Category: 研究室イベント

新入生歓迎会 (10/6)

こんにちは。M1広報係の飯塚です。
インターンシップで東京に行っている間,自炊をしない生活を何週間か続けていたら,自炊意欲が完全に消失しました。

NAISTには秋入学の制度があり,大規模システム管理研究室にも10月から1名の学生が配属されました。
そこで,木曜日の講義が終わったあと,ミーティング室で新入生歓迎会を実施しました。

今回の新入生歓迎会では,M1の学生が不定期にやっている「夕食を作る会」で評判が良かった,鍋とたこ焼きを作ることになりました。

p_20161006_191516

p_20161006_192652

 

鍋は新入生の要望によりキムチ鍋になりました。

p_20161006_192928

 

たこ焼き作りは以前よりも格段に上達していると思います。

p_20161006_191413

 

東北出身の学生がお土産として持ってきてくれた日本酒を飲んで教授も満足の様子です。

p_20161006_192643

p_20161006_191451

p_20161006_191422

大規模システム管理研究室は,教員・スタッフが4名,学生が13名の計17名となりました。

何卒よろしくお願い致します。

M1の研究テーマ紹介その2

こんにちは。M1広報係の飯塚です。

鍋会の記事でM1の研究テーマを5名分紹介したのですが,この記事を読んだ受験生の方から研究テーマについてメールでお問い合わせを頂くことがあったので,残りの3名分についても紹介しておこうと思います。

 

P2Pによるコンテンツ配信の研究をしている香山くんです。
先週からインターンシップで東京に行っているので研究室の席は空席です。

p_20160802_153140

 

ビットコインのトランザクションの数理的解析の研究をしている河瀬くんです。
趣味でデータ分析のコンペに参加していて,もっとたくさんメモリが載ったマシンが欲しいそうです。

p_20160926_130628

 

大規模データ処理アルゴリズムの研究をしている吉田くんです。
学校をこっそり抜け出してボルダリングに行くのにハマっています。

p_20160802_104403

 

NAISTの受験を検討していて個別の研究テーマについて詳しく知りたい方はいつでもメールでご連絡ください。11月のオープンキャンパスでもお待ちしています。

研究室旅行 (8/2〜8/3)

こんにちは。M1広報係の飯塚です。

Ⅱ期の試験が終わり,滋賀県まで研究室旅行に行ってきました。

 

最初は彦根城に行きました。

Slack for iOS Upload

 

昼食は近江ちゃんぽんです。

Slack for iOS Upload-3

 

次は琵琶湖で竹生島クルーズに行きました。

Slack for iOS Upload-5

P_20160802_143843

Slack for iOS Upload-6

 

夕食はすき焼き or しゃぶしゃぶです。

1470704888109

1470704908476

1470704902952

 

2日目は比叡山に行きました。

Slack for iOS Upload-1

昼食は比叡山そばです。

P_20160803_123424

 

最後は近江神宮に行きました。

P_20160803_120818_PN

 

リフレッシュできたので,夏休みも研究をがんばります。

タイからのインターンシップ生 (5/23〜7/11)

こんにちは。M1広報係の飯塚です。

5/23〜7/11まで,タイのChulalongkorn大学からMongkud Klungpornkunさんがインターンシップとして来てくれました。

 

6/1には研究室ミーティングの後にゼミ室で歓迎会を行いました。

P_20160601_184034

 

インターンシップの課題として,KaggleのPredicting Check Insというタスクに取り組んでもらいました。これはGPSの測位データからユーザがチェックインした施設の予測を行うタスクで,機械学習の手法を用いて高精度な予測を実現していました。

 

インターンシップの最終日には,笠原教授から修了証の授与がありました。

DSC00988

DSC00989

 

2か月ほどの滞在でしたが,良い刺激を受けることができたと思います。

新入生歓迎会 (4/20)

はじめまして。大規模システム管理研究室に新しく配属されたM1の飯塚です。

 

4月15日に配属先の研究室が決まり,4月20日に新入生歓迎会が開催されました。

 

会場は近鉄奈良駅周辺の鳥貴族でした。

この写真は近鉄奈良駅を出たところにある行基像というもので,待ち合わせ場所としてよく使われているそうです。

1

 

食べ放題,飲み放題プランだったので,食べまくっています。

2

3

 

あの有名な「せんとくん」も,学生寮までの帰り道の途中で見つけました。

4

 

今年度の大規模システム管理研究室は,教員・スタッフが4名,学生が12名の計16名となりました。

何卒よろしくお願い致します。

オープンキャンパス(2/27)

デスクトップが散らかっています.M2の糸井です.

 

2/27  受験生のためのオープンキャンパス2016が開催されました.

 

1Fでポスターを展示するとともに

B棟7Fの大規模システム管理研究室において研究紹介やデモを行いました.

 

スクリーンショット 2016-03-22 18.11.04

 

 

スクリーンショット 2016-03-22 18.33.25

 

 

 

 

最上階にも関わらず,とても多くの方々にお越しいただきました.

 

スクリーンショット 2016-03-22 18.39.09

 

スクリーンショット 2016-03-22 18.31.11

 

 

休憩

スクリーンショット 2016-03-22 19.30.45

 

 

スクリーンショット 2016-03-22 19.34.57

 

今年度いっぱいで去る現M2が参加するオープンキャンパスはこれで最後となります.

 

 

来てくださった方々,ありがとうございました.

 

 

本研究室に少しでも興味を持っていただければ幸いです.

 

 

おしまい

オープンキャンパス(第21回高山サイエンスタウンフェスティバル)

こんにちは

 

 

夢でバッターボックスに立ちましたが四球でした.M2の糸井です.

 

 

 

打ちたかったなぁ…

 

 

 

 

 

先日,本学のオープンキャンパスが開催されました.

 

 

あいにくのお天気でしたが,多くの方々がお越しくださいました.

 

 

 

本研究室は,「スマートフォンによる避難誘導の自動化」というテーマでデモとポスターの展示を行いました.

 

 

以下,私たちのブースの様子です.

 

s_2015-11-08 11.41.30

 

 

s_2015-11-08 11.46.42

 

 

 

 

小さなお子様を含め,多くの方に説明させていただきました.

 

 

興味を持っていただければ幸いです.

ITRC NWGN ワークショップ Vision21@みのたにグリーンスポーツホテル (9/14-9/15)

表題の、ITRC NWGN ワークショップ Vision21に、M2糸井、小川、小松、M1笠井で参加させて頂いたので、その報告です。

ITRC NWGN ワークショップ Vision21は、以下の趣旨に則って開催されており、約20年の歴史を持つ伝統的な勉強会です。関西を中心に多くの大学の先生や学生が一同に会し、合宿形式で日頃の研究の成果を発表し合います。

新世代ネットワーク構築のための基盤技術の現状と今後の動向について、特に若手の研究者らが中心となり、研究発表を通して意見交換を行う。

今回は、M2の3名がポスターセッションでの発表を行いました。

まず、会場に到着し、天気が良かったので、外で昼食をとりました。景色も良かったです。

昼食

昼食

1日目は、オーラルのセッションが開催されました。

一般的な研究会とは異なり、一人の発表の持ち時間が40分(発表20分、質疑応答20分!)あるため、かなり濃い議論が展開されており、私が参加したどの研究会よりも厳しいコメントが飛んでいたように思えます。矢継ぎ早に飛んで来る質問に回答する発表者のレベルも高かったように感じました。

その夜は、関西中心に色々な学校からの参加者合同のナイトセッションが開催されました。

ナイトセッション

ナイトセッション

色々な話をすることが出来て良かったです。

2日目は、いよいよM2の3人が発表をおこなうポスターセッションです。

それぞれのセッションで、75分の持ち時間があるので、喋りっぱなしでした。

以下、その様子です。

ポスターセッション

ポスターセッション

ポスターセッション

ポスターセッション

DSC00327

ポスターセッション

研究会での発表とは違い、制限時間が固定されているわけではないので、かなり深く追求され、色々と考えることが多かったです。

なかなか、これだけの規模での勉強会に参加できる機会は無いと思います。良い経験になりました。

MobiWis2015@Rome (8/24-8/26)

M2小松です。

8/24-8/26に、イタリアのローマで開催された国際会議MobiWis2015に参加させて頂いたので、その報告をします。

まず、MobiWisとは、以下の様な理念に基づく国際会議になっています。

The conference comprises a set of carefully selected tracks that focus on the particular challenges regarding mobile Web and intelligent information systems in research areas such as, among others, Web Engineering, Service-Oriented Computing, Web of Things, Data and Knowledge Management, Cloud Computing, Security and Human-Computer Interaction.

私は、”Automatic Evacuation Guiding Scheme Using Trajectories of Mobile Nodes” というタイトルで発表を行いました。

関空(KIX)→イスタンブール(IST)→ローマ(FCO)の飛行は、人生初の12時間以上のフライトだったために、かなり疲労しました。

DSC00061_b

アタテュルク国際空港

フィウミチーノ空港

フィウミチーノ空港

MobiWis2015は、キーノートセッションから始まり、内容は、産学連携の大規模なクラウドシステムに関する講演でした。

キーノートセッション

キーノートセッション

私の発表は、このキーノートセッション直後のセッションでした。

発表会場

発表会場

発表前に、座長の先生が、会場に以下のようなアナウンスをしてくれたおかげで、随分気が楽になりました。

“He is a master course student. This is his first time to take a presentation at international conference.”

発表の様子1

発表の様子1

そうは言っても、初の英語の発表だったため、緊張でガチガチの様子が写真から伺えます。この記事を執筆しながら、当日の緊張感がフラッシュバックしてきています。

発表の様子2

発表の様子2

発表時間は、全部で20分で、内15分が発表で、残り5分が質疑応答でした。英語での質疑応答は、やはり厳しかったです。特に、質問内容が長くなると、途端についていけなくなってしまい、伝家の宝刀”Pardon?”を何回か発動しました。

その後は、会場のホテルでの昼食でした。当たり前ですが、国内の研究会とは異なり、色々な国の人がいて、ほんのり感動していました。

昼食

昼食

2日目は、笹部先生が座長のセッションや、併催されているセッションに参加しました。

MobiWis2015

MobiWis2015

その後、ホテルから離れ、ローマ市街地でのDinner Partyに参加しました。

ちょうどパーティ会場の近くに、かの有名な真実の口があったので、記念写真を撮ってきました。

真実の口

真実の口

ディナーパーティーの会場は、ローマ市街地のホテルの屋上で開催され、その雰囲気に圧倒されました。

ディナーパーティー会場

ディナーパーティー会場

日が暮れると、さらに雰囲気が良く、イタリアのワインが進みました。

ディナーパーティー会場2

ディナーパーティー会場2

ディナーパーティー会場で、MobiWisや併催されていた国際会議における賞の表彰式が行なわれ、光栄なことに、私達も賞を頂くことが出来ました。

受賞

受賞

夜のローマは、昼以上にいい感じでした。

夜のローマ

夜のローマ

国内の研究会とはまた違った雰囲気がある国際会議への参加や、そこでの発表というとても貴重な経験をさせて頂きました。

この経験を今後活かせるように、精進していきたいと思います。

以上です。

PS.

帰国直前に行ったバチカン美術館で観た「アテネの学堂」は、誰もが知っているような哲学者が一堂に会しており、感動しました。

是非、見に行くか、調べてみてください。

アテネの学堂

アテネの学堂

 

Ⅰ期・Ⅱ期お疲れ様会@新石切

7月24日に、大規模システム管理研究室のⅠ期・Ⅱ期お疲れ様会を新石切で行いました。

Ⅰ期・Ⅱ期お疲れ様会では、はじめてNAISTから新石切まで遠征をしました。

飲み会中に、次回は、京橋で開催しましょうという話がでており、会を重ねるごとにレパートリーを増やしていけたらなと思います。

DSC_0038

DSC_0037

WordPress Themes