ネットワークシステム研究会(3月3日〜4日@フェニックス・シーガイア・リゾート)

M2の園田です。

3月3日、4日に宮崎のフェニックス・シーガイア・リゾートにて行われたネットワークシステム研究会に参加させて頂きました。

私は4日の最初のセッションにて、

「フロンティア法によるノードの故障も考慮したネットワーク信頼性評価手法の提案」

というタイトルで発表させていただきました。

ネットワークシステム研究会における発表の様子対外的な口頭発表は初めてだったので少し緊張しましたが、無事に終えることができました。

同じセッション内で同じ研究分野の学生に初めてお会いしたので、研究の話題で盛り上がり、知見を得ることができました。

 

宮崎は九州で唯一行ったことがなかったので、宮崎グルメを堪能してきました。

チキン南蛮

こんなに美味しいチキン南蛮は食べたことがない!
IMG_0464_1024

地鶏のお刺身。産地から近く新鮮なのでレバーもいただけます。

 

IMG_0465_1024

地鶏炭火焼き。少し辛めの柚子胡椒が良いアクセントです。

 

宮崎でお金を使いすぎて、新生活の費用が少し心配になったのはここだけのお話です。

 

 

ITRC NWGN ワークショップ Vision21@みのたにグリーンスポーツホテル (9/14-9/15)

表題の、ITRC NWGN ワークショップ Vision21に、M2糸井、小川、小松、M1笠井で参加させて頂いたので、その報告です。

ITRC NWGN ワークショップ Vision21は、以下の趣旨に則って開催されており、約20年の歴史を持つ伝統的な勉強会です。関西を中心に多くの大学の先生や学生が一同に会し、合宿形式で日頃の研究の成果を発表し合います。

新世代ネットワーク構築のための基盤技術の現状と今後の動向について、特に若手の研究者らが中心となり、研究発表を通して意見交換を行う。

今回は、M2の3名がポスターセッションでの発表を行いました。

まず、会場に到着し、天気が良かったので、外で昼食をとりました。景色も良かったです。

昼食

昼食

1日目は、オーラルのセッションが開催されました。

一般的な研究会とは異なり、一人の発表の持ち時間が40分(発表20分、質疑応答20分!)あるため、かなり濃い議論が展開されており、私が参加したどの研究会よりも厳しいコメントが飛んでいたように思えます。矢継ぎ早に飛んで来る質問に回答する発表者のレベルも高かったように感じました。

その夜は、関西中心に色々な学校からの参加者合同のナイトセッションが開催されました。

ナイトセッション

ナイトセッション

色々な話をすることが出来て良かったです。

2日目は、いよいよM2の3人が発表をおこなうポスターセッションです。

それぞれのセッションで、75分の持ち時間があるので、喋りっぱなしでした。

以下、その様子です。

ポスターセッション

ポスターセッション

ポスターセッション

ポスターセッション

DSC00327

ポスターセッション

研究会での発表とは違い、制限時間が固定されているわけではないので、かなり深く追求され、色々と考えることが多かったです。

なかなか、これだけの規模での勉強会に参加できる機会は無いと思います。良い経験になりました。

MobiWis2015@Rome (8/24-8/26)

M2小松です。

8/24-8/26に、イタリアのローマで開催された国際会議MobiWis2015に参加させて頂いたので、その報告をします。

まず、MobiWisとは、以下の様な理念に基づく国際会議になっています。

The conference comprises a set of carefully selected tracks that focus on the particular challenges regarding mobile Web and intelligent information systems in research areas such as, among others, Web Engineering, Service-Oriented Computing, Web of Things, Data and Knowledge Management, Cloud Computing, Security and Human-Computer Interaction.

私は、”Automatic Evacuation Guiding Scheme Using Trajectories of Mobile Nodes” というタイトルで発表を行いました。

関空(KIX)→イスタンブール(IST)→ローマ(FCO)の飛行は、人生初の12時間以上のフライトだったために、かなり疲労しました。

DSC00061_b

アタテュルク国際空港

フィウミチーノ空港

フィウミチーノ空港

MobiWis2015は、キーノートセッションから始まり、内容は、産学連携の大規模なクラウドシステムに関する講演でした。

キーノートセッション

キーノートセッション

私の発表は、このキーノートセッション直後のセッションでした。

発表会場

発表会場

発表前に、座長の先生が、会場に以下のようなアナウンスをしてくれたおかげで、随分気が楽になりました。

“He is a master course student. This is his first time to take a presentation at international conference.”

発表の様子1

発表の様子1

そうは言っても、初の英語の発表だったため、緊張でガチガチの様子が写真から伺えます。この記事を執筆しながら、当日の緊張感がフラッシュバックしてきています。

発表の様子2

発表の様子2

発表時間は、全部で20分で、内15分が発表で、残り5分が質疑応答でした。英語での質疑応答は、やはり厳しかったです。特に、質問内容が長くなると、途端についていけなくなってしまい、伝家の宝刀”Pardon?”を何回か発動しました。

その後は、会場のホテルでの昼食でした。当たり前ですが、国内の研究会とは異なり、色々な国の人がいて、ほんのり感動していました。

昼食

昼食

2日目は、笹部先生が座長のセッションや、併催されているセッションに参加しました。

MobiWis2015

MobiWis2015

その後、ホテルから離れ、ローマ市街地でのDinner Partyに参加しました。

ちょうどパーティ会場の近くに、かの有名な真実の口があったので、記念写真を撮ってきました。

真実の口

真実の口

ディナーパーティーの会場は、ローマ市街地のホテルの屋上で開催され、その雰囲気に圧倒されました。

ディナーパーティー会場

ディナーパーティー会場

日が暮れると、さらに雰囲気が良く、イタリアのワインが進みました。

ディナーパーティー会場2

ディナーパーティー会場2

ディナーパーティー会場で、MobiWisや併催されていた国際会議における賞の表彰式が行なわれ、光栄なことに、私達も賞を頂くことが出来ました。

受賞

受賞

夜のローマは、昼以上にいい感じでした。

夜のローマ

夜のローマ

国内の研究会とはまた違った雰囲気がある国際会議への参加や、そこでの発表というとても貴重な経験をさせて頂きました。

この経験を今後活かせるように、精進していきたいと思います。

以上です。

PS.

帰国直前に行ったバチカン美術館で観た「アテネの学堂」は、誰もが知っているような哲学者が一堂に会しており、感動しました。

是非、見に行くか、調べてみてください。

アテネの学堂

アテネの学堂

 

Ⅰ期・Ⅱ期お疲れ様会@新石切

7月24日に、大規模システム管理研究室のⅠ期・Ⅱ期お疲れ様会を新石切で行いました。

Ⅰ期・Ⅱ期お疲れ様会では、はじめてNAISTから新石切まで遠征をしました。

飲み会中に、次回は、京橋で開催しましょうという話がでており、会を重ねるごとにレパートリーを増やしていけたらなと思います。

DSC_0038

DSC_0037

第37回インターネット技術第163委員会研究会@富山(05/28-05/29)

皆さん,こんにちは,M2の小松です.

タイトルの通り,5/28-5/29にかけて,富山で開催された第37回インターネット技術第163委員会研究会に参加させて頂き,口頭発表を行ってきました.

北陸新幹線の富山駅が綺麗でした.

DSC_0011_tmp

会場は,富山駅付近で最も高い建物でもある株式会社インテックの本社の21階で行われました.

DSC_0023_tmp

私は,初日の5/28に,「被災パターンが端末の軌跡情報を用いた避難誘導システムに与える影響に関する一検討」という題で発表を行いました.前回の研究会(電子情報通信学会 CQ研究会)とは,また違った雰囲気の中での発表だったので,発表後の質疑においても普段は聞かれない質問やコメントを頂くことができ,有意義なものとなりました.

IMG_1863_tmp

 

本研究は,産学の連携が強く,普段では聞けないような話を聴講することができ,色々と考えさせられました.

特に,オープンデータを用いた地域での取り組みや,2020年の東京オリンピックに向けたICT技術の活用法の紹介などは,まったく知らないことだったので,面白かったです.

DSC_0022_tmpp

DSC_0021_tmpp

DSC_0024_tmp

あと,富山駅周辺では,レンタサイクルやトラムがあり,乗り物に関して先進的な取り組みをされているなあという印象を受けました.

DSC_0018_tmp

DSC_0015_tmp

 

受験生のためのオープンキャンパス2015

受験生のためのオープンキャンパスが,5/17日に開催されました.

大規模システム管理研究室では,情報科学研究科の1階ロビーにポスターの展示と,研究室内でのデモを行いました.

当日は,非常に多くの方が当研究室を訪ねてくれました.

以下,当日実施した研究室内のデモの説明です.

・災害時のモバイルクラウド避難誘導

モバイルクラウド避難誘導プロジェクトでは,シミュレータを使用した提案方式のシミュレーションと,実装中のアプリケーションに関するデモを実施しました.

DSC00006

DSC00007

・大規模データ処理アルゴリズム

大規模データ処理アルゴリズムでは,大規模システム管理研究室で所有しているMoonshotを用いたHadoopのデモを行いました.

DSC00021

・ビットコイン・システムの分析とパフォーマンス改善に向けたメカニズムデザイン

ビットコインシステムに関するデモとして,ビットコインの採掘を模擬したプログラムを用いてビットコインシステムの仕組みの説明を行いました.

DSC00027

また,以上のようなデモと並行して,これまでに対外発表を行った研究内容に関するポスターの展示も行いました.

DSC00011

当日は,学生部屋も開放して,訪れてくれた受験生の方々と,学生生活や入試などの研究以外のことなどをざっくばらんに話したりもしました.

DSC00019

それでは,受験生の皆様,入試頑張ってください.

大規模システム管理研究室一同,応援しております.

確率モデルシンポジウム(2015/01/22-24)

はじめまして,大規模システム管理研究室M1の佐嘉田です.

少し前のことにはなってしまいましたが,1月22日から24日まで東北大学で開催された「確率モデルシンポジウム」に参加してきました.

確率モデルシンポジウム

当日の朝は火災のため東海道新幹線が遅れるというハプニングがありましたが,何とか仙台駅に到着.

sakata1

会場である東北大学・片平さくらホールにもシンポジウム開始ギリギリ間に合いました.

sakata2

私は2日目の午前に発表を行いました.

sakata3
sakata4

20分という短い発表時間の中で,わかりやすく伝えるためのスライド作成や質問に対する返答など,その難しさを痛感しました.
今回の経験を踏まえ,次の発表の機会に向けて更なる周到な準備をしていきたいと思います.

また,今回は複数の研究部会の共催であったために多様な分野の講演を聞くことができ,とても貴重な経験となりました.

電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ(CQ)研究会 (2015/01/22-23)

こんにちは,もうすぐM2の小松です.

2015年1月22日から23日にかけて,芝浦工業大学で開催された電子情報通信学会のコミュニケーションクオリティ研究会において研究発表を行ってきました.

「モバイル端末の軌跡情報を用いた避難誘導方式の提案と評価」というタイトルで20分の口頭発表を行いました.

この研究は,大規模システム管理研究室で取り組んでいる「災害情報クラウド」というプロジェクトの一環であり,全体の方式に関する検討や,その基礎評価を行ったものになります.

研究会では,英語での発表や,企業の方の発表などがあり,学内や研究室内とはまた違った雰囲気があり,良い経験が出来ました.

芝浦工業大学がある豊洲周辺は,ものすごく綺麗で,NAIST周辺で衣食住を完結させている私には,少々刺激が強すぎました.

以下,研究会で発表した概要のポスターになります.

cq_2015_01_23

電子情報通信学会2015本大会(2015/03/10-13)

の、ポスターセッションに「端末の移動軌跡情報を用いた避難誘導システムにおける異常軌跡検出に関する一検討」という題で参加しました。(2015/03/11)

 

M1の大槻です(初)。

 

 

今回のポスターセッションは、

 

■学生、若手の研究者が対象

■まだアイデア段階にある研究などの紹介

 

といったもので、生体データを利用した映像処理や、SNSの解析、ネットワークに関するもの等、様々な分野の研究が集まっていたことも特徴的でした。

 

一番それっぽい写真

 

普段あまり馴染みのない分野の方の研究や考え方に触れることは非常に良い経験になりました。

 

 

また今回からの試みとして、はじめに2分間、おわりに1分間のライトニングトーク(簡単な自己紹介、ポスターの概要、感想、etc…)がありました。

 

2分という短い時間のプレゼンづくりは案外考えることが多かったです。

 

ライトニングトークの様子

 

もう少し気の利いたことがとっさに言えるようになって次回に活かしたいと思います。。。

スプリングセミナー2015

奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科では,2015/03/05-06にかけて,スプリングセミナーを開催していました.

大規模システム管理研究室では,以下の2つのテーマの実習を行いました.

・モバイル端末を用いた避難誘導の仕組みを理解しよう

・Hadoop で作るビットコイン採掘プログラム

両実習共,定員いっぱいの2名ずつで計4名の受講生が参加してくれました.

以下,実習の様子になります.

DSC_0157

 

DSC_0156

受講生にとって今回のスプリングセミナーが実りの多いものとなったのであれば幸いです.

WordPress Themes