2017年電子情報通信学会総合大会 ( 3/22 ~ 3/25 )

こんにちは,
M1の原です.

3月22日〜25日に名古屋市の名城大学天白キャンパスで行われた2017年電子情報通信学会総合大会に参加しました.

原,藤井,香山の3名が発表を行ないました.

原と藤井の研究は災害時のモバイルクラウド避難誘導に関連する内容,香山の研究は制御可能型P2Pコンテンツ配信に関連する内容です.

避難者・モバイル端末間連携型自動避難誘導における避難経路選択方式に関する一検討 (発表者: 原)

通行不能箇所情報の共有による孤立領域検出方式に関する一検討 (発表者: 藤井)

Tit-for-Tat型P2Pファイル配信におけるピアの途中離脱が平均ファイル取得時間に与える影響に関する一検討 (発表者: 香山)

 

 

情報処理学会アルゴリズム研究会(2017年3月13日~14日)

こんにちは.

M1広報係の中畑です.

3月13日~14日に大分県の湯布院公民館で行われた,情報処理学会アルゴリズム研究会に参加してきました.

本研究室からは中畑が「グラフの連結成分の大きさを考慮した連結成分分割の高速な列挙」と題して発表を行いました.ZDDを用いた研究です.

今回のアルゴリズム研究会では本研究室の川原先生が幹事を務めていらしたのですが,お昼には川原先生による現地のランチガイドもありました.

1日目のお昼には,地元の名物であるらしい鶏を使った鶏めし定食をいただきました.

1日目の夜には懇親会があり,焼肉&海鮮をいただきました.おいしかったです.

研究会では自分と近い研究分野の発表が聞けたり,異なる分野でも興味深いお話が聞けたりして有意義でした.

電子情報通信学会NS/IN研究会(2017年3月2日〜3日)

こんにちは。
M1広報係の飯塚です。

3月2日〜3日に沖縄県の沖縄残波岬ロイヤルホテルで行われた電子情報通信学会NS/IN研究会に参加しました。

研究会 開催プログラム – 2017-03-NS-IN

 

本研究室からは飯塚,西田,原の3名が発表を行いました。

飯塚と西田の研究は自律分散型コグニティブ無線システムについて,原の研究は災害時のモバイルクラウド避難誘導についてのものです。

 

コグニティブ無線における協調センシングのための多腕バンディット問題を応用したグループ形成法(発表者:飯塚)

 

複数プライマリ・ユーザ型コグニティブ無線における協調センシングのための通信機会を考慮したセカンダリ・ユーザ間グループ形成手法(発表者:西田)

 

避難者・モバイル端末間連携型自動避難誘導における経路の長さと信頼性を考慮した避難経路選択方式に関する一検討(発表者:原)

 

会場のホテルは沖縄の海に接しており,いつもは海に面していない県に住んでいる私たちにとっては久しぶりに見る海の景色でした。

 

夕食では沖縄の珍味にもチャレンジしました。

 

NAISTに入学してからは初めての対外発表でした。今後の研究に活かしていきたいです。

受験生のためのオープンキャンパス2017 (2/25)

こんにちは.

M1広報係の中畑です.スプリングセミナーの翌日の2月25日に受験生のためのオープンキャンパスが開催されました.

受験生のためのオープンキャンパス2017

大規模システム管理研究室では,研究室の説明や研究のデモなどを行いました.

教授による研究室説明です.

コグニティブ無線についての説明です.

災害時のモバイルクラウド避難誘導についてのデモでは,来場者の方々にウェアラブルデバイスを用いた避難誘導システムを体験していただきました.

他にも,ビットコインのマイニングのデモや,ポスター展示を行い,来場者の方の興味に合わせて説明を行っていました.

たくさんの方にお越しいただき,ありがとうございました.

スプリングセミナー2017 (2/23〜2/24)

こんにちは。

M1広報係の飯塚です。
スプリングセミナーでTAをやっていました。

NAISTの受験を考えている学生のためのスプリングセミナーが2/23〜2/24にかけて行われました。

NAISTスプリングセミナー2017

大規模システム管理研究室では「多腕バンディット問題のアルゴリズムを用いた大貧民AI」と「大規模グラフの数え上げ」というテーマにそれぞれ1名ずつの受講生が来てくれました。

「多腕バンディット問題のアルゴリズムを用いた大貧民AI」では,本研究室で取り組んでいる多腕バンディット問題の研究に関連して,UCT探索を使ったコンピュータ大貧民のAIを作成してもらいました。1日目は多腕バンディット問題の講義を行い方策をいくつか実装してもらったあと,ゲーム木の扱いに慣れるために完全情報ゲームである三目並べのAIの作成に取り組んでもらいました。2日目はUCT探索についての講義を行ったあと,多腕バンディット問題のアルゴリズムを用いてコンピュータ大貧民のAIを作成してもらいました。

「大規模グラフの数え上げ」では,ZDD(ゼロサプレス型二分決定グラフ)のライブラリであるGraphillionを用いてグラフの数え上げを行ってもらいました。1日目にはZDDで解くことができる問題に慣れてもらうためにGraphillionのチュートリアルに取り組んでもらい,応用的な問題にもいくつか挑戦してもらいました。2日目はZDDとフロンティア法についての講義を行ったあと,プログラミングコンテストの問題を題材にグラフの数え上げに取り組んでもらいました。

2日目のお昼には懇親会が行われました。この場でCICP(NAISTの学生によるプロジェクト型研究)の成果発表も行われました。

このスプリングセミナーを通して大規模システム管理研究室の研究テーマに興味を持っていただけたなら幸いです。

WordPress Themes