Category: 研究発表

基盤(S) 離散構造処理系プロジェクト 「2017年度 秋のワークショップ」

M2 の中畑です。

11/12-14 に北海道厚岸町で行われた、基盤(S) 離散構造処理系プロジェクト 「2017年度 秋のワークショップ」に参加しました。

私は「フロンティア法による DAG の DAG への分解」と題してポスター発表を行いました。

▲ポスター発表の様子

研究の方向性についていろいろとアドバイスをいただくことができ有意義でした。

また、口頭発表の部門では様々な分野の発表を聞くことができ勉強になりました。

ちなみに、今回の会場である厚岸町は牡蠣の産地として有名で、ご飯には様々な牡蠣の料理をいただきました。

▲牡蠣めし弁当

▲牡蠣御膳

▲牡蠣

▲牡蠣(アップ)

QTNA2017

中国の秦皇島市で行われた The 12th International Conference on Queueing Theory and Network Applications ( QTNA2017 ) に参加してきました。Shangri-La Hotel Qinhuangdao (秦皇岛香格里拉酒店)というホテルの部屋で行われました。エントランスホールも高級ホテルという雰囲気です。

こちらは開会式の様子です。

発表は2 日目のお昼でした。初めての英語での発表ということもあり緊張しましたが、無事に終わりました。ビットコインのマイニングは中国で盛んに行われているにもかかわらず、ビットコインが流行っていないさそうな感じ意外でした。即時決済はalipay,  wechatpay が流行っていて現金は持たずに、これらで済ませるということもあるみたいでした。

写真を撮り忘れてしまいましたが、餃子が美味しかったです!

電子情報通信学会 NS研究会 (2017/09/07,08)

M2の西田です.

私と飯塚君は,9/7,8に東北大学で開催されたNS研究会(CS,IN,NV併催)に参加しました.

招待講演や新しい研究を知ることができ,とても勉強になる研究会となりました.

(西田 「コグニティブ無線におけるシステム負荷と検知率貢献度を考慮した協調センシングメカニズムの一検討」)

(飯塚「k-out-of-Nルールによる協調センシングのためのマルコフ連鎖モンテカルロ法を用いたパラメータ推定法」)

仙台には美味しいご飯が多く,はらこ飯と牛タンをいただきました.
非常に美味しく,機会があればまた食べたいと思います.

逆光でしたが,城跡の政宗公騎馬像はかっこよかったです.(笑)

寒暖差が大きい季節ですが,体調を崩すことなく頑張りたいと思います.

北海道大学への短期滞在 (8/28-9/8)

M1 の中畑です。

8/28(月)-9/8(金) の 2 週間、北海道大学情報科学研究科の基盤 (S) 離散構造処理系プロジェクトに短期滞在してきました。

同プロジェクトでは方々の研究者(学生含む)を2週間程度ずつ招いて共同研究の土壌を作るということが行われています。

私は以前、同プロジェクトが今年の6月に開催していた初夏のワークショップに参加していたのと、弊研究室の川原先生が以前同プロジェクトのメンバーだったというご縁で今回滞在させてもらうことになりました。

初日は現地のみなさんの前で研究紹介を行った後、海鮮をいただいてきました。

滞在中は、現地の研究者・学生の方々と議論しながら研究の方向性を詰めていきました。

北海道大学は校内に緑が多く、学内に牛がいる(!)など、のどかな印象でした。

土日はフリーだったので、札幌・小樽を観光してきました。

▲さっぽろテレビ塔

▲テレビ塔からの大通公園の眺め

▲時計台

▲天狗山からの小樽の夜景

 

最終日に成果報告をしてお終いです。

普段の研究室とは違う環境で研究をするというのは貴重な機会で、とても刺激になりました。

滞在中の研究の内容をさらに発展させて、今後の成果につなげられればと思います。

WAAC2017@Seoul (8/25-26)

M1 の中畑です。

8/25-26 に韓国のソウルで行われた WAAC2017 に参加してきました。

WAAC はアルゴリズムや計算理論の分野の研究者が集う国際会議で、毎年日本と韓国で交互に開催されています。今年は記念すべき20回目でした。

前日は少し時間があったので、朝鮮王朝の王宮である景福宮(キョンボックン)を観光してきました。

私は8/25に “Enumerating All Rooted Shortest Path Forests Using Zero-suppressed Binary Decision Diagrams” というタイトルで発表を行いました。

初めての英語での発表ということもあり緊張しましたが、良い経験になりました。発表後に他大の近い分野の方々と議論できたのも有意義でした。

今回の会場はソウルの漢陽大学校 (Hanyang University) だったので、お昼には学食でビビンバをいただきました。韓国海苔を混ぜ込んで食べるのがおいしかったです。

 

Mobiwis2017@Prague (8/21-8/23)

M2の原です.

8/21-8/23にチェコのプラハで開催された国際会議MobiWis2017に参加しました.

Mobiwis2017はキーノートセッションから始まりました.IoTセキュリティに関する内容です.

私は,8/21のキーノートセッション後のセクションで,“Short and Reliable Path Selection for Automatic Evacuation Guiding Based on Interactions Between Evacuees and Their Mobile Devices”というタイトルで発表しました.


英語での質疑応答は厳しかったです.
しかし発表後,興味を持って頂いた方々と話ができ,有意義な時間を過ごすことができました.
私自身初めての国際会議だったので,発表後は緊張の糸が切れ,疲れがドッときました.

その夜にはレセプションパーティーがプラハ城が見える会場でありました.

レセプションパーティーで抽選会?のようなものがあったのですが,笹部先生がスマートウォッチを当ててご満悦のご様子です.

8/22はビッグデータのセキュリティとプライバシー,8/23はHadoopやSparkに関するキーノートセッションと興味のある発表を聞きました.
また,時間があったので,プラハ城の辺りを探索しました.プラハは欧州の中でも中世の趣を感じることができます.一方で,鉄道やトラムといった近代的な公共交通機関も充実しています.そして気候も涼しく非常に過ごしやすい街です.

夕食はGoulash(グラーシュ)という郷土料理(ビーフシチュー)を頂きました.

また,関空(KIX)→フランクフルト(FRA)→プラハ(PRG)を利用し,1日かけて移動しました.
乗り継ぎ時間が短く慌ただしかったですが,無事に帰国できました.

ITRC meet41 2017.5.18-19

こんにちは.
M2の原です.

5/18-19に筑波大学 東京キャンパスで行われたITRC meet41に参加しました.

私は災害時のモバイルクラウド避難誘導に関する研究発表を行ないました.

また,インターネットの創設時のお話やIEEE802.11aiの標準化のお話,ITRCの様々な取り組みについて聞くことができ,大変有意義な時間を過ごすことができました.

2017年電子情報通信学会総合大会 ( 3/22 ~ 3/25 )

こんにちは,
M1の原です.

3月22日〜25日に名古屋市の名城大学天白キャンパスで行われた2017年電子情報通信学会総合大会に参加しました.

原,藤井,香山の3名が発表を行ないました.

原と藤井の研究は災害時のモバイルクラウド避難誘導に関連する内容,香山の研究は制御可能型P2Pコンテンツ配信に関連する内容です.

避難者・モバイル端末間連携型自動避難誘導における避難経路選択方式に関する一検討 (発表者: 原)

通行不能箇所情報の共有による孤立領域検出方式に関する一検討 (発表者: 藤井)

Tit-for-Tat型P2Pファイル配信におけるピアの途中離脱が平均ファイル取得時間に与える影響に関する一検討 (発表者: 香山)

 

 

情報処理学会アルゴリズム研究会(2017年3月13日~14日)

こんにちは.

M1広報係の中畑です.

3月13日~14日に大分県の湯布院公民館で行われた,情報処理学会アルゴリズム研究会に参加してきました.

本研究室からは中畑が「グラフの連結成分の大きさを考慮した連結成分分割の高速な列挙」と題して発表を行いました.ZDDを用いた研究です.

今回のアルゴリズム研究会では本研究室の川原先生が幹事を務めていらしたのですが,お昼には川原先生による現地のランチガイドもありました.

1日目のお昼には,地元の名物であるらしい鶏を使った鶏めし定食をいただきました.

1日目の夜には懇親会があり,焼肉&海鮮をいただきました.おいしかったです.

研究会では自分と近い研究分野の発表が聞けたり,異なる分野でも興味深いお話が聞けたりして有意義でした.

電子情報通信学会NS/IN研究会(2017年3月2日〜3日)

こんにちは。
M1広報係の飯塚です。

3月2日〜3日に沖縄県の沖縄残波岬ロイヤルホテルで行われた電子情報通信学会NS/IN研究会に参加しました。

研究会 開催プログラム – 2017-03-NS-IN

 

本研究室からは飯塚,西田,原の3名が発表を行いました。

飯塚と西田の研究は自律分散型コグニティブ無線システムについて,原の研究は災害時のモバイルクラウド避難誘導についてのものです。

 

コグニティブ無線における協調センシングのための多腕バンディット問題を応用したグループ形成法(発表者:飯塚)

 

複数プライマリ・ユーザ型コグニティブ無線における協調センシングのための通信機会を考慮したセカンダリ・ユーザ間グループ形成手法(発表者:西田)

 

避難者・モバイル端末間連携型自動避難誘導における経路の長さと信頼性を考慮した避難経路選択方式に関する一検討(発表者:原)

 

会場のホテルは沖縄の海に接しており,いつもは海に面していない県に住んでいる私たちにとっては久しぶりに見る海の景色でした。

 

夕食では沖縄の珍味にもチャレンジしました。

 

NAISTに入学してからは初めての対外発表でした。今後の研究に活かしていきたいです。

WordPress Themes