NS研究会(3/1-3/2)

M2の香山です.

3/1-2に宮崎県のフェニックス・シーガイア・リゾートにてNS研究会の発表が行われたため参加してきました.

私は”Tit-for-Tat型P2Pファイル配信におけるピアのchurnが平均ファイル取得時間に与える影響”と題した発表を1日目に行いました.

発表時間の15分という短さもあり焦って緊張してしまいましたが,いい経験となりました.

 

また,1日目午後にはワークショップもあり,情報ネットワークと金融システムというテーマの基に5名の方々からのご講演を傍聴させて頂きました.

1日目の午前の発表であったため前日入りしたのですが,この季節にしては珍しく強風による天候荒れがあり,そのせいで一部の航空便に影響があり,非常事態に備え余裕を持って行動する大切さを感じました.

 

 

WordPress Themes