2013.9.5.
    164. 橋本恭佑,増山博之,笠原正治,高橋豊, ``大規模分散並列処理システムにおけるデッドライン・タイム型バックアップ・タスクの性能改善効果,'' インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会 (NWGN) ワークショップ (ITRC-NWGN 2013), 紀三井寺 ガーデンホテルはやし, 和歌山市, 2013.9.5.
    165. 加藤将隆, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``データセンタにおける消費電力低減を目的としたサーバ管理スケジューリング方式の性能解析,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会2013年度秋季研究発表会, アブストラクト集, pp.30-31, 2013.9.11-12.
    166. 矢澤学, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``コグニティブ無線通信システムにおけるセカンダリユーザの通信成功確率及びハンドオフ回数,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会2013年度秋季研究発表会, アブストラクト集, pp.166-167, 2013.9.11-12.
    167. 片山晴紀, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``コグニティブ無線通信における協調センシング方式の性能解析: 集中センシングと並行センシング,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2013-137), pp.19-24, 2013.12.19-20.
    168. 前田晃史,笠原正治,高橋豊, ``無線センサーネットワークにおける環境発電型ノードの動的タスク・スケジューリング,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2013-161), pp.155-160, 2013.12.19-20.
    169. 片山晴紀, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``Analytical comparison of cooperative spectrum sensing schemes for cognitive radio networks,'' 2013年度確率モデルシンポジウム, pp. 91-100, 2014.1.22-24.
    170. 矢澤学, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``コグニティブ無線通信における二次利用端末の通信品質解析,'' 2013年度確率モデルシンポジウム, pp. 101-110, 2014.1.22-24.
    171. 笹部昌弘, 小松展久, 川原純, 笠原正治, ``端末間での移動軌跡情報の共有による避難誘導効果に関する一検討,'' 第36回インターネット技術第163委員会研究会, 2014.11.26.
    172. 笠原正治, ``クラウド・コンピューティングとバックアップ・タスク型スケジューリング,'' 第4回 甲南大学知能情報学部 大学間連携共同研究シンポジウム, 2014.12.19.
    173. 佐嘉田智之, 笠原正治, ``サービス受付時の背後過程に依存したサービス時間をもつ複数サーバ待ち 行列,'' 2014年度確率モデルシンポジウム, pp. 122-131, 2015.1.23.
    174. 小松展久, 笹部昌弘, 川原純, 笠原正治, ``移動端末間通信と通信インフラを介した目的地・軌跡情報の共有による避 難誘導に関する一検討,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2014-104), pp. 101-106, 2015.1.23.
    175. 大槻紘平, 川原純, 笹部昌弘, 笠原正治, ``端末の移動軌跡情報を用いた避難誘導システムにおける異常軌跡検出に関する一検討,'' 電子情報通信学会2015年総合大会, 講演論文集, BS-8-2, 2015.3.11.
    176. 小松展久, 笹部昌弘, 川原 純, 笠原正治, ``被災パターンが端末の軌跡情報を用いた避難誘導システムに与える影響に関する一検討,'' 第37回インターネット技術第163委員会研究会, 2015.5.28.
    177. 園田晃己, 川原 純, 笹部昌弘, 笠原正治, ``階層クラスタリングを用いたフロンティア法変数順序決定アルゴリズム,'' 北海道大学 ERATO/基盤(S) 離散構造処理系プロジェクト 「2015年度 初夏のワークショップ」, 2015.6.11.
    178. 小川夏輝, 笹部昌弘, 笠原正治, ``制御可能型P2Pファイル配信方式に関する一検討,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2015-26), pp. 33-38, 2015.7.6.
    179. 園田晃己, 川原純, 笹部昌弘, 笠原正治, ``オーバレイネットワークにおけるパス選択のためのゼロサプレス型二分決定グラフを用いたパス列挙アルゴリズム,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2015-29), pp. 51-54, 2015.7.6.
    180. 佐嘉田智之, 笠原正治, ``系内ジョブ数に依存した電源管理法をもつデータセンター待ち行列モデル,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会2015年度秋季研究発表会, アブストラクト集, pp. 160-161, 2015.9.10-11.
    181. 糸井純暉, 笹部昌弘, 川原 純, 笠原正治, ``避難者と携帯端末の連携に基づく避難誘導アプリケーションの設計,'' 電子情報通信学会2015年ソサイエティ大会, 講演論文集, B-15-8, 2015.9.9.
    182. 糸井純暉, 笹部昌弘, 川原純, 笠原正治, ``モバイル端末におけるオフライン型避難誘導アプリケーションの設計と実装,'' インターネット技術163委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会 ワークショップ (ITRC-NWGN 2015), みのたにグリーンスポーツホテル, 兵庫県, 2015.9.15.
    183. 小川夏輝, 笹部昌弘, 笠原正治, ``通信負荷の軽減を考慮した制御可能型P2Pファイル配信方式に関する一検討,'' インターネット技術163委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会 ワークショップ (ITRC-NWGN 2015), みのたにグリーンスポーツホテル, 兵庫県, 2015.9.15.
    184. 小松展久, 笹部昌弘, 川原純, 笠原正治, ``避難者・モバイル端末連携型避難誘導方式の性能評価,'' インターネット技術163委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会 ワークショップ (ITRC-NWGN 2015), みのたにグリーンスポーツホテル, 兵庫県, 2015.9.15.
    185. 糸井純暉, 笹部昌弘, 川原 純, 笠原正治, ``モバイル端末におけるオフライン型避難誘導アプリケーションの開発状況 について,'' 第7回 DTNとその未来に関するワークショップ, 2015.11.20.
    186. 佐嘉田智之, 笠原正治, ``Performance Analysis of Power Management Scheme for Data Centers,'' 待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」, pp.35-44, 2016.1.21-23.
    187. 平井嗣人, 増山博之, 笠原正治, 高橋豊, ``Optimal Number of Checkpoints for Parallel-Distributed Processing in Cloud Computing,'' 待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」, pp.149-158, 2016.1.21-23.
    188. 園田晃己, 川原純, 井上武, 笠原正治, 明石修, 川原亮一, 斉藤洋, ``フロンティア法によるノードの故障も考慮したネットワーク信頼性評価手法の提案,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2015-213), pp.261-266, 2016.3.3-4.
    189. 糸井純暉, 笹部昌弘, 川原 純, 笠原正治, ``モバイル端末における測位誤差を考慮したオフライン型避難誘導アプリケーションの設計・実装・評価,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2015-108), pp.1-6, 2016.3.7-8.
    190. 小松展久, 笹部昌弘, 川原純, 笠原正治, ``避難者・モバイル端末連携型自動避難誘導システムにおける情報共有方式に関する一検討,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2015-109), pp.7-12, 2016.3.7-8.
    191. 石倉明生, 川原純, 笹部昌弘, 笠原正治, ``パーソントリップ調査に基づく移動モデルのDTNルーチングに対する影響評価,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2015-110), pp.13-18, 2016.3.7-8.
    192. 笹部 昌弘, 糸井 純暉, 川原 純, 笠原 正治, ``避難者・モバイル端末間連携に基づくオフライン型自動避難誘導アプリケーション,'' 第39回インターネット技術第163委員会研究会, 2016.5.12.
    193. 笠井 裕貴, 笹部 昌弘, 笠原 正治, ``避難者・モバイル端末間連携に基つく自動避難誘導方式における渋滞を考慮した経路選択に関する一検討,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2016-33), pp.1-6, 2016.7.26.
    194. 河瀬 良亮, 笠原 正治, ``ビットコインのマイニンク・モデルとトランザクション承認時間解析,'' 待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」, pp. 64-73, 2017.1.19-21.
    195. 川原 純, 園田 晃己, 井上 武, 笠原 正治, ``ノード故障を考慮したネットワーク信頼性評価,'' 冬のLAシンポジウム2016, 2017.2.3.
    196. 飯塚 翔, 川原 純, 笠原 正治, ``コグニティブ無線における協調センシングのための多腕バンディット問題を応用したグループ形成法,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2016-242), pp. 487-492, 2017.3.2-3.
    197. 西田 知弘, 笹部 昌弘, 笠原 正治, ``複数プライマリ・ユーザ型コグニティブ無線における協調センシングのための通信機会を考慮したセカンダリ・ユーザ間グループ形成手法,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2016-244), pp. 499-504, 2017.3.2-3.
    198. 原 崇徳, 笹部 昌弘, 笠原 正治, ``避難者・モバイル端末間連携型自動避難誘導における経路の長さと信頼性を考慮した避難経路選択方式に関する一検討,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2016-247), pp. 517-522, 2017.3.2-3.
    199. 中畑 裕, 川原 純, 笠原 正治, ``グラフの連結成分の大きさを考慮した連結成分分割の高速な列挙,'' 情報処理学会研究報告 アルゴリズム(AL), vol. 2017-AL-162, no. 3, pp. 1-8, 2017.3.6.
    200. 山本 景, 川原 純, 笠原 正治, ``データのアクセス頻度に着目した Hadoop 分散ファイルシステムの性能向上,'' 情報処理学会第79回全国大会, 1H-04, pp. 1-149 - 1-150, 2017.3.16.
    201. 原 崇徳, 笹部 昌弘, 笠原 正治, ``避難者・モバイル端末間連携型自動避難誘導における避難経路選択方式に関する一検討,'' 電子情報通信学会2017年総合大会, 講演論文集, B-11-27, 2017.3.23.
    202. 藤井 公大, 笹部 昌弘, 笠原 正治, ``通行不能箇所情報の共有による孤立領域検出方式に関する一検討,'' 電子情報通信学会2017年総合大会, 講演論文集, B-11-28, 2017.3.23.
    203. 香山 侑槻, 笹部 昌弘, 笠原 正治, ``Tit-for-Tat 型 P2P ファイル配信におけるピアの途中離脱が平均ファイル取得時間に与える影響に関する一検討,'' 電子情報通信学会2017年総合大会, 講演論文集, B-6-87, 2017.3.25.
    204. 西田 知弘, 笹部 昌弘, 笠原 正治, ``コグニティブ無線におけるシステム負荷と検知率貢献度を考慮した協調センシングメカニズムの一検討,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2017-81), pp. 61-66, 2017.9.7-8.
    205. 飯塚 翔, 川原 純, 笠原 正治, ``k-out-of-Nルールによる協調センシングのためのマルコフ連鎖モンテカルロ法を用いたパラメータ推定法,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2017-82), pp. 67-72, 2017.9.7-8.
    206. 西田 知弘, 笹部 昌弘, 笠原 正治, ``コグニティブ無線におけるユーザのインセンティブを考慮した協調センシングメカニズムに関する一検討,'' インターネット技術163委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会 ワークショップ (ITRC-NWGN 2017), 赤穂ハイツ, 兵庫県赤穂市, 2017.9.19-20.
    207. 飯塚 翔, 川原 純, 笠原 正治, ``コグニティブ無線における自律分散的なグループ形成のためのバンディットアルゴリズムの応用,'' インターネット技術163委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会 ワークショップ (ITRC-NWGN 2017), 赤穂ハイツ, 兵庫県赤穂市, 2017.9.19-20.
    208. 香山 侑槻, 笹部 昌弘, 笠原 正治, ``Tit-for-Tat型P2Pファイル配信におけるピアの途中離脱が平均ファイル取得時間に与える影響の分析,'' インターネット技術163委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会 ワークショップ (ITRC-NWGN 2017), 赤穂ハイツ, 兵庫県赤穂市, 2017.9.19-20.
    209. 原 崇徳, 笹部 昌弘, 笠原 正治, ``避難者・端末間連携型自動避難誘導方式における距離と道路リスクに基づく経路選択方式,'' インターネット技術163委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会 ワークショップ (ITRC-NWGN 2017), 赤穂ハイツ, 兵庫県赤穂市, 2017.9.19-20.
    210. 藤井 公大, 笹部 昌弘, 笠原 正治, ``道路の需要と閉塞確率に基づく道路ネットワークのリスク分析に関する一検討,'' インターネット技術163委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会 ワークショップ (ITRC-NWGN 2017), 赤穂ハイツ, 兵庫県赤穂市, 2017.9.19-20.
    211. 萬代光治, 川原 純, 笠原 正治, ``クラウドプラットフォームにおけるジョブスケジューリングの改善,'' 2017年度 情報処理学会関西支部 支部大会, 2017.9.25.
    212. 飯塚 翔, 川原 純, 笠原 正治, ``不確実な状況における誤検知と誤警報の最小化を目的とした協調センシン グのためのグループ形成法,'' IEEE COMSOC 関西チャプタ 2017年度学生ワークショップ, 2017.10.26.
    213. 河瀬 良亮, 笠原 正治, ``送金ベースの優先権制御を考慮したビットコインのトランザクション処理解析,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会 関西支部 若手研究発表会, 2017.10.28.
    214. 西田 知弘, 笹部 昌弘, 笠原 正治, ``コグニティブ無線における協調センシングのためのインセンティブ設計に関する一検討,'' 第42回インターネット技術第163委員会研究会 (ITRC meet42), 2017.11.8-10.
    215. 吉田 拓弥, 川原 純, 井上 武, 笠原 正治, ``リンクの故障に依存関係がある場合のネットワーク信頼性評価,'' 情報処理学会アルゴリズム研究会第165回研究会, 2017.11.16-17.
  • 解説・その他
    1. 笠原正治, ``vi の基本操作,'' 京都大学情報処理教育センター広報, no. 29, pp. 29-42, Oct. 1993.
    2. 笠原正治, ``vi の基本操作 2,'' 京都大学情報処理教育センター広報, no. 30, pp. 14-32, Apr. 1994.
    3. 笠原正治, ``距離感の払拭 〜 遠隔講義/会議システム,'' 第1回京都大学 高度情報化フォーラム報文集, pp. 22-35, 1994.4.22.
    4. 笠原正治, ``Internet…センターからの利用,'' 京都大学情報処理教育 センター広報, no. 31, pp. 41-60, Oct. 1994.
    5. 笠原正治, ``国内外の遠隔講義/会議システムの現状,'' 平成5年度京都大学教育研究学内特別経費調査研究報告書「ネットワークを活 用した遠隔講義システムに関する調査研究」, pp. 19-23, 1994.11.
    6. 京都大学情報処理教育センター, 利用の手引, 京都大学生協書籍部出版, 1995.4. (pp. 57-64, 97-128, 169-177, 333-339 執筆)
    7. 笠原正治, ``新システムにおけるネットワークサービス,'' 京都大学情 報処理教育センター広報, no. 32, pp. 13-22, Apr. 1995.
    8. 京都大学情報処理教育センター, 利用の手引 - UNIX アプリケーション編 -, 京都大学生協書籍部出版, 1995.5. (pp. 85-194 執筆)
    9. Kasahara, S., ``International Conference on Local and Metropolitan Communication Systems, 7-9 December 1994, Kyoto, Japan,'' Performance Evaluation, vol. 23, 185-196, 1995.
    10. 藤井康雄, 伊藤誠, 辻斉, 笠原正治, 矢島脩三, ``京都大学情報処理教育センターから総合情報メディアセンターへ,'' 京都大学情報処理教育センター広報, no. 34, pp. 6-23, Mar. 1997.
    11. Kasahara, S., ``International Conference on the Performance and Management of Complex Communication Networks: PMCCN '97, 17-21 November 1997, Tsukuba Science City, Japan,'' Performance Evaluation, vol. 33, no. 2, pp. 137-144, 1998.
    12. 森田哲郎, 立住裕史, 福永康志, 川西康之, 笠原正治, 滝根哲哉, 高橋 豊, ``通信・放送機構 神戸多段接続リサーチセンターの研究紹介 −多段接続された CATV 網による通信・放送統合技術に関する研究開発−,'' 画像電子学会誌, vol. 29, no. 5, pp. 614-616, 2000.9.
    13. 笠原正治, ``性能評価に向けたインターネットトラヒックモデリング,'' TELECOM FRONTIER, no. 40, pp. 13-19, 2003.
    14. 笠原正治, ``ユビキタスと次世代ネットワーク 〜モデルの観点から〜,'' インターネット技術第163委員会 (ITRC) 次世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会(NGN) ワークショップ (ITRC-NGN 2003), pp. 47-50, 2003.10.17.
    15. 滝根哲哉, 笠原正治, 三好直人, ``「待ち行列」研究部会報告,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2004 年度春季研究発表会, アブストラクト集, 1-D-13, 2004.3.17-18.
    16. Sasase, I., Miyake, K., Kasahara, H., Kasahara, S., and Asaka, T., ``Annual Report of Technical Committee on Network Systems,'' IEICE Communications Society Global Newsletter, vol. 9, pp. 3-5., 2004.
    17. Sasase, I., Miyake, K., Ito, T., Kasahara, H., and Kasahara, S., ``Annual Report of Technical Committee on Network Systems,'' IEICE Communications Society Global Newsletter, vol. 13, pp. 5-7., 2005.
    18. 笠原正治, ``情報通信ネットワーク研究における性能評価について,'' 甲南大学 知的情報通信研究所 第1チーム主催ORC整備事業 講演会 2006.3.17.
    19. 笠原正治, ``ATMで培われたトラヒックフローの理論,'' 電子情報通信学会2006年総合大会, パネル討論, BP-2 ATMに学ぶ -IP品質制 御技術の新たな展開と期待-, 2006.3.25.
    20. 笠原正治, ``トラヒック理論のインターネット設計への応用,'' 電子情報通信学会2006年ソサイエティ大会, チュートリアル講演, BT-2-4 ネットワーク性能の解析評価技術の実際, 2006.9.21.
    21. Miyake, K., Sasase, I., Yamamoto, M., Ito, T., Tode, H., and Kasahara, S., ``Annual Report of Technical Committee on Network Systems,'' IEICE Communications Society Global Newsletter, vol.17, pp.3-5, 2006.
    22. 笠原正治, ``この本をお勧めします,'' ザ・ゴール分担当, 電子情報通信学会通信ソサイエティマガジン, No.2 秋号, p.43, 2007.
    23. 笠原正治, ``The IEEE International Conference on Communications 2007 (ICC-2007),'' 国際会議報告, 概況報告, 電子情報通信学会通信ソサイエティマガジン, No. 3 冬号, pp. 20-21, 2007.
    24. 笠原正治, ``2007 IEEE International Conference on Communications (ICC-2007),'' 国際会議報告, 電子情報通信学会誌, vol.91, no.1, p.74, 2008.
    25. 電子情報通信分野 科学技術・研究開発の国際比較2008年版, ネットワーク分野・基礎理論 一部執筆, 独立行政法人 科学技術振興機構 研究開発戦略センター, CRDS-FY2007-IC-06, 平成20年2月.
    26. 笠原正治, 特集``インターネット性能評価の新潮流,'' 巻頭言, オペレーションズ・リサーチ, vol. 53, no. 6, p. 314, 2008.
    27. 笠原正治, ``ネットワークシミュレーションをもっと身近に,'' 巻頭言, 電子情報通信学会通信ソサイエティマガジン, No. 6 秋号, p. 1, 2008.
    28. 電子情報通信分野 科学技術・研究開発の国際比較2009年版, ネットワーク分野・基礎理論 一部執筆, 独立行政法人 科学技術振興機構 研究開発戦略センター, CRDS-FY2009-IC-02, 平成21年5月.
    29. 電子情報通信学会「ハンドブック/知識ベース」 5群1編5章「待ち行列ネットワークモデル」執筆.
    30. 数理工学事典, 朝倉書店, 2011年11月. 分担執筆「待ち行列モデル」・ 「ネットワーク算法」執筆.
    31. 笠原正治, ``確率を用いた最適戦略 -条件付き確率とマルコフ連鎖への誘い-,'' 数理工学のすすめ 改訂3版, 京都大学工学部情報学科数理工学コース編集, 現代数学社, pp. 23-27, 2011.
    32. 電子情報通信分野 科学技術・研究開発の国際比較2011年版, ネットワーク分野 一部執筆, 独立行政法人 科学技術振興機構 研究開発戦略センター, CRDS-FY2011-IC-03, 平成23年6月.
    33. 笠原正治 ``待ち行列理論と情報システム性能評価,'' 日本オペレーションズ・リサーチ学会 待ち行列研究部会 第7回 「学生・初学者のための待ち行列チュートリアル」, 2012.6.16.
    34. 笠原正治, ``大規模データセンターのタスク・スケジューリング 〜信頼性の観点から〜,'' 第27回奈良先端大産学連携フォーラム「最先端研究NOW 〜未来へつなげる科学技術〜」, 2013.3.11.
    35. 笠原正治, ``論文の書き方(英文),'' 電子情報通信学会 2013年ソサイエティ大会 ソサイエティ特別企画 論文の書き方講座, BK-2-2, pp. 14-25, 2013.
    36. 笠原正治, ``ビッグデータ計算基盤,'' 奈良先端科学技術大学院大学公開講座2013 「ビッグデータが世界を変える, あなたに迫る超大規模データ」, 2013.10.12.
    37. 笠原正治, 書評 河本薫著 会社を変える分析の力, オペレーションズ・リサーチ, vol. 59, no. 2, pp. 96-97, 2014.
    38. 笠原正治, ``論文の書き方(英文),'' 電子情報通信学会 2014年総合大会 ソサイエティ特別企画 論文の 書き方講座, BK-2-2, pp.~14--26, 2014.3.20.
    39. 笠原正治, ``待ち行列理論と情報システム性能評価,'' オペレーションズ・リサーチ, vol. 59, no. 4, pp. 191-197, 2014.
    40. 読売新聞奈良版「ドキ★ワク先端科学」第6回:情報科学研究科 笠原正治, 「データ処理の役割分担」, 2014年7月11日.
    41. 笠原正治, ``論文の書き方(英文),'' 電子情報通信学会 2014年ソサイエティ大会 ソサイエティ特別企画 論文の 書き方講座, BK-2-2, pp. 13-25, 2014.9.23.
    42. 笠原正治, ``クラウド・コンピューティングとバックアップタスク型ジョブ・スケジューリング,'' 第4回 甲南大学知能情報学部 大学間連携共同研究シンポジウム, 2014年12月19日.
    43. 笠原正治, ``論文の書き方(英文),'' 電子情報通信学会 2015年総合大会 ソサイエティ特別企画 論文の 書き方講座, BK-2-2, pp. 13-26, 2015.3.10.
    44. 笠原正治, 図書紹介 未来へつなぐデジタルシリーズ29 待ち行列理論の基礎と応用, 電子情報通信学会誌, vol. 98, no. 4, p. 329, 2015.
    45. Kasahara, S., Foreword for Special Section of Position Papers Exploring Innovative Intelligence and Technologies in Communications, Part II, IEICE Transactions on Communications, vol. E98-B, no. 12, 2015. (PDF)
    46. 笠原正治, ``ビットコインのしくみとトランザクション承認時間解析,'' 第5回 甲南大学知能情報学部 大学間連携共同研究シンポジウム, 2016.1.8.
    47. シンギュラリティ 限界突破を目指した最先端研究, NAIST-IS書籍出版委員会編, 近代科学社, 2016.2.29. ``スケールアウト技術'' pp.66-70, および ``サービス・サイエンスによるイノベーション'' pp.266-270, 執筆.
    48. Kasahara, S., IEICE Transactions on Communications: Editor’s Message, IEICE Transactions on Communications, vol. E99-B, no. 6, 2016. (PDF)
    49. 笠原正治, ``「ビットコインの優先処理メカニズムとトランザクション承認時間に与えるインパクト,'' 第6回 甲南大学知能情報学部 大学間連携共同研究シンポジウム, 2016.12.2.
    50. 笠原正治, ``極値理論と情報システム評価への応用,'' 電子情報通信学会誌, vol. 100, no. 4, pp. 266-272, 2017.
    51. 笠原正治, ``インパクトファクタ狂騒曲,'' 電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン, no. 43, 2017年冬号 巻末言.
  • 投稿中
    1. Kawahara, J., Sonoda, K., Inoue, T., and Kasahara, S., ``Direct Construction of Binary Decision Diagrams for Network Reliability with Imperfect Vertices,'' Submitted for review.
    2. Apichanukul, W., Kawahara, J., and Kasahara, S., ``An elaborate task distribution with utilization- and locality-aware algorithm for Hadoop,'' Submitted for review.
    3. Hara, T., Sasabe, M., and Kasahara, S., ``Geographical Risk Analysis Based Path Selection for Automatic, Speedy, and Reliable Evacuation Guiding Using Evacuees’ Mobile Devices,'' Submitted for review.
    4. Limpianchob, C., Sasabe, M., and Kasahara, S., ``A push strategy optimization model for a marine shrimp farming supply chain network,'' Submitted for review.
    5. Zhang, Y., Shen, Y., Taleb, T., Jiang, X., and Kasahara, S., ``Mode Selection and Spectrum Partition for D2D Inband Communications: A Physical Layer Security Perspective,'' Submitted for review.
    6. Nakahata, Y., Kawahara, J., Horiyama, T., and Kasahara, S., ``Enumerating All Spanning Shortest Path Forests Using Zero-suppressed Binary Decision Diagrams,'' Submitted for review.
    7. Kawase, Y., and Kasahara, S., ``Priority Queueing Analysis of Transaction-Confirmation Time for Bitcoin Blockchain,'' Submitted for review.
  • 学位論文
    1. 笠原正治, ``有限待合室を有するM/G/1/Kシステムの3種類のサービス規範における待ち時間の解析,'' 京都大学 工学部 数理工学科 卒業論文 1989.3.
    2. Kasahara, Shoji, ``Analysis of an SPP/G/1 System with Multiple Vacations and E-limited Service Discipline,'' M.E., Kyoto University, Kyoto, Japan, 1991.3.
    3. Kasahara, Shoji, Studies on Queueing Models with Vacations and Their Applications, Ph.D. Dissertation, Kyoto University, Kyoto, Japan, 1996.5.
  • 受賞
    1. 電子情報通信学会, 通信ソサイエティ, 活動功労感謝状, 2002年9月11日.
    2. 電子情報通信学会, ネットワークシステム研究会, ネットワークシステム研究賞, 2006年3月1日.
      受賞対象論文:橘 拓至, 笠原正治, ``光バースト交換網におけるホップ数を考慮したバーストクラスタ伝送,'' 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2005-147), pp.57-60, 2005.12.16.
    3. 電子情報通信学会, 通信ソサイエティ, 活動功労賞(企画運営に関する貢献), 2006年9月20日.
    4. 電子情報通信学会, 通信ソサイエティ, 活動功労賞(論文査読に関する貢献), 2006年9月20日.
    5. 電気通信普及財団, 第22回電気通信普及財団賞(テレコムシステム技術賞), 2007年3月19日.
    6. 電子情報通信学会, 通信ソサイエティ, 活動功労賞(研専運営会議/研専総務幹事としての貢献), 2010年9月15日.
    7. 電子情報通信学会, 通信ソサイエティ, 活動功労賞(和文マガジン編集委員としての貢献), 2010年9月15日.
    8. KDDI財団, 2010年度KDDI財団優秀研究賞, 2011年3月24日.
    9. 電子情報通信学会, 通信ソサイエティ, 活動功労賞(英文論文誌B編集副委員長としての貢献), 2014年9月24日.
    10. The 12th International Conference on Mobile Web and Intelligent Information Systems (MobiWis 2015), Best Paper Award, August 25, 2015. 受賞対象論文: Komatsu, N., Sasabe, M., Kawahara, J., and Kasahara, S., ``Automatic Evacuation Guiding Scheme Using Trajectories of Mobile Nodes,'' M. Younas, I. Awan, and M. Mecella Eds., Mobile Web and Intelligent Information Systems (Proceedings of The 12th International Conference on Mobile Web and Intelligent Information Systems (MobiWis 2015)), Rome, Italy, 24-26 August 2015), LNCS, vol. 9228, pp. 3-14, 2015.
    11. 電子情報通信学会, 通信ソサイエティ, 活動功労賞(通信ソサイエティ副編集長としての貢献), 2016年9月21日.
  • 受賞(指導学生分)
    1. 安達直世, 電子情報通信学会, 通信ソサイエティ英語セッション奨励賞, 2002年9月11日.
    2. 橘拓至, 日本オペレーションズ・リサーチ学会, 第20回日本OR学会学生論文賞, 2002年9月11日.
    3. 橘拓至, 電気通信普及財団, 第18回テ レコムシステム技術学生賞, 2003年3月17日.
    4. Tuan Phung-Duc, The Best Student Paper Award, The 3rd Asia-Pacific Symposium on Queueing Theory and Network Applications, Taipei, R.O.C., July 30 - August 2, 2008.
    5. Tuan Phung-Duc, 日本OR学会 研究部会「若手によるOR横断研究」主催 「2008年 若手研究交流会」優秀研究発表賞, 2008年.
    6. 加藤 耕太, 日本OR学会 研究部会「若手によるOR横断研究」主催 「若手研究交流会2009」優秀研究発表賞, 2009年.
    7. 加藤 耕太, 日本OR学会 待ち行列研究部会 研究奨励賞, 2010年.
    8. 七尾 翔, The Best Student Paper Award, The 5th International Conference on Queueing Theory and Network Applications (QTNA 2010), Beijing, China, July 24-26, 2010.
    9. 矢実 貴志, 日本OR学会 研究部会「OR横断若手の会」主催 「若手研究交流会2010」優秀研究発表賞, 2010年.
    10. Tuan Phung-Duc, 日本OR学会 待ち行列研究部会 研究奨励賞, 2011年.
    11. 平井 嗣人, 日本OR学会 待ち行列研究部会 研究奨励賞, 2012年.
    12. 田井中智也, 電気通信普及財団, 第27回テレコムシステム技術学生賞, 2012年.
    13. 小西 康晴, 日本OR学会 待ち行列研究部会 研究奨励賞, 2013年.
    14. 橋本 恭佑, The Best Student Paper Award, The 8th International Conference on Queueing Theory and Network Applications (QTNA 2013), Taichung, Taiwan, pp. 23-29, 30 July - 2 August, 2013.
    15. 加藤 将隆, The Best Student Paper Award, The 9th International Conference on Queueing Theory and Network Applications (QTNA 2014), Bellingham, USA, 18-21 August, 2014.
    16. 小川 夏輝, 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ (CQ) 研究会, ベストポスター賞, 2015年7月7日.
    17. 西田知弘, インターネット技術第 163 委員会 (ITRC) 新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会 (NWGN) ワークショップ, 最優秀賞, 2017年9月19日
  • 特許
    1. 発明・考案名 件名:「パケット映像データ伝送方式」
      発明者: 森田哲郎, 立住裕史, 笠原正治, 滝根哲哉, 高橋豊
      特許出願完了通知:平成13年3月2日
      出願番号:特願2001-58847
      特許出願公開番号:特開2002-261820 (P2002-261820A)
      特許公開日:平成14年9月13日
    2. 発明・考案名 件名:「スケーラブル映像配信に向けた予測再送制御」
      発明者:板倉英三郎, 砂原星, 高橋豊, 笠原正治, 増山博之, 内田祐介
      特許出願完了通知:平成18年9月6日
      出願番号:特願2006-242187
      特許出願公開番号:特開2008-67016 (P2008-67016A)
      特許公開日:平成20年3月21日
    3. 発明・考案名 件名:「ネットワーク設計方法,設計装置およびそのプログラム」
      発明者:亀井聡, 川原亮一, 笠原正治, 高橋豊
      特許出願完了通知:平成19年8月24日
      出願番号:特願2007-218461
    4. 発明・考案名 件名:「データ通信システム,データ送信装置,データ送信方法,データ受信装置およびデータ受信方法」
      発明者:板倉英三郎, 砂原星, 高橋豊, 笠原正治, 増山博之, 内田祐介
      国際出願日:平成19年8月30日
      国際出願番号:PCT/JP2007/066917
    5. 発明・考案名 件名:「マルチホップ無線端末およびそのマルチホップ無線端末におけるトラヒック制御法」
      発明者:久礼嘉伸, 板倉英三郎, 高橋豊, 笠原正治, 和久田兼作
      特許出願完了通知:平成20年1月29日
      出願番号:特願2008-017048
      国際出願日:平成21年1月23日
      国際出願番号:PCT/JP2009/051074
      公開番号: WO 2009/096332
      公開日: 2009/08/06
    6. 発明・考案名 件名:「P2P型トラヒック制御システムおよび制御方法」
      発明者:亀井聡, 川原亮一, 笠原正治, 高橋豊
      特許出願完了通知:平成20年7月2日
      出願番号:特願2008-173174
      特許出願公開番号:特開2010-16517 (P2010-16517A)
      特許公開日:平成22年1月21日
    7. 発明・考案名 件名:「ネットワーク構築システムと方法およびプログラムならびにデータ配信方法」
      発明者:亀井聡, 笠原正治, 高橋豊
      特許出願完了通知:平成21年8月31日
      出願番号:特願2009-199739 (P2009-199739)
      特許出願公開番号:特開2011-55070 (P2011-55070A)
      特許公開日:平成23年3月17日
  • 研究助成

  • Home| 大規模システム管理研究室| 情報科学研究科| 奈良先端科学技術大学院大学