CCNC2020発表

こんにちは,M2 の西です.
1/10-1/13に,アメリカのラスベガスで開催された国際会議 IEEE Consumer Communications & Networking Conference (CCNC) 2020に参加しました.
https://ccnc2020.ieee-ccnc.org/

アメリカ本土は初めてだったのですが,17時間の時差と入国審査の大行列によって疲労困憊状態での現地入りとなりました.
参加者には様々な国の研究者がおられましたが,日本からの参加者も多かったのが印象的でした.

私は ”Impact of Locality-awareness on Tit-for-Tat-based P2P File Distribution” というタイトルで 20分程度の発表を行いました.

発表に関しては,先生方や留学生の方に練習を見ていただきましたが,咄嗟に考えたことを整理して英語化すること/ 質問の意図を正しく理解することはやはり難しく,月並みな感想ですが英語発表の厳しさを痛感しました.
元来プレッシャーに弱い上に初の英語発表だったことも手伝い,終了後にはドッと疲れに襲われました.

ラスベガスは広くイメージされるようにカジノが有名で,空港や会場兼宿泊先にもカジノやスロットマシンが併設されていました.
フライトの都合で早朝4時前にチェックアウトしましたが,カジノからは歓喜の雄叫びが聞こえてきたので,期待を裏切らない雰囲気が味わえました.
CCNCは毎年ラスベガスで行われているので,カジノで一山当てたい方は是非参加してみて下さい.

カテゴリー: 研究室イベント, 研究発表 パーマリンク