Languages

2017 / 2016 / 2015 / 2014 / 2013 / 2012

2012年の研究成果

学術論文誌(査読有)

  1. Marino Mitsumura, Hiroyuki Masuyama, Shoji Kasahara and Yutaka Takahashi, “Effect of Application-Layer Rate-Control Mechanism on Video Quality for Streaming Services,” Journal of Industrial and Management Optimization, vol.8, no.4, pp. 807-819, Nov. 2012.
  2. Ryo Yoshinaka, Jun Kawahara, Shuhei Denzumi, Hiroki Arimura and Shin-ichi Minato, “Counterexamples to the long-standing conjecture on the complexity of BDD binary operations,” Information Processing Letters, vol.112, no.16, pp. 636-640, 23 May. 2012.
  3. Ryo Yoshinaka, Toshiki Saitoh, Jun Kawahara, Koji Tsuruma, Hiroaki Iwashita and Shin-ichi Minato, “Finding All Solutions and Instances of Numberlink and Slitherlink by ZDDs,” Algorithms, vol.5, no.2, pp. 176-213, 5 Apr. 2012.
  4. Sho Nanao, Hiroyuki Masuyama, Shoji Kasahara and Yutaka Takahashi, “Effect of Node Churn on Frame Interval for Peer-to-Peer Video Streaming with Data-Block Synchronization Mechanism,” Peer-to-Peer Networking and Applications, vol.5, no.3, pp. 244-256, 4 Jan. 2012.

国際会議論文(査読有)

  1. Kosuke Hashizume, Tuan Phung-Duc, Shoji Kasahara and Yutaka Takahashi, “Queueing Analysis of Internet-Based Call Centers with Interactive Voice Response and Redial,” The 17th International Workshop on Computer-Aided Modeling Analysis and Design of Communication Links and Networks (IEEE CAMAD 2012), pp. 373-377, 19 Sep. 2012.
  2. Haruki Katayama, Hiroyuki Masuyama, Shoji Kasahara and Yutaka Takahashi, “The Effect of Spectrum Sensing Overhead on Throughput Performance for Cognitive Radio Networks with Channel Bonding,” The 7th International Conference on Queueing Theory and Network Applications (QTNA2012), 3 Aug. 2012.
  3. Tsuguhito Hirai, Hiroyuki Masuyama, Shoji Kasahara and Yutaka Takahashi, “Effect of Backup Tasks on Response Time Performance for Cloud Computing,” The 7th International Conference on Queueing Theory and Network Applications (QTNA2012), 1 Aug. 2012.
  4. Yasuharu Konishi, Hiroyuki Masuyama, Shoji Kasahara and Yutaka Takahashi, “Performance Analysis of Dynamic Spectrum Access with Channel Bonding for Cognitive Radio Networks,” The 7th International Conference on Queueing Theory and Network Applications (QTNA2012), 1 Aug. 2012.
  5. Wolfgang Bein, Naoki Hatta, Nelson Hernandez-Cons, Hiro Ito, Shoji Kasahara and Jun Kawahara, “An Online Algorithm Optimally Self-Tuning to Congestion for Power Management Problems,” The 9th International Workshop on Approximation and Online Algorithms (WAOA 2011), Lecture Notes In Computer Science, vol.7164/2012, pp. 35-48, 2012.

国内学会研究会・シンポジウム等

  1. 笠原 正治, “クラウド・コンピューティングにおけるタスクスケジューリング問題と確率論的アプローチ,” JST ERATO 湊離散構造処理系プロジェクト セミナー講演, 2012.12.6.
  2. 平井嗣人, 増山博之, 笠原 正治, 高橋豊, “極値理論を用いた大規模分散並列処理用タスク複製スケジューリングの性能解析,” 日本オペレーションズ・リサーチ学会「OR横断若手の会」研究部会 若手交流会, 2012.10.28.
  3. 山本究, 増山博之, 笠原 正治, 高橋豊, “コグニティブ無線におけるスペクトラム・センシングの検知精度を考慮した二次利用端末のスループット解析,” 日本オペレーションズ・リサーチ学会「OR横断若手の会」研究部会 若手交流会, 2012.10.28.
  4. 橋本恭佑, 増山博之, 笠原 正治, 高橋豊, “大規模並列分散処理システムにおけるデッドライン・タイムつきバックアップ・タスク処理の性能解析,” 日本オペレーションズ・リサーチ学会「OR横断若手の会」研究部会 若手交流会, 2012.10.28.
  5. 笠原 正治, “待ち行列理論と情報システム性能評価,” 日本オペレーションズ・リサーチ学会 待ち行列研究部会 第7回 「学生・初学者のための待ち行列チュートリアル」, 2012.6.16.
  6. 川原 純, 湊 真一, “組合せ問題の解を列挙索引化するZDD構築アルゴリズムの汎用化,” 電子情報通信学会コンピュテーション研究会, 信学技報, vol.112, no.93, pp. 1-7, 2012.6.
  7. 原 健三, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, “集団on-off到着過程によるインターネットトラヒック同定法の検討,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.NS2011-250, pp. 397-402, 2012.3.9.
  8. 川村 亮太, 笠原 正治, 高橋 豊, “P2Pライブストリーミングにおける遅延と帯域を考慮した動的オーバレイトポロジー再構築法の検討,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.NS2011-245, pp. 369-374, 2012.3.9.
  9. 三村 麻梨乃, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, “ストリーミング動画配信機構におけるアプリケーション層レベルのフィードバック型転送レート制御の解析的検討,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.NS2011-215, pp. 203-208, 2012.3.9.
  10. 橋爪 康佑, フン ドック トゥアン, 笠原 正治, 高橋 豊, “再試行型待ち行列による自動音声応答装置と顧客の再呼があるコールセンタの性能解析,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.NS2011-198, pp. 107-112, 2012.3.9.
  11. 平井 嗣人, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, “Performance analysis of backup tasks in cloud computing: an extreme value theory approach,” 待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」, pp. 51-60, 2012.1.18.
  12. 小西 康晴, 増山 博之, 笠原 正治, 高橋 豊, “Performance analysis of dynamic spectrum handoff scheme with variable bandwidth demand of secondary users for cognitive radio networks,” 待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」, pp. 41-50, 2012.1.18.

国内学会大会等

  1. 井上 武, 高野圭司, 渡辺喬之, 川原 純, 吉仲 亮, 岸本章宏, 津田宏治, 湊 真一, 林 泰弘, “ZDDを用いた系統運用制約を満たす配電網構成の網羅的探索手法,” 平成24年電気学会全国大会, no.6, pp. 52-53, 2012.3.
  2. 川原 純, “トップダウンBDD/ZDD構築法で列挙可能な構造について,” 電子情報通信学会総合大会 企画セッション 「The Art of Large-Scale Discrete Structure Manipulation-ERATO湊離散構造処理系プロジェクトシンポジウム(第3回)-, 2012.3.
  3. 井上 武, 高野圭司, 渡辺喬之, 川原 純, 吉仲 亮, 岸本章宏, 津田宏治, 湊 真一, 林 泰弘, “フロンティア法の電力網構成制御への応用,” 電子情報通信学会 2012総合大会, vol.DK-2-3, ppSS9-SS12, 2012.3.
  4. 吉仲 亮, 岩下洋哲, 川原 純, 斎藤寿樹, 鶴間浩二, 湊 真一, “フロンティア法の種々のリンクパズル問題への応用,” 電子情報通信学会 2012総合大会, vol.DK-2-2, ppSS5-SS8, 2012.3.

解説・総説

  1. 川原 純, 湊 真一, “グラフ列挙索引化技法の種々の問題への適用,” オペレーションズ・リサーチ, vol.57, no.11, pp. 604-609, 2012.11.
  2. 川原 純, “私のブックマーク 「決定グラフを用いたデータ構造」,” 人工知能学会誌, vol.27, no.5, pp. 532-536, 2012.9.
  3. 川原 純, 斎藤寿樹, 湊 真一, “ZDDを用いた新たな列挙手法(小特集「広がる列挙の技術 --- 列挙による問題解決アプローチ ---」),” 電子情報通信学会誌, vol.95, no.6, pp. 505-511, 2012.6.
  4. 川原 純, “ZDDを用いたパスの列挙と索引生成,” LAシンポジウム会誌, vol.58, 2012.1.