研究成果

最新の研究成果

学術論文誌(査読有)

  1. Huihui Wu, YuanYu Zhang, Xuening Liao, Yulong Shen and Xiaohong Jiang, “On Covert Throughput Performance of Two-Way Relay Covert Wireless Communications,” Wireless Networks, 22 Jan. 2020.
  2. Xuening Liao, YuanYu Zhang, Zhenqiang Wu and Xiaohong Jiang, “Buffer-Aided Relay Selection for Secure Two-Hop Wireless Networks with Decode-and-Forward Relays and a Diversity-Combining Eavesdropper,” Ad Hoc Networks Journal, 1 Mar. 2020.
  3. Yuta Nakamura, YuanYu Zhang, Masahiro Sasabe and Shoji Kasahara, “Exploiting Smart Contracts for Capability-Based Access Control in the Internet of Things,” Sensors, vol.20, no.6, art. no. 1793, 24 Mar. 2020.

国際会議論文

国内学会研究会・シンポジウム等

  1. 原崇徳, 笹部昌弘, 笠原正治, “地理リスク情報を考慮した自動避難誘導アプリケーションの設計・実装,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.119, no.367, pp. 35-40, 2020.1.16.
  2. 藤田 健太郎, 張 元玉, 笹部 昌弘, 笠原 正治, “Block Withholding Attackが存在する場合のマイニングプール選択問題,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.119, no.460, pp. 71-76, 2020.3.5.
  3. 豊 美玲, 張 元玉, 笹部 昌弘, 笠原 正治, “Ethereumブロックチェーンを用いたIoT向け分散型属性ベース・アクセス制御方式のコスト評価,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.119, no.460, pp. 77-82, 2020.3.5.
  4. 山本 将成, 笹部 昌弘, 張 元玉, 笠原 正治, “ビットコインネットワークにおけるブロック拡散妨害攻撃への対抗策 ~ 推定ダウンロード速度に基づくブロック取得先選択 ~,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.119, no.460, pp. 83-88, 2020.3.5.
  5. 西 洋平, 笹部 昌弘, 笠原 正治, “Tit-for-Tat型P2P ファイル配信における線形計画法に基づく最小配信時間の分析,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.119, no.460, pp. 141-146, 2020.3.5.
  6. 中西 瑠海, 張 元玉, 笹部 昌弘, 笠原 正治, “IOTAに基づいたIoTアクセス制御方式の設計と実装,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.119, no.460, pp. 295-300, 2020.3.6.
  7. 笠原 正治, “数理的分析から見るビットコイン・マイニング・メカニズム,” 第132回センサーネットワーク研究会, 2020.3.23.

国内学会大会等

解説・総説

マスコミ報道

表彰・受賞