ITRC NWGN ワークショップ Vision21@みのたにグリーンスポーツホテル (9/14-9/15)

表題の、ITRC NWGN ワークショップ Vision21に、M2糸井、小川、小松、M1笠井で参加させて頂いたので、その報告です。

ITRC NWGN ワークショップ Vision21は、以下の趣旨に則って開催されており、約20年の歴史を持つ伝統的な勉強会です。関西を中心に多くの大学の先生や学生が一同に会し、合宿形式で日頃の研究の成果を発表し合います。

新世代ネットワーク構築のための基盤技術の現状と今後の動向について、特に若手の研究者らが中心となり、研究発表を通して意見交換を行う。

今回は、M2の3名がポスターセッションでの発表を行いました。

まず、会場に到着し、天気が良かったので、外で昼食をとりました。景色も良かったです。

昼食

昼食

1日目は、オーラルのセッションが開催されました。

一般的な研究会とは異なり、一人の発表の持ち時間が40分(発表20分、質疑応答20分!)あるため、かなり濃い議論が展開されており、私が参加したどの研究会よりも厳しいコメントが飛んでいたように思えます。矢継ぎ早に飛んで来る質問に回答する発表者のレベルも高かったように感じました。

その夜は、関西中心に色々な学校からの参加者合同のナイトセッションが開催されました。

ナイトセッション

ナイトセッション

色々な話をすることが出来て良かったです。

2日目は、いよいよM2の3人が発表をおこなうポスターセッションです。

それぞれのセッションで、75分の持ち時間があるので、喋りっぱなしでした。

以下、その様子です。

ポスターセッション

ポスターセッション

ポスターセッション

ポスターセッション

DSC00327

ポスターセッション

研究会での発表とは違い、制限時間が固定されているわけではないので、かなり深く追求され、色々と考えることが多かったです。

なかなか、これだけの規模での勉強会に参加できる機会は無いと思います。良い経験になりました。

WordPress Themes